英語の発音練習に:上達のコツ11個まとめ(動画あり)全子音母音43個から抽出

更新日:

発音力アップトレーニング、外資系で通用するレベルになる

Rook
自分の発音が通じず、結局スマホに入力して相手に見せた。英語の発音に自信がない。
何か良い勉強法ないかな?
Bishop

こんな方におすすめ

  • 英語の発音を学びたい、矯正したい方
  • 発音の全体像、注意する/しなくていいポイントを知りたい方
  • 発音を理解してリスニング力を上げたい方

この記事を書いた人

今年で外資系歴9年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。独学でここまできた経験を、日本人英語学習者のために共有しています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。

英語の子音と母音は全部で43個ありますが、日本語ネイティブが気をつけるべきポイントは11個しかありません。

43は多いけれど、11なら行けそうな気がしますよね。

本記事には各ポイントの実例動画も貼っています。

発音で悩む全ての人にとどけ。

英語の発音の全体像:やって良かった英語耳

発音の全体像をつかむためには『英語耳』がおすすめです。

これは国内最大級のオンライン英会話レアジョブの、無料体験カウンセリングで紹介いただいたものでした。

レアジョブのカウンセリングを受けたら早速効果が出た【オンライン英会話】
【体験談】レアジョブのカウンセリングを受けたら早速効果が出た【オンライン英会話】

Rookレアジョブのカウンセリングって何?誰が何をしてくれるの?カウンセリングの概要や流れ、体験者の感想を知りたいな。Bishop この記事を読んでわかること レアジョブの無料体験カウンセリングの概要 ...

続きを見る

アマゾンでの評価も高く、ベストセラー1位。

これは本当にやってよかったです。

発音の全体像がわかるだけでなく、個別発音の詳細まで、具体的かつ丁寧に説明があり、英語の発音をマスターしたければ、一冊手元に持っていて損はありません。

Youtubeにも発音系の動画はたくさんありますが、自分が検索ワードを思いつくものと、関連動画で出てくるものにしかアクセスできないため、全体を網羅するのは不可能です。

ググれば発音の全体像がわかるまとめページもありますが、それらはテキストで説明してるのみで、実際の音はありません。

発音の全体像を、音つきで把握するためには、『英語耳』がもっとも効率が良いです。

また、よく言われることですが、発音できない音は、リスニングもできません。

その理由は、発音できる=発音の特徴を理解している=聞き取れる、発音できない=発音の特徴を理解していない=聞き取れない、というロジックが成り立つためです。

あなたが日本語ネイティブであれば、早めに『英語耳』をやっておくことをおすすめします。

きっと費用対効果の高い投資になるはずです。

英語の発音練習に:子音上達のコツ7つ

see (síː) と she (ʃíː)

see (síː) と she (ʃíː) の違いは子音あるあるなので、Youtubeにもたくさん関連動画があります。

その中で一番わかりやすかったのがこれ。

sushi の su と shi の音に注目すると s と sh の違いがわかりやすくておすすめです。

移動中など、小声で sushi sushi 言って、練習してみてください。

sin (sín) と sing (síŋ)

sin (sín) と sing (síŋ) の違いは、この動画で瞬殺解決。

n は舌の前が口の中に当たり、ng は舌の後ろが口の中に当たる。

sin/sing の他に win/wing, thin/thingなど n と ng の感覚をまとめて覚えてしまいましょう。

参考:ŋ の発音に役立つ k と g
k, g, ŋ は要注目です。

(例 kick (kík), get (gét), sing (síŋ))

日本語ネイティブの感覚だと ŋ の発音がむつかしいですよね。

でも実はこの ŋ 、舌の形は k, g と同じなんです。

ちょっと、kick の k 、get の g の時の、舌の位置を意識して、発音してみてください。

舌の奥が喉の中で上に盛りがるのを感じられましたか?

それが ŋ と同じ形です。

sing (síŋ)を発音するときは、この形を目指して舌を動かすと ŋ がうまく発音できます( g のグの音を出さないように注意)。

好都合なことに k, g, ŋ のような、舌の奥を盛り上げる形は Bird (bə́ːrd), Air (έər) の母音や、right (ráit)の r の発音でも使います。

