【洋書】『ティファニーで朝食を』の難易度 ・概要・スクリプト・和訳 Breakfast at Tiffany's

更新日:

【洋書】『ティファニーで朝食を』の難易度 ・概要・スクリプト・和訳 Breakfast at Tiffany's

『ティファニーで朝食を』は私の大好きな小説で、日本語版、英語版どちらも、3回以上は読んでいます。

読み終わった時は満足するんですけど、何年か経つと、また読みたくなって。

日本語版に飽きたら英語版を読んでみたり。英語版が難しくて、また日本語版に戻ってみたり。

この記事には、そんな私の『ティファニーで朝食を』愛を詰め込みました。

『ティファニーで朝食へ』をこれから読む人への、そしてきっとまた読むであろう未来の自分への、読書ガイドです。



洋書『Breakfast at Tiffany's』の、英語の難易度

私の主観では、洋書『Breakfast at Tiffany's』の難易度は「上の中」です。

TOEIC 840点(2007年)、外資系9年目、推定語彙力7,000~22,000、趣味読書で洋書も苦労なく読む私にとっても、『ティファニーで朝食を』は難しく、辞書なしでは読めませんでした。

それに加え、ネイティブ独特の表現や、当時のニューヨークに関する知識がないと理解できない部分もあり、単純に辞書があればいい、という問題でもないところが、『ティファニーで朝食を』の難しいところです。


ですので、通常なら洋書にはアマゾンキンドル(ワンタッチ辞書が便利)がおすすめなのですが、『Breakfast at Tiffany’s』に限っては、↑の講談社英語文庫がおすすめです。

巻末の注釈が、辞書だけでは歯が立たない時、とても参考になるためです。

合わせて、村上春樹訳の日本語版もあると、英文解釈の手助けになります。

よっぽで英語力のある方でないと、洋書『Breakfast at Tiffany’s』を、スラスラ読むことは不可能だと思います。

でも、

それでも、

『Breakfast at Tiffany's』は、本当に素敵な小説だから、ぜひ読んでもらいたい。


というわけで、この先は、私からあなたへの、『ティファニーで朝食へ』のプレゼンです。

概要、テーマ、タイトルの意味、読みどころ、登場人物、あらすじ、スクリプトと和訳の順で続きます。

これらを参考に、ぜひ洋書『Breakfast at Tiffany’s』を読んでみてください。

『ティファニーで朝食へ』はここがおすすめ

  • 長くないので、気軽に読める。
  • 王道を行く設定がわかりやすい(自由奔放なヒロインに振り回される主人公 / 友達以上、恋人未満)。
  • おしゃれな気分になれて、読んでて気分がいい。

『ティファニーで朝食を』の概要

『ティファニーで朝食を』とは?

『ティファニーで朝食を』の作者、トルーマン・カポーティ

若き日のトルーマン・カポーティ。主人公の僕は、こんな感じ?

  • 原題:Breakfast at Tiffany’s
  • 作者:トルーマン・カポーティ
  • 発表:1958年
  • 時代:第二次世界大戦が始まって間もない頃
  • 場所:ニューヨーク(アッパーイースト70丁目あたりが中心)
  • 長さ:中編小説(日本語文庫本で約160ページ)
  • 内容:作家志望の青年(僕)と女優の卵(ヒロイン、ホリー)を中心とした物語。
  • 評価:20世紀アメリカ文学を代表する名作。
  • 映画:オードリー・ヘプバーン主演による映画も有名(ただし原作と違うところあり)。

『ティファニーで朝食を』のテーマ

『ティファニーで朝食を』にテーマがあるとしたら、私は「Innocence(純真、純潔)」だと思います。

でも、この「Innocence」は、法的、性的なものではありません。

ヒロインのホリーが持つ、「Wild(野生的な)」で、「Eccentric(奇抜な)」な要素も、含んだ上での、「Innocence」。

つまり、「自分の心に正直に、ホーム(安らげる場所)を探し続けること」、そこに対しての「Innocence」というわけです。

ホリーの「Innocence」は「社交界の光と、ホームのない闇」という対比によって、よりいっそう強調されたものとなります。

カポーティのこの戦略は、上手いなと思います。

寓話のような美しさ

主人公の「僕」がホリー・ゴライトリーの有していたイノセンスの翼を信じ続けるように、信じ続けようと心を決めたように、僕らもまたこの『ティファニーで朝食を』に描かれた美しくはかない世界を信じ続けることになる。寓話と言ってしまえばそれまでだ。しかし真に優れた寓話は、それにしかできないやり方で、我々が生きていくために必要とする力と温かみと希望を与えてくれる。

訳者あとがき、村上春樹

ホリーの「Innocence」は美しくて、でもどこか「Fragile(もろい)」。

時間が前にしか進まないように、「Innocence」も年齢を重ねるにつれて失われてしまうもの。

ホリーは「Innocence」をつらぬくことができるのか?

安らげる場所を見つけることができるのか?

気をぬくと壊れてしまう、「Fragile」な「Innocence」。

「Fragile」だからこそ美しい。

そんな「Innocence」が眩しくて、20世紀ニューヨークでの物語のはずが、まるで寓話のようにも感じられる。

『ティファニーで朝食を』を名作たらしめている要因の1つには、そんなところがあるんじゃないかと、私は思います。

『ティファニーで朝食を』のタイトルの意味

補足

ヒロインのホリーは、別にティファニーの宝石が好きなわけではありません。

なぜホリーにとって、ティファニーが安らげる場所なのか、それは後述のスクリプトのセククションで紹介します。

『ティファニーで朝食を』の読みどころ

ホリーのイノセンス

テーマとの繰り返しになりますが、やっぱり読みどころは、ホリーのイノセンスです。

美しいけど、いつかは失われる、その刹那さゆえ、いっそう美しいイノセンス。

まるで寓話です。

文学史上もっともかっこいいヒロイン?

