英語ネイティブの文法感覚【外資系企業での体験事例3つを紹介します】

更新日:

英語ネイティブの文法感覚【外資系企業での体験事例3つ】

Rook
英語ネイティブって、どうやって英文を作ってるんだろう?
英語ネイティブは、感覚でやってるの? その感覚って、例えばどんなもの?
Bishop

この記事を読んでわかること

  • 英語ネイティブの文法感覚(ネイティブ上司との体験談)。
  • ネイティブの文法感覚は『ハートで感じる英文法』を読めばわかる。

この記事を書いた人

今年で外資系歴9年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。独学でここまできた経験を、日本人英語学習者のために共有しています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。

LOBi 400X400

英語ネイティブの文法感覚

英文法のおすすめ書▶︎ハートで感じる英文法【苦手から得意へ、人生が変わった】
英文法のおすすめ書▶︎ハートで感じる英文法【外資系で通用する/必要最低限】

Rook小学校から大学まで、10年以上英語を勉強してるけど、いまだに文法がよくわからない。もう文法の勉強は終わりにしたい。必要最低限のラインはどこ?中学レベルの文法でさえ自信がない。特に仮定法過去とか ...

続きを見る

上記記事で、私の人生を変えた文法書として紹介した『ハートで感じる英文法』。

「ハートで感じる」には目的語がありませんが、一体何を感じているのでしょう?

それは「ネイティブの感覚」です。

では、ネイティブの感覚とは何か? 本記事では、その具体例を3つ紹介します。

これらの事例は、私が以前の上司(オーストラリア人=英語ネイティブ@シドニー)と毎週していたWeekly Call(週1の電話)の経験にもとづいています。

ネイティブの感覚1

上司
I would say ~.

英語ネイティブの上司がよく使っていたフレーズです。

私が仕事の問題を上司に相談した時よく出てきました。

主なパターンは以下の3つです。

  • I would say yes.
  • I would say no.
  • I would say (that) S+V.

なぜ、"I say ~" や "I will say ~" ではなく、"I would say ~" と will の過去形 would なのでしょうか?

それは、この表現の背景に、仮定法の "If I were/did XXX, I would V + YYY." があるためです。

つまり、仮定=控えめな表現=丁寧な表現=敬語、という論理で、仕事の場の適切な言葉使いとして、私の上司は敬語を話していたんですね。

さらに言うと、上司の立場からすると、ただ敬語を使うだけでなく、「もし私があなたの立場だったら」「もし私が上司としてあなたにアドバイスするなら」という本当の仮定のニュアンスも含んでの "I would say ~" なのだと私は解釈しています。

私は "I would ~" に馴染んで以来、よほど親しい友達でない限り、誰に対しても敬語の "I would ~" を使うようにしています。

仕事上の意見を求められたとき(下記1と2)、何かを提案するとき(同3)も、必ず "I would 〜 "です。

  1. I would say yes.
  2. I would suggest that you do ~.
  3. I would propose that we do ~.
  4. ※suggest/propose=提案する。

「よく英語に敬語はない」と言いますけど、実際は敬語あります。

それを敬語と呼ぶかどうかはさておき、丁寧な表現は確実にあるわけで、

敬語がないから誰に対してもタメ口で良い、という誤解は正すべきことです。

ネイティブの感覚2

上司
The document ~
例えば、相手の第一声が "The document ~"だった場合、後続の英文はどうなるでしょうか?

私は以下の2パターンを予想します。

  • The document is ~.
  • The document that is written by him/her is ~.

"The document is ~." の場合はシンプルなので全く問題ありません。

"The document that is written by him/her is ~." の場合、"The document that" まで聞こえた瞬間に、頭の中は以下の2つを意識するように切り替わります。

  • The documentを説明するthat以下
  • The document自身の動詞となる"is"

"The document that ~" の部分を聞きながらも、メインの意識では次に来る"is"を待ち構えます。

最初のThe documentを聞いた瞬間、その後のパターンや着地点が感覚的にイメージできる状態。

文法を、頭ではなく、ハートで感じられるようになれば、この状態になれます。

文法を理解できたかどうかを判断する際は、この状態になっているかどうかを、1つの基準にしてみてください。

ネイティブの感覚3

上司
In the last year
例えば、相手の第一声が "In the last year" だった場合、後続の英文はどうなるでしょうか?

私は以下の2パターンを予想します。

  • In the last year, it was XXX (または he/she did XXX).
  • In the last year when S+V, it was XXX (または he/she did XXX).

1つめのポイントは、"was" と "did" つまり、過去形です。"last year" というからには、後続の文は過去形になる必要があります。

初心者の注意点

これは簡単そうに思えますが、英語初心者のあるあるで、過去の話をしてるのに、"it is XXX." のように現在形を使ってしまうことがよくありますのでご注意ください。

"In the last year" まで聞こえたら、次は "it was XXX" や "he/she did XXX." が来るぞ、と、脳が自然と切り替わります。

"In the last year" の後に "when" が聞こえた場合は、事例2の"that以下"と同じで、"when S+V~"を聞きながら、その後に来る "it was XXX." (または he/she did XXX)" をイメージして英文が聞こえて来るのを待ちます。

"In the last year"が聞こえた瞬間、感覚的にここまでイメージできるか、このイメージどおりに聞こえなかった場合に違和感を感じられるか。

ネイティブの感覚を身につけられたか、判断するときの基準にしてください。

ネイティブの文法感覚は『ハートで感じる英文法』を読めばわかる。

英文法のおすすめ書▶︎ハートで感じる英文法【苦手から得意へ、人生が変わった】
英文法のおすすめ書▶︎ハートで感じる英文法【外資系で通用する/必要最低限】

Rook小学校から大学まで、10年以上英語を勉強してるけど、いまだに文法がよくわからない。もう文法の勉強は終わりにしたい。必要最低限のラインはどこ?中学レベルの文法でさえ自信がない。特に仮定法過去とか ...