したがって ŋ のコツをつかむと、他の発音に応用が効いて便利です。

fan (fǽn) と van (vǽn)

f と v の音は、上の歯を下唇の上にのせると習いましたが、それだと単音なら出せても、一連の流れの中だとしゃべりにくいんですよね。。。

この問題は、アリーとファジーの動画で解決。

下唇の内側に前歯をのせるやり方なら、流れの中でも発音しやすいです。

日本語ネイティブあるあるとしては、very (véri) が belly (béli) になりやすいので注意。

Thank you belly much. にならないように。。。笑

think (θíŋk) と sink (síŋk)

th の発音でおすすめなのは AK in カナダさんの動画。

th 関連の音(濁音の ð はもちろん、間違えやすい s も)が、芋ずる式にまとまっていて、わかりやすいです。

I think が I sink にならないように気をつけないとですね。

th と s の発音の違いが分かれば、both と言ったつもりが 相手には boss と聞こえていた、ということがなくなります。

(both のコツは、th の音もですが、ボウth のイメージで"ウ"の音を意識すると伝わりやすいです)

year (jíər) と ear (íər)

year (jíər) と ear (íər)の違いは、再び Yumi さんの English Boot Camp がわかりやすいです。

y の音は志村けんさんの"アイーン"の感じ 笑

私としては、先に yes (jés) yen (jén) と発音し y の感覚を残してから year と言うと、year の音が出しやすいと思います。

ところで、日本語ネイティブにとって、year (jíər) と ear (íər)は、後半の母音 ər も練習が必要な項目ですので、これは後述の母音でとりあげます。

right (ráit) と light (láit)

right と light の違いは、この動画がわかりやすいです。

light は日本語ネイティブの感覚のまま「ライト」でOK。

right は最初にゥをつけて「ゥライト」。

r と l の練習素材としては、以下の単語があります。

  • rock (rɑ́k) と lock (lɑ́k)
  • read (ríːd) と lead (líːd)
  • red (réd) と led (léd)
  • road (róud) と load (lóud)
  • wrong (rɔ́ːŋ) と long (lɔ́ːŋ)

Light L と Dark L

Light L と Dark L で最もおすすめなのは、再びアリーとファジーの『あいうえおフォニックス』。

二人ともわかりやすくて、かわいくて、この動画最強です。

“子音でスルーしていい音たち”
▼/z/ 例 zoo (zúː)

z は s と同じ口、舌の形で s を濁音にした音です。

つまり s ができれば z も自動的にできるようになるので z は一旦忘れて大丈夫。

私たちは、sの発音改善に注力すればOKです。

▼/ʒ/ 例 asia (éiʒə)

ʒ は ʃ (例 she (ʃíː))を、同じ口、同じ舌の形のまま、濁音にした音です。

ʃ ができれば ʒ も自動的にできますので、今はスルーで大丈夫。

私たちは、ʃ の発音改善に注力すればOKです。

▼/p/, /b/, /m/ 例 pub (pʌ́b), bob (bɑ́b), may (méi)

p, b, m は日本語ネイティブの感覚のままでOKです。

これら3つの共通点は、口を閉じた状態から発音すること。

pub, bob, may と発音してみてください。

全て口を閉じた状態からスタートしているはずです。

p を濁音にすると b になることからも同じ分類。スルーでOKです。

▼/t/, /d/, /n/ 例 ten (tén), do (dúː), no (nóu)

t, d, n も日本人の感覚のままで大丈夫です。

これらの共通点は、発音開始時の舌の位置。

ten, do, no と発音してみると、舌が前歯の裏に当たっていることがわかると思います。

t を濁音にしたのが d の音です。

▼/v/ 例 van (vǽn)

v は f を濁音にするだけの音です。

なので、f が発音できれば、v も自動的に発音できるようになります。

▼/ð/ 例 this (ðís)

ð は θ(例 thin (θín))を濁音にした音です。

θ ができれば ð もできますので、ð は無視。

私たちは θ を集中して攻略しましょう。

▼/tʃ/, /dʒ/ 例 cheese (tʃíːz), joke (dʒóuk)

tʃ, dʒ は日本語ネイティブの感覚のままで大丈夫。

例えば、日本人的な、"チ"ーズ、"ジ"ョークの時の、舌の位置を感じてみてください。

どちらも舌先が上の歯ぐきの裏に当たっていますよね。

tʃ を濁音にしたのが dʒ 。この2つは簡単なので、スルーで大丈夫です。

▼/h/, /w/ 例 home (hóum), week (wíːk)

h, w も日本語ネイティブの感覚で大丈夫です。

英語の発音練習に:母音上達のコツ4つ

hot (hɑ́t), hat (hǽt), hut (hʌ́t)

ɑ́, ǽ, ʌ́の発音は日本語ネイティブにとって違いを見極めるのがとてもむつかしい音です。

しかし、そんな悩みはこの動画が全て解決。

口の形と音の長さによる説明はとてもわかりやすいです。

しかも、体の動作による補足つき。

この説明なら誰でもわかる、超おすすめの動画です。

もう1つ、travel (trǽvl) と trouble (trʌ́bl) も、日本語ネイティブには違いがわかりにくい発音です。

私にとっては、travel と trouble の区別が一番むつかしく、苦手意識があったのですが、

この先生の、わかりやすい、おもしろ動画で、違いがスッキリわかりました。

ポイントは v と b の違いじゃなくて、ǽ と ʌ́ の違い、に納得です。

※動画内の発音記号(Aとa)は、この先生オリジナルの発音記号

私の travel 経験談

私の travel は、ネイティブには通じるのですが、中国人、台湾人、韓国人に伝わらなかったことがあります。正しく発音しないと、特にノンネイティブには通じないんだと、痛感した体験でした。英語はもはや世界共通語ですから、ネイティブに通じれば良いという発想は時代にそぐいません。正しく発音するのは、自分が恥ずかしい思いをしないためじゃなく、相手が聞きとりやすいようにするため。下記のツイートはこんな体験にもとづいています。

walk (wɔ́ːk) と work (wə́ːrk)