ワイルドでエキセントリックなんだけど、フラジャイル。

清楚なイノセンスではないけれど、透明感がある。

ホリー・ゴライトリーが魅力的すぎて、私は、物語の筋自体には、あまり意味がないのかな、とさえ思っています。

ストーリーよりも、ホリーの言葉や行動がおもしろい。

あらすじに余計な意識を使うより、全意識をホリーに集中させて、ホリーの全てを楽しむ。

主人公の僕のように、自由奔放なホリーに振り回される。

私が思う、『ティファニーで朝食を』の、おすすめの読み方です。

『ティファニーで朝食を』のホリーは、私の読書経験の中において、文学史上もっともかっこいいヒロインです。

メモ:その他の候補

『マノン・レスコー』のマノン、『椿姫』のマルグリット、『カルメン』のカルメン。この3人とホリーが私の中のヒロイン四天王。

(私的文学史上最低の悪女は、『グレート・ギャツビー』のデイジー)

ホリー役にもっともふさわしいのは誰?

マリリン・モンロー

小説『ティファニーで朝食を』を書いたトルーマン・カポーティは、映画版のホリー役にはマリリン・モンローが最適と考えていたと言われています(Will The Real Holly Golightly Please Stand Up: Truman Capote Mines His Friendships For Art)。

しかし、『ティファニーで朝食を』の映画版で、ホリー役を演じたのはオードリー・ヘプバーンでした。

すでに多くの人が指摘しているように、小説からイメージするホリーは、オードリー・ヘプバーンのような女性ではないと、私も思います。

ところが、私の頭には、オードリー・ヘプバーンの顔と、歌声と、Moon Riverの曲が、強烈なイメージとして残っている。

本当は違うはずなのに、この存在感は、いったい何なのでしょうか。

『ティファニーで朝食を』好きとして、悔しいけれど、映画、女優、音楽の力を、認めざるを得ません。


『ティファニーで朝食を』を読みながら、ホリーが実在したら、どんな女性なんだろう?

ホリー役を演じる女優として、誰が適役だろう?

と想像しながら読むと、おもしろく読めると思います。

『ティファニーで朝食を』の登場人物

僕:物語の語り手/書き手

  • 僕は作家志望の青年(おそらく下積み時代を雑誌The New Yorkerで働いていたカポーティ自身が投影されている)。
  • ニューヨークのアッパーイースト70丁目あたりで、ブラウンストーンのアパートの2階で1人暮らしをしている。
  • 映画では筋肉質、メガネなしだったが、原作からは痩せ型メガネだと思われる。

ホリデー・ゴライトリー:物語のヒロイン(愛称ホリー)

  • 物語のヒロインで、愛称はホリー。僕と同じアパートメントの1階に住んでいる。
  • ニューヨーク社交界で男性セレブに人気がある女優の卵。
  • ホリーが持つ、ホーム(安らげる場所)を探し求める気持ちが、物語を動かして行く。
  • 映画ではオードリー・ヘプバーンが演じたが、原作からはもっとセックスアピールのあるマリリン・モンロー的なキャラだと思われる。
  • ホリーを「娼婦」として紹介するブログ等も散見されるが、小説中にそう断言する記述は一言もない(そのことで寓話性が守られていると思います)。

ジョー・ベル:いきつけのバーのマスター

  • レキシントンアヴェニューの角でバーを経営している。
  • 僕とホリーはよくこのバーに行っていた(目的はお酒ではなく、電話を借りること)。

  • ホリーが飼っている猫だが、お互いに独立していて、お互いに誰のものでもない。
  • ホリーとはある日、川べりで出会った。
  • ホリーと同じく、ホームを探している。

ユニヨシ

  • ブラウンストーンのアパートメントの最上階に住んでいる、日本人カメラマン。
  • 物語は、ユニヨシがアフリカで撮ってきた写真をきっかけに動き出す。

差別的な表現

映画では日本人を差別するようなキャラクターとして演じられていて、日本人としては見ていて気分が悪くなります。

映画を見るときは、事前に心の準備をしておくのがよいかもしれません。

私たちとしては、外国の人にそういうことをしないようにしよう、と、映画での表現を反面教師にできればいいなと思います。

他にも登場人物はいますが、ひとまずは、重要度の高い、上記4人と1匹にとどめます。

『ティファニーで朝食を』のあらすじ

繰り返しになりますが、私は『ティファニーで朝食を』を楽しむうえで、物語の筋はどうでもいいと思っています。

それよりも、私が好きで、最も楽しかったのは、ホリーの言動でした。

物語を動かす一次的な要素は、ホリーの(ホームを求める)気持ちであって、それにもとづいてホリーの言動が決定していく。

物語の筋がどう進んで行くか、他の登場人物が何をしたかは、ホリーが動いた後の、二次的な結果でしかない。

『ティファニーで朝食を』は、とにかく、ホリー。私はそう思っています。

一応、未来の私のために、あらすじも以下に折り畳んでおきます。

あらすじは、必要な方だけご覧いただければと思います。

あらすじ

※『ティファニーで朝食を』には章分けがないため、私なりに9つに分けました。

▼1. 物語の語り手(作家志望の青年、僕)が、ヒロイン、ホリーを回想する

  • 10月の雨の日、僕はレキシントンアヴェニューの角にあるいきつけのバーに呼ばれ、マスターのジョー・ベルから、黒人男性が木彫の彫刻を持っている写真を見せられた。
  • その彫刻はまるでホリーの生き写し。日本人カメラマン、ユニヨシ、がアフリカの村(泥でできた掘っ立て小屋が並ぶ)で撮ったものだと言う。
  • 僕はかつて住んでいたブラウンストーンのアパートメントに寄り、ホリーを知るきっかけになった郵便受けを点検する(ここから僕の回想が始まる)。

▼2. ヒロイン、ホリー登場

  • 僕がニューヨークに引っ越して来て一週間ほどの頃、郵便受けの名札入れに「ミス・ホリデー・ゴライトリー、旅行中」というかわったカードが入っているのが目にとまった。
  • 1階に住むホリーはいつも鍵を忘れ、最上階に住むユニヨシに1階の扉を開けてもらっていた。ある深夜ついにユニヨシが怒った(僕はその様子をこっそりと見ていた)。
  • 日差しの強い日、ホリーはよく非常階段で髪を乾かしながらギターを弾き語っていた(僕は窓際でその歌にそっと耳を澄ましていた)。