続きを見る

前述の3つの事例は、もしかしたら、あまりピンと来なかったかもしれません。

もしそうだとしたら、申し訳ないです。

でも、『ハートで感じる英文法』を読んだ後、もう一度3つの事例を読み直していただけると、私の言っていることを、ハートで感じていただけることと思います。


私の英語人生は、本当に、『ハートで感じる英文法』で変わりました。

心からおすすめできる名著ですので、文法で悩むのはもう終わりにしたい人、文法の勉強を終わらせて次のステップに行きたい人は、ぜひご覧になってみてください。

本書は、アマゾンの「なか見!検索」で中が見れます。また、他の方のレビューコメントも良いので、合わせてのぞいてみてください。

ハートで感じる英文法(アマゾン)▶︎

まとめ

まとめ

  • 英語ネイティブの文法感覚は、『ハートで感じる英文法』を読めばわかる。
  • 私の英語人生は『ハートで感じる英文法』で変わった。
  • 『ハートで感じる英文法』は、文法で悩む人に、心からおすすめできる名著。

楽に、安く、確実に:英会話のLOBi(ロビィ)

楽に、安く、確実に、英語を話せるようになりたい方には、英会話のLOBiがおすすめです。

LOBiなら必ず英語が話せるようになると断言します。

その理由はその他の記事でご覧になってみてください。

英語を話せる人と話せない人の違い【スピーキングのコツ】

2019/12/8

究極的にはこの1つ!英語を話せる人と話せない人の違い【スピーキングのコツ】

Rook英語を話せる人と話せない人の究極的な違いって何?結局は、勉強量=語彙力=知識量の勝負なの?HorseDragon少ない労力で、効率的にスピーキング力を上達させることはできないの? 結論から言うと 英語を話せる人と話せない人の究極的な違いは「言い換え力」です。 それは勉強量=語彙力=知識量とは関係ありません。 少ない労力で、効率的にスピーキング力を上達させることは可能です。 英語に伸び悩んでいる方、向いてないかもと自信をなくしてる方、勉強法に自信が持てない方、 この記事で、私に5分ください。 同じ日 ...

ReadMore

満足度98%越え!挫折しない英会話のLOBiは毎日12分から【がんばらない勇気】

2019/12/1

満足度98%越え!挫折しない英会話のLOBiは毎日12分から【がんばらない勇気】

三日坊主の素に聞いてみた。 君はどんな人が好き? 「最初だけがんばって、すぐ燃え尽きる人だね。」 なんで? 「僕の仕事が成功して、とてもうれしいんだ。」 じゃあ逆に、マイペースな人はどう思う? 「嫌いだね。毎日コツコツやられると困るんだ。」 どうして? 「僕の仕事がなくなってしまうから。」 毎日12分からできる英会話スクール、LOBiって知ってる? 「知ってるよ。僕が一番嫌いな英会話スクールだ。」 この記事はこんな方におすすめ 楽に・安く・確実に、英会話を習得したい方。 英語を活かし、より良い仕事・収入を ...

ReadMore

【英語が話せるようになる】LOBiエデュケーションの無料体験レッスンで確信(オンラインxリアル英会話)

2019/12/1

LOBi英会話の無料レッスン体験談【英語が話せるようになると確信】

RookLOBi英会話の「毎日12分で英語が話せるようになる」って本当?LOBi英会話の「日本人に合った英会話習得法」って何?BishopDragonその秘密は「置き換えメソッド」と言って、英語が話せる人はみんな、無意識でやっていることだよ。 最初、1日12分と聞いたときは、「そんなバカな、ありえない」と思いました。 でも、「日本人に合った英会話学習法」というのが引っかかり、LOBi英会話の公式サイトを見てみると、意外にも、書いてあることはまともなことばかり。 と言うか、LOBi英会話の「置き換え」という ...

ReadMore

2019/12/8

LOBi(ロビ)オンライン英会話の特徴・評判・料金・無料体験談【外資系9年目がレビュー】

RookLOBi(ロビ)オンライン英会話ってどんなスクール? 初心者でも安心して始められる? 他の英会話スクールで挫折した人でも続けられる? 評判は良い?悪い? 料金は高い?安い? BishopDragon結論、LOBi(ロビ)オンライン英会話でやれば、英語を話せるようになる? LOBi(ロビ)オンライン英会話について、こんな疑問を持っているあなたへ。 結論から言うと、LOBi(ロビ)オンライン英会話なら、 初心者でも安心して始められますし、 他の英会話スクールで挫折した人でも続けられますし、 評判も良い ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

K

日系企業を3年未満で退職し、外資系9年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-文法, 英語, 英語勉強法

Copyright© 外資系9年目、英語とか転職とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.