▼3. 僕とホリーのファーストコンタクト

  • ある秋の日、バスローブ姿のホリーが、非常階段側から僕の部屋に入って来た。男から逃げるためだった。
  • 僕はホリーに頼まれて、前日に書き上げたばかりの短編小説を朗読するが、退屈そうなホリーを見て読まなきゃよかったと後悔する。
  • ホリーは毎週木曜日、マフィアのボス、サリー・トマトと刑務所で面会し、伝言を受け取るかわりに依頼人から50ドルをもらっているらしい。
  • 語り疲れた深夜、2人は同じベッドで横になる。僕は眠れず、兄のフレッドを想い寝言を言うホリーを見ていた。「のぞき屋って大っ嫌い」

▼4. ティファニーで朝食を

  • ホリーの自宅パーティーに招待され行ってみると、他にも沢山の男が招待されていた。
  • ホリーは時々mean red(※)な気持ちになり、それはティファニー(※)に行くと治まるらしい。
  • パーティーの後、ホリーとマグが避難階段でホセ(マグの彼氏)のことを語り合う。やがてマグはホリーの家に同居する(郵便受けのカードは2人で「旅行中」になる)。

※ mean redとティファニー

mean redとティファニーは、物語を動かすうえで、大切なキーワード。重要なので、後で、スクリプトのセクションで、英語原文とともに紹介します。

▼5. 僕とホリーの距離が縮まって行く

  • 僕の作品が無償だけど出版されることになり、お祝いでホリーとデートする〔あごくいに始まり、途中で鳥かごを見て(ホリーは僕が欲しがっていると勘違いする)、最後はマスクの万引きでドキドキして終わる〕。
  • 僕は図書館に入っていくホリーを尾行、観察し、ホリーの人間性を考察する(結論、大人への変化を拒む夢想家)。
  • クリスマスのプレゼント交換で、ホリーは僕に鳥かごを、僕はホリーにティファニーで買った聖クリストロフォロスのメダルを贈る。

鳥かご

自由奔放なホリーは、鳥かごに生き物を入れたくありません。「でも約束してちょうだいね。何があってもこの中に生き物を入れないって」カポーティは、ホリーの性格を引き立てるために、鳥かごを選んだのだと思います。

聖クリストロフォロスのメダル

聖クリストフォロスとは、旅人の守護聖人のこと。ホリーの住所が「旅行中」だからこそ、このプレゼントなんですね。カポーティの発想は天才的だと思います。

▼6. 僕とホリーが喧嘩する

  • 喧嘩のきっかけは、ホリーが僕の小説を「つまらない」と言ったこと。
  • ホリーの捨て台詞「ここからドアまで歩いてだいたい四秒かかるんだけど、それをきっかり二秒で出て行ってちょうだいね」
  • 僕は鳥かごを捨てることができない。

▼7. ホリーの夫、ドクが登場し、ホリーの過去が明らかになる

  • 僕は夫のドクからホリーの過去を聞く。貧乏でガリガリだったが、目はギラギラしていた。14歳で結婚、家出をしたらしい。
  • 兄のフレッド戦死の電報でホリーが荒れる。ブラジル人外交官ホセの不自由な英語がアイロニーをかもす「悲しみの病気なのですか?」
  • ホリーとホセが同棲を始める。

▼8. ホリーへの告白と、ホリーの逮捕

  • 僕の誕生日、ホリーとの乗馬中に僕の馬が暴走するが、九死に一生を得る。
  • 助かった直後、僕はホリーに告白する「君のことが好きだ」
  • サリー・トマト率いる麻薬売買組織に関与した疑いで、ホリーが逮捕される。外交官のホセは保身のために逃亡する。

▼9. ミス・ホリデー・ゴライトリー、旅行中

  • ホリーの手元には、ホセと乗るはずだったフライトのチケットが残っている。
  • ホリーは、ホセとは別れたけど、せっかくだから、このチケットで、ブラジルに行ってみたい。
  • 保釈の身で国外に出るところを捕まったら刑務所行き、うまく海外に行けても二度と帰国できない。
  • 自分の居場所を探し求めているホリーは、まだ止まれない。
  • 僕は荷づくりを手伝い、ジョーはリムジンを呼び、ホリー逃亡の手助けをする。
  • 旅立ちの日、ホリーは猫を捨てるが、その後で激しく後悔する。
  • その後、僕は猫を見つける。猫は他の家で居場所を見つけていた。
  • ホリーはティファニーのような場所を見つけられただろうか?

『ティファニーで朝食を』のスクリプトと和訳

『ティファニーで朝食を』の中で、私が好きなポイントをピックアップし、原文スクリプトならびに私の和訳と補足を添えました。

ポイントごとに整理したので、時系列ではない点はご了承ください。

ちなみに、カポーティの英文について、新潮文庫版の翻訳を担当した村上春樹さんは、訳者あとがきで次のように書いています。

僕は高校時代にこの人の文章を初めて英語で読んで(『無頭の鷹』という短編小説だったが)、「こんな上手な文章はどう転んでも書けないよ」と深いため息をついたことを記憶している。僕が二十九歳になるまで小説を書こうとしなかったのは、そういう強烈な体験を何度もしたせいである。そのおかげで、自分には文章を書く才能なんてないのだと思い込んでいた。

なお、和訳はあえて直訳調にしています。洋書を読む時は、英語を英語のまま理解しないとスラスラ読めません。そのため、そんな読み方のサポートになるような和訳を心がけました。

自然な日本語にすることは翻訳者の仕事であって、私たち読者の仕事ではないからです。

冒頭の書き出し

I am always drawn back to places where I have lived, the houses and their neighborhoods. For instance, there is a brownstone in the East Seventies where, during the early years of the war, I had my first New York apartment.

かつて住んでいた場所、家、近所のことを、私はよく思い出す。例えば、東の70丁目あたりのブラウンストーン、それは戦争の初期、私にとって始めてのニューヨークでのアパートメントだった。

my spirits heightened whenever I felt in my pocket the key to this apartment; with all its gloom, it still was a place of my own, the first, and my books were there, and jars of pencils to sharpen, everything I needed, so I felt, to become the writer I wanted to be.

私の気持ちは高ぶった、ポケットの中にアパートへの鍵を感じた時はいつも;全くさえない部屋だったけど、そこは私にとって始めての自分だけの場所だったし、そこには私の本と、これから削られる何本もの鉛筆が鉛筆立ての中にあった。必要なものは全て揃っていた、少なくとも私にはそう感じられた、作家になりたい人間にとって必要なものは。

Dragon
カンマを使った挿入が自由自在で、上手いなと思います。文法をしっかり理解していないと、理解するのが辛いかもしれません。

It never occurred to me in those days to write about Holly Golightly, and probably it would not now except for a conversation I had with Joe Bell that set the whole memory of her in motion again.

当時は全く考えなかった、ホリー・ゴライトリーについて何かを書こうなんて。そしておそらく、今でもそうだった、ジョー・ベルと会話をしなければ、その会話をきっかけに、彼女との思い出が生き生きとよみがえってきた。

「ミス・ホリデー・ゴライトリー、旅行中」の名刺

I’d been living in the house about a week when I noticed that the mailbox belonging to Apt. 2 had a name-slot fitted with a curious card. Printed, rather Cartier-formal, it read: Miss Holiday Golightly; and, underneath, in the corner, Traveling. It nagged me like a tune: Miss Holiday Golightly, Traveling.

その家(アパート)に住んで約一週間たった頃、2号室の郵便受けの名札入れに、気になるカードが差し込んであった。印刷されていた、予想以上にしゃれた字体で:ミス・ホリデー・ゴライトリー;その下の隅には「旅行中(Traveling)」と書いてあった。それはまるで歌のように私の耳に残った:ミス・ホリデー・ゴライトリー、トラヴェリング

Dragon
Cartier-formalは「しゃれた字体」という意味らしいです。これは辞書で調べても出てきませんでした。こういうのがちょいちょいあるので、本書の難易度は「上の中」、かなり難しいです。巻末に注釈のある講談社英語文庫がおすすめです。

“After all, how do I know where I’ll be living tomorrow? So I told them to put Traveling.”

「結局のところ、明日私がどこに住んでいるかなんてわからないでしょ?だから彼ら(ティファニー)に(住所のかわりに)旅行中って印刷させたのよ。」

Dragon
私もホリーみたいにティファニーの名刺がほしくて、ティファニー銀座店に行ってみると、「名刺は取り扱っておりません」とのこと。「え、小説に書いてあったんですけど、、、」と言っても、ないものはない。この時は、本当にショックでした。。。

聖クリストフォロスのメダル

“I’m afraid it isn’t much,” and it wasn’t: a St. Christopher’s medal. But at least it came from Tiffany’s.

「それは大したものじゃない。」実際そうだった:ただの聖クリストフォロスのメダルだ。でも、少なくともそれはティファニーで買ったものだ。

Dragon
僕はティファニーの聖クリストフォロスのメダルを、クリスマスプレゼントとしてホリーへ贈ります。聖クリストフォロスとは何かと調べてみると、なんと旅人の守護聖人。ホリーの住所が「旅行中(Traveling)」だからこその、聖クリストフォロスのメダルなんですね。なんて気の利いたプレゼント!カポーティ天才!

▼次は、物語の最終盤、ホリーが僕に、逃走用の荷造りをお願いするシーンです。

“Another favor -poke around my apartment till you find that medal you gave me. The St. Christopher. I’ll need it for the trip.”

I managed a fast, first-rate job of assembling her going-away belongings. I even found the St. Christopher’s medal.

「もう1つお願い。私の部屋を引っかきまわして、あなたがくれたあのメダルを見つけてほしいの。聖クリストロフォロス。この旅にはそれが必要だから。」

僕はホリーの逃走用荷物をまとめるという、高速かつ一流の仕事をやってのけた。聖クリストフォロスのメダルも見つけた。

Dragon
僕の想いはホリーに通じていた。私の好きなシーンです。

ホリー・ゴライトリーの描写

読者を魅了してやまないヒロインのホリーとはどんな女性なのか?

その人となりがわかる部分を以下に抜粋しました。

ホリー・ゴライトリーの外見

the ragbag colors of her boy’s hair, tawny streaks, strands of albino-blond and yellow, caught the hall light. It was a warm evening, nearly summer, and she wore a slim cool black dress, black sandals, a pearl choker. For all her chic thinness, she had an almost breakfast-cereal air of health, a soap and lemon cleanness, a rough pink darkening in the cheeks. Her mouth was large, her nose upturned. A pair of dark glasses blotted out there eyes. It was a face beyond childhood, yet this side of belonging to a woman. I thought her anywhere between sixteen and thirty; as it turned out, she was shy two months of her nineteenth birthday.

様々な寄せ集めの色をした男の子のような髪には、黄褐色の筋や、白子のようなブロンドと黄色の房があり、廊下の光を受けていた。暖かな夜で、ほとんど夏のようだった、彼女はスリムでクールな黒いドレスに、黒いサンダル、真珠のチョーカーを身につけていた。彼女の上品な細さには、朝食のシリアルのように健康的な雰囲気、石鹸やレモンのような清潔感があり、両ほほはラフなピンクで色濃くなっていた。口は大きく、鼻は上向き。暗いサングラスで覆い隠されていた。子供時代はすぎていたが、まだ女性にはなりきっていない顔だった。16歳から30歳の間だと思ったが、あとでわかった、彼女はあと二ヶ月で19歳の誕生日を迎えるところだった。

メモ

  • 主語はthe ragbag colors of her boy’s hair
  • 直後の tawny streaks と strands of albino-blond and yellow は直前の主語を説明するための挿入
  • For all her chic thinness,の文法的な位置付け、後続文との繋がりが、わからないです。。。

ホリー・ゴライトリーは偽物?

“What do you think: is she or ain’t she?”
“Ain’t she what?”
“A phony.”
“I wouldn’t have thought so.”
“You’re wrong. She is a phony. But on the other hand you’re right. She isn’t a phony because she’s a real phony. She believes all this crap she believes. You can’t talk her out of it.

「あなたはどう思う?彼女はそうなのか、そうじゃないのか?」
「そうって、何が?」
「偽物かどうかってこと」
「そう思ったことはないないけど」
「あなたは間違っている。彼女は偽物だ。でもその一方で、あなたは正しい。彼女は偽物じゃない、なぜなら彼女は本物の偽物だからだ。彼女は自分の信じている全てのゴミクズを信じている。彼女をそこから引き出すことはできない。

メモ

phonyは「偽物、まがい物、いんちき、ペテン師、まやかし」という意味。

Dragon
Holly(ホリー)と Phony(フォニー)、響きが似ているのは気のせいでしょうか。カポーティがわざと Holly という名前にしたのだとしたら、よく考えているなぁと感心してしまいます。こういう点に気づけるところが、英語原文で読むメリット。和訳や翻訳AIに依存している人は、絶対に気づけません。

desirable or not, it is a natural thing that we should change. All right, here were two people who never would. That is what Mildred Grossman had in common with Holly Golightly. They would never change because they’d been given their character too soon; which, like sudden riches, leads to a lack of proportion: the one had splurged herself into a top-heavy realist, the other a lopsided romantic. I imagined them in a restaurant of the future, Mildred still studying the menu for its nutritional values, Holly still gluttonous for everything on it.

望にせよ望まないにせよ、私たちが変化していくのは自然なことだ。ところがここに決して変化しようとしない二人がいる。省略 1人は惜しみなく頭でっかちの現実主義者になり、もう1人は一方的に偏った空想家になる。私は彼らがレストランにいるところを想像する。ミルドレッドは栄養価の観点からメニューを見て、ホリーはメニュー上の全てを貪欲に見ている。

Dragon
a lopsided romanticは直訳すると「一方的に偏った空想家」ですが、村上春樹訳は「救いがたい夢想家」となっています。原文を読むと、翻訳者がどこでどんな意訳をしたかもわかっておもしろいです。

“We must’ve had a hunnerd dollars’ worth of magazines come into that house. Ask me, that’s what done it. Looking at show-off pictures. Reading dreams. That’s what started her walking down the road. Every day she’d walk a little further: a mile, and come home. Two miles, and come home. One day she just kept on.”

ドク「100ドル分の雑誌を取り寄せたに違いない。でも、それがこれの原因だった。派手な写真をみて、夢見たいな話を読んで。その結果、彼女は出歩くようになった。毎日、彼女は少しずつ遠くまで歩いた。1マイル歩いて、帰ってくる。2マイル歩いて、帰ってくる。ある日彼女は、帰ってこなくなった。」

Dragon
hunnerdはスペルミスでもタイプミスでもなく、原文そのままです。こういうのも前後の文脈から意味を想像する必要があります。

The instant she saw the letter she squinted her eyes and bent her lips in a tough tiny smile that advanced her age immeasurably. "Darling," she instructed me, "would you reach in the drawer there and give me my purse. A girl does't read this sort of thing without her lipstick.

その手紙を目にしたとき、彼女は目を細め、唇をぎゅっと曲げ、小さな厳しい微笑みを作った。「ダーリン」と彼女は僕に言いつけた。「そこの抽斗から化粧バッグを取ってくれない。女たるもの、口紅もつけずにその手の手紙を読むわけにはいかないもの」

Dragon
これは婚約者に突然見捨てられ、その相手からの手紙を読む前のシーンです。私は男性なので、こういう気持ちわからないのですが、女性がここをどう感じるか興味があります。共感するのか、あり得ないのか。

鳥かご:ホリーが耐えられないもの

I walked down Third Avenue to Fifty-first Street, where there was an antique store with an object in its window I admired: a palace of a bird cage, a mosque of minarets and bamboo rooms yearning to be filled with talkative parrots. But the price was three hundred and fifty dollars.

サード・アヴェニューを五十一丁目通りに向けて歩いて行ったところに、一軒の骨董屋があり、そのウィンドウに惚れ惚れする物があった。宮殿のような鳥かごだった。尖塔のついたモスクと、竹でできた複数の部屋がおしゃべりなオウムたちがやってくるのを渇望していた。しかし値段は350ドルもした。

▼1943年3月10日の月曜日のこと:僕の作品が、無償だけど、出版されることになり、僕とホリーはお祝いでデートをします。その時、鳥かごに対するホリーの考えがわかる発言があります。

We ate lunch at the cafeteria in the park. Afterwards, avoiding the zoo (Holly said she couldn’t bear to see anything in a cage)

It was near the antique shop with the palace of a bird cage in its window, so I took her there to see it, and she enjoyed the point, its fantasy: “But still, it’s a cage.”

私たちは公園のカフェテリアでランチを食べた。その後、動物園は避けて(ホリーは言った、檻の中に生き物が閉じ込められているのは、見るに耐えられない。)

そこはあの宮殿の鳥かごをウィンドウに飾ってある骨董屋の近くだった。僕は彼女をそこへ連れて行った。彼女は鳥かごのポイントや空想的な雰囲気を楽しんだけど、こう言った「でも結局、これは檻よ」

▼次のクリスマスプレゼントのシーンと合わせ、ホリーは檻の中に閉じ込められるのが耐えられない性格であることが読み取れます。

and Holly said: “Look in the bedroom. There’s a present for you.”

“Promise me, though. Promise you’ll never put a living thing in it.”

ホリーは言った「ベッドルームをみて。あなたへのプレゼント(鳥かごのこと)があるの」

「でも約束して。この中に生き物を絶対に入れないって」

ホリー・ゴライトリーの好きな歌

On days when the sun was strong, she would wash her hair, and together with the cat, a red tiger-striped tom, sit out on the fire escape thumbing a guitar while her hair dried. Whenever I heard the music, I would go stand quietly by my window. She played very well, and sometimes sang too. Sang in the hoarse, breaking tones of a boy’s adolescent voice.

陽射しの強い日には、彼女は髪を洗い、赤い虎縞模様の猫と一緒に非常階段に座り、ギターを爪弾きながら、髪を乾かした。その音楽が聞こえた時はいつも、僕は窓際にそっと立ち、その音楽を聴いた。彼女はとても上手にギターを引き、ときどき歌いもした。しゃがれた、割れるような声だった、声変わりする少年の声のように。

Dragon
映画の影響で、ホリーの歌といえばMoon Riverが思い浮かびますが、実際の歌詞は下記のとおりです。この歌詞は、「旅行中(Traveling)」の名刺や、鳥かご嫌いの性格とも、繋がっていると思います。

Don’t wanna sleep, Don’t wanna die, Just wanna go a-travelin’ through the pastures of the sky; and this one seemed to gratify her the most, for often she continued it long after her hair had dried, after the sun had gone and there were lighted windows in the dusk.

「眠りたくない。死にたくない。空の牧場をずっと旅していたい」。これが彼女の最もお気に入りの歌のようだった。というのも、彼女はよくこの歌を長く歌い続けていたからだ。髪が乾いた後も、太陽が沈み夕暮れの中で窓に明かりが灯る頃になっても。

ホリー・ゴライトリーのセリフ

“I don’t. I’ll never get used to anything. Anybody that does, they might as well be dead.”

「私は違う。私はどんなものにも慣れたりはしない。慣れるくらいなら、死んだ方がまし」

“It should take you about four seconds to walk from here to the door. I’ll give you two.”

「ここからドアまで歩くのに約4秒かかる。あなたには2秒あげる(2秒で出て行け)」

“Well, so, tough titty. Anyway, home is where you feel at home. I’m still looking.”

「そう、それはとても残念。でも、ホームとはお家でくつろげるような場所のこと(※1)。私はそんな場所を今も探し続けている(※2)。」

※1:私の解釈▶︎必ずしも生まれた国や場所とは限らない。
※2:ティファニーみたいな場所のこと。

“Never love a wild thing, Mr. Bell,” Holly advised him. “That was Doc’s mistake. He was always lugging home wild things. A hawk with a hurt wing. One time it was a full-grown bobcat with a broken leg. But you can’t give your heart to a wild thing: the more you do, the stronger they get. Until they’re strong enough to run into the woods. Or fly into a tree. Then a taller tree. Then the sky. That’s how you’ll end up, Mr. Bell. If you let yourself love a wild thing. You’ll end up looking at the sky.”省略 “it’s better to look at the sky than live there. Such an empty place; so vague. Just a country where the thunder goes and things disappear.

「野生のものを好きになっちゃダメよ、ベルさん」、とホリーは彼にアドバイスした。「それがドクの失敗だった。彼はいつも野生の生き物をうちに連れて帰ってきた。翼に傷を負った鷹。あるときは、足を骨折した大きな山猫。でも、野生の生き物に愛情を注いじゃダメ。愛情を注げば注ぐほど、彼らは強くなる(回復する)。回復したら、森の中に逃げ帰っていく。または、木の上にのぼる。そして、もっと高いところまでのぼる。そして、空に飛んで行ってしまう。これが行き着く結果なのよ、ベルさん。もし野生の生き物を愛したら。あなたは空を見上げて生きることになる。」省略「空を見上げている方がずっといいのよ、空で暮らすよりも。空はからっぽで、漠然としている。そこはただ、雷が鳴り、ものが消えていく国でしかない。」

ラザフォード(ラスティー)・トローラーの描写

『ティファニーで朝食を』には、ナイフのように切れ味鋭い、痛烈な描写があります。

例えば、以下に紹介する、ラザフォード(ラスティー)・トローラーの描写です。

もしラスティーが実在の人物をモデルにしていたとしたら、彼のプライドはズタズタなはず。

ラスティーの件が事実かどうか、はっきりした根拠は見つけられませんでしたが、自分の作品中で、実在の人物をメタクソに侮辱することは、カポーティがよくやる手口だったそうです。

ソース:Will The Real Holly Golightly Please Stand Up: Truman Capote Mines His Friendships For Art

以下の英文の難易度はかなり高いと思います。私は辞書や注釈なしでは正確に理解できませんでした。

『ティファニーで朝食を』の難易度を図る際は、参考になると思います。

和訳は村上春樹訳を引用します。プロの翻訳者のすごさを感じてください。

Presently one of these became prominent. He was a middle-aged child that had never shed its baby fat, though some gifted tailor had almost succeeded in camouflaging his plump and spankable bottom. There wasn’t a suspicion of bone in his body; his face, a zero filled in with pretty miniature features, had an unused, a virginal quality: it was as if he’d been born, then expanded, his skin remaining unlined as a blown-up balloon, and his mouth, thought ready for squalls and tantrums, a spoiled sweet puckering.

そうこうするうちに一人の人物がいやでも目につくようになってきた。子供がそのまま中年の域に達してしまったみたいな男だ。赤ん坊の頃のぽっちゃりした肉はまだそのままに残っていたが、そのむっくり膨らんだ、折檻を求めているような臀部は、才能のある仕立て屋によっておおむねうまくカモフラージュされていた。どう見ても彼の身体の中に骨らしきものが入っているとは思えなかった。まったく何もないところに、かわいいミニチュアの目鼻をくっつけたみたいな顔で、まっさらの未使用という趣がそこにはあった。生まれ落ちたかたちのまま、ただ膨張したかのようにも見える。風船みたいにぱんぱんに膨らんで、おかげで皮膚にはしわひとつない。口元は今にも悲鳴をあげてかんしゃくを起こしそうだったが、それでも甘やかされた駄々っ子のような、あどけないおちょぼ口を作っていた。

“Can’t you see it’s just that Rusty feels safer in diapers than he would in a skirt? Which is really the choice, only he’s awfully touchy about it. He tried to stab me with a butter knife because I told him to grow up and face the issue, settle down and play house with a nice fatherly truck driver. Meantime, I’ve got him on my hands; which is okay, he’s harmless, he thinks girls are dolls literally.”

「ラスティーはスカートをはいているより、おむつにくるまれていた方がまだ安心できるんだってことがわからないの?スカートの方が実は選択としてはまともなんだけど、あの人はそこを突かれるとびりびり傷つくのよ。私があの人に、成長して現実と向き合いなさい、腰を落ちつけて、お父さんタイプのトラック運転手と家庭ごっこでもしなさいと言ったとき、バターナイフで私を刺そうとしたんだもの。でも今はひとまず、私があの人を引き受けている。まあいいのよ。害のない人だもの。女の子のことを本気でただのお人形と思っているんだから」

ティファニーで朝食を

▼以下は、タイトルの「ティファニー」と「朝食」について、ホリーが語る部分です。

“I knew damn well I’d never be a movie star. It’s too hard; and if you’re intelligent, it’s too embarrassing. My complexes aren’t inferior enough: being a movie star and having big fat ego are supposed to go hand-in-hand; actually, it’s essential not to have any ego at all. I don’t mean I’d mind being rich and famous. That’s very much on my schedule, and someday I’ll try to get around to it; but if it happens, I’d like to have my ego tagging along. I want to still be me when I wake up one fine morning and have breakfast at Tiffany’s.”

「映画スターになんかなれないことは、よくわかっていた。女優はとても大変。賢い人にとっては、恥ずかしくてとてもできない。私のコンプレックスはそこまでひどくない。映画スターであることと、大きく太ったエゴを持つことは、同じだと思われているけれど、実際は全くエゴを持っていないことがとても重要なの。リッチで有名になりたくないわけじゃない。それは私の予定表にもしっかりあるし、いつかはそうしたいと思ってる。でももしそうなったとしても、私は自分のエゴを持っていたい。私は私のままでいたい、ある朝目が覚めて、ティファニーで朝食を食べるときにも」

I don’t want to own anything until I know I’ve found the place where me and things belong together. I’m not quite sure where that is just yet. But I know what it’s like.” She smiled, and let the cat drop to the floor. “It’s like Tiffany’s,” she said. “Not that I give a hoot about jewelry.”

「私は何も持ちたくない、私と物事が一緒になれる場所を見つけたとわかるまで。それがどんな場所なのか、今はまだわからない。でも、それがどんな場所かは知っている」、彼女は微笑んで、猫を床におろした。「それはティファニーみたいな場所」と彼女は言った。「でも私は宝石のことになんか全然興味ないの」

▼mean redとは?

“But that’s not why I’m mad about Tiffany’s. Listen. You know those days when you’ve got the mean reds?” “Same as the blues?” “No,” she said slowly. “No, the blues are because you’re getting fat or maybe it’s been raining too long. You’re sad, that’s all. But the mean reds are horrible. You’re afraid and you sweat like hell, but you don’t know what you’re afraid of. Except something bad is going to happen, only you don’t know what it is. You’ve had that feeling?”
“Quite often. Some people call it angst.”
“All right. Angst. But what do you do about it?”
“Well, a drink helps.”

「私がティファニーに狂ってるのはそういう理由じゃない。聞いて。ほら、たちの悪いレッドのような気持ちになることってあるでしょ?」
「ブルーになるみたいな?」
「違う」と彼女はゆっくりと言った。「ブルーは太ったときとか、雨が長く降っている時とか。悲しくなる、ただそれだけ。でもたちの悪いレッドは恐ろしい。不安で、地獄のように汗が出る、でも何が不安なのか自分でもわからない。何か悪いことが起ころうとしていること以外は、それが何なのかわからない。あなたはそう感じたことはある?」
「何度もある。それをアングスト(不安感)と呼ぶ人もいる」
「なるほど。アングスト。でも(そういうとき)あなたはどうするの?」
「そうだね、酒を飲むといい」

“What I’ve found does the most good is just to get into a taxi and go to Tiffany’s. It calms me down right away, the quietness and the proud look of it; nothing very bad could happen to you there, not with those kind men in their nice suits, and that lovely smell of silver and alligator wallets. If I could find a real-life place that made me feel like Tiffany’s, then I’d buy some furniture and give the cat a name.

「これまで試して最も効果があったのは、タクシーでティファニーに行くこと。そうするとすぐに気持ちが落ち着く。店内の静けさと、誇らしげな見た目。そこではそんなに悪いことは起こらないはず、なぜならナイスなスーツを着た親切な男性達や、美しい銀製品やアリゲーターの財布の素敵な匂いがあるような場所だから。もしティファニーの店内にいるみたいな感じられる場所を、この現実世界で見つけることができたら、私は家具を買い、猫に名前をつけてあげる。」

善きことなど、その他

▼善きこと
“It’s a bore, but the answer is good things only happen to you if you’re good. Good?Honest is more what I mean. Not law-type honest 省略 but unto-thyself-type honest. Be anything but a coward, a pretender, an emotional crook, a whore: I’d rather have cancer than a dishonest heart. Which isn’t being pious. Just practical Cancer may cool you, but the other’s sure to.

「退屈だけど、答えは、『あなたが善きことをしているときにだけ、あなたに善きことが起こる』ってこと。善きこと?というよりは、正直と言った方が正しいかな。法律を守るとかじゃなくて 省略 自分自身に対する正直さのこと。卑怯者、猫かぶり、感情の詐欺師、売春婦じゃなきゃ、なんでもいい。不正直な心を持つくらいなら、癌になった方がまし。それは信心深さとかじゃなくて。実際の癌はあなたを殺すけど、もう一つの方はあなた(の一番大切な部分)を必ず殺す。」

▼乗馬コース
The stables - I believe they have been replaced by television studios - were on West Sixty-sixth street. 省略 we jogged across the traffic of Central Park West and entered a riding path dappled with leaves feuding breezes danced about. 省略 Onward: across the park and out into Fifth Avenue 省略 Past the Duke mansion, the Frick Museum, past the Pierre and the Plaza.

厩舎は -今ではテレビのスタジオに変わっていると思うけど- ウエストサイドの六十六丁目にあった。省略 私たちはセントラル・パーク・ウエスト通りの車たちをゆっくりと横切り、落ち葉でまだらになった乗馬道路に入った。省略 馬はそのまま前に突進し、公園を横切り、五番街に出た。省略 デューク・マンションを過ぎ、フリック美術館を過ぎ、ピエールとプラザを過ぎた。

Dragon
次にニューヨークに行ったら、このコースを歩いてみたいと思っています。一応メモで残しておくと、僕とホリーが乗馬したのは9月30日、僕の誕生日でした。

▼告白
“Please. Are you sure? Tell me the truth. You might have been killed.”
”But I wasn’t. And thank you. For saving my life. You’re wonderful. Unique. I love you.”
“Damn fool.” She kissed me on the cheek. Then there were four of her, and I fainted dead away.

「お願い。大丈夫?正直に言って。あなたは死んでたかもしれないのよ」
「でも死ななかった。ありがとう、僕の命を助けてくれて。君はワンダフル。唯一の人。僕は君が好きだ」
「馬鹿な人」、ホリーは僕の頬にキスをした。すると彼女の顔が四つになり、僕は気を失った。

▼悲しみの病気
“Her sickness is only grief?” He asked, his difficult English lending the question an unintended irony. “She is grieving only?”

「彼女の病気はただの悲しみなのですか?」と彼は尋ねた。彼の下手な英語は、その質問に意図しない皮肉を与えていた。「彼女は悲しんでいるだけですか?」

本記事は以上です。

関連記事:グレート・ギャツビー

【洋書】グレート・ギャツビー英語版読解の道標:あらすじ、名文、人気ハイライトを整理(The Great Gatsby)
【洋書】グレート・ギャツビー英語版読解の道標:あらすじ、名文、人気ハイライトを整理(The Great Gatsby)

Rook小説『グレート・ギャツビー』のあらすじ、名文、人気ハイライトをざっくり知りたいな。原書の英語版『The Great Gatsby』を読んでみたいけど、英文の難易度はどれくらい?自分でも読めるか ...

続きを見る

おすすめの洋書ベスト10

洋書大好き!私のおすすめ厳選ベスト10(難易度・ジャンル付)May The Books Be With You!
洋書大好き!私のおすすめ厳選ベスト10(難易度・ジャンル付)May The Books Be With You!

私の趣味は読書で、英語の勉強も兼ねて、今までに何十冊と洋書を読んできました。 一人の世界に浸れる、新しい学びがある、感動できる、ついでに英語の勉強にもなる。 本、ひいては洋書を好きになったことで、人生 ...

続きを見る

楽に、安く、確実に:英会話のLOBi(ロビィ)

楽に、安く、確実に、英語を話せるようになりたい方には、英会話のLOBiがおすすめです。

LOBiなら必ず英語が話せるようになると断言します。

その理由はその他の記事でご覧になってみてください。

英語を話せる人と話せない人の違い【スピーキングのコツ】

2019/12/8

究極的にはこの1つ!英語を話せる人と話せない人の違い【スピーキングのコツ】

Rook英語を話せる人と話せない人の究極的な違いって何?結局は、勉強量=語彙力=知識量の勝負なの?HorseDragon少ない労力で、効率的にスピーキング力を上達させることはできないの? 結論から言うと 英語を話せる人と話せない人の究極的な違いは「言い換え力」です。 それは勉強量=語彙力=知識量とは関係ありません。 少ない労力で、効率的にスピーキング力を上達させることは可能です。 英語に伸び悩んでいる方、向いてないかもと自信をなくしてる方、勉強法に自信が持てない方、 この記事で、私に5分ください。 同じ日 ...

ReadMore

満足度98%越え!挫折しない英会話のLOBiは毎日12分から【がんばらない勇気】

2019/12/1

満足度98%越え!挫折しない英会話のLOBiは毎日12分から【がんばらない勇気】

三日坊主の素に聞いてみた。 君はどんな人が好き? 「最初だけがんばって、すぐ燃え尽きる人だね。」 なんで? 「僕の仕事が成功して、とてもうれしいんだ。」 じゃあ逆に、マイペースな人はどう思う? 「嫌いだね。毎日コツコツやられると困るんだ。」 どうして? 「僕の仕事がなくなってしまうから。」 毎日12分からできる英会話スクール、LOBiって知ってる? 「知ってるよ。僕が一番嫌いな英会話スクールだ。」 この記事はこんな方におすすめ 楽に・安く・確実に、英会話を習得したい方。 英語を活かし、より良い仕事・収入を ...

ReadMore

【英語が話せるようになる】LOBiエデュケーションの無料体験レッスンで確信(オンラインxリアル英会話)

2019/12/1

LOBi英会話の無料レッスン体験談【英語が話せるようになると確信】

RookLOBi英会話の「毎日12分で英語が話せるようになる」って本当?LOBi英会話の「日本人に合った英会話習得法」って何?BishopDragonその秘密は「置き換えメソッド」と言って、英語が話せる人はみんな、無意識でやっていることだよ。 最初、1日12分と聞いたときは、「そんなバカな、ありえない」と思いました。 でも、「日本人に合った英会話学習法」というのが引っかかり、LOBi英会話の公式サイトを見てみると、意外にも、書いてあることはまともなことばかり。 と言うか、LOBi英会話の「置き換え」という ...

ReadMore

2019/12/8

LOBi(ロビ)オンライン英会話の特徴・評判・料金・無料体験談【外資系9年目がレビュー】

RookLOBi(ロビ)オンライン英会話ってどんなスクール? 初心者でも安心して始められる? 他の英会話スクールで挫折した人でも続けられる? 評判は良い?悪い? 料金は高い?安い? BishopDragon結論、LOBi(ロビ)オンライン英会話でやれば、英語を話せるようになる? LOBi(ロビ)オンライン英会話について、こんな疑問を持っているあなたへ。 結論から言うと、LOBi(ロビ)オンライン英会話なら、 初心者でも安心して始められますし、 他の英会話スクールで挫折した人でも続けられますし、 評判も良い ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

K

日系企業を3年未満で退職し、外資系9年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-楽しく英語学習, 洋書, 英語

Copyright© 外資系9年目、英語とか転職とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.