こちらは英語の動画ですが、わかりやすかったので紹介します。

直でリスニングが厳しい方は、Youtubeの字幕機能を使ってみてください。

Youtubeの字幕設定
▼スマホ:右下から言語を選択
Youtube字幕表示の説明スマホ_1

Youtube字幕表示の説明スマホ_2

▼PC:一番左が字幕のオンオフ、その隣(設定)で言語を選択
Youtube字幕表示の説明PC1

Youtube字幕表示の説明PC2

walk は舌がリラックスした状態なので、特に意識することなく、普通に「ウォーク」。

発音記号のとおり ɔ́ː 「オー」と普通に伸ばすだけでOKです。

一方、日本語ネイティブが気をつけるべきは、work (wə́ːrk) の方。

動画内で、舌を tense up と言っているように、舌の奥を盛り上げ、奥に引く感じで ə́ːr と r の音を出します。

ə́ːr と r の発音は、一見むつかしそうですが、この舌の形は、子音の k, g, ŋ と同じ。

kick の k や get の g で舌の奥を盛り上げ、その感覚を残した状態で ə́ːr と r を練習すると発音しやすくておすすめです。

low (lóu) と law (lɔ́ː)

low (lóu) は「ロウ」、law (lɔ́ː) は「ロー」

音自体は簡単だけど、違いを知っていないと区別できない発音です。

以下も同じパターンなので、頭に入れておきましょう。

  • cold (kóuld) 「コウルド」 と called (kɔ́ːld) 「コールド」
  • boat (bóut) 「ボウト」 と bought (bɔ́ːt)「ボート」
  • coat (kóut) 「コウト」 と caught (kɔ́ːt)「コート」

won't (wóunt) vs want (wɑ́nt)

won't (wóunt)は「ウォウント」

want (wɑ́nt) は「ウォント」

óu の母音を意識すると、両単語の違いがわかりやすくなります。

bird (bə́ːrd), air (έər), car (kɑ́ər), for (fɔ́ər)

ちょうどいい動画がありました! Youtubeバンザイ!

A5E Kumikoさんの「前歯から数えて5個目の歯の裏に、舌の横側を当てる」は、本当にわかりやすい説明。

今まで感覚でやっていた舌の動きを見事に言語化してくれています。

そして、この感覚がつかめれば、bird (bə́ːrd), air (έər), car (kɑ́ər), for (fɔ́ər) の全てが発音可能となります。

これらの共通点は ər の音(ə́ː は ər の e を伸ばすだけ)、違いはスタートの音だけ。

bird は b、air は έ (エ)、car は kɑ́ (カ)、for は fɔ́ (フォ)。

ここから始めて、er の音で閉める。

bird (bə́ːrd) の音の具体例を聞いてみましょう。

əːr で使う舌の形は、元をたどると、kick (kík)の k, get (gét) の g, sing (síŋ) の ŋ 、つまり舌の奥が盛り上がる形でした。

その形が今、A5E Kumikoさんのが言う「前歯から数えて5個目の歯の裏に、舌の横側を当てる」とつながり、さらに感覚がつかめたことと思います。

この形は、次の r にも応用が可能です。

r の応用編:early (ə́ːrli), airline (έər làin), girl (gə́ːrl)

おつかれさまでした。

子音と母音、合計11の注意ポイントが終わりました。

次はいよいよクライマックス。

r は子音ですが、母音 ər の音、舌の形が応用できるため、最後にとっておきました。

まずはおさらいから。

r と l の違いは、またまたA5E Kumikoさんの動画がわかりやすいです。

口の形は「l」は縦。「r」は横のイメージ。でも口はそれほど開かない
舌の奥、側面を、上の奥歯に当てるだけ、舌の先は前歯には当たらない
舌を引くこともなく、ある程度出しておいてかまわない

まさに r の音の感覚を、正確に言語化してくれています。

r の感覚を思い出したら、本題の応用編に入りましょう

early (ə́ːrli), airline (έər làin), girl (gə́ːrl) は、1つの単語の中に r と l があるのが特徴です。

この場合、r を巻き舌で発音していると、口の中が忙しくて滑らかに発音できません

その対策としては、r は巻き舌ではなく、本記事で一貫して紹介してきたあの形が有効です。

つまり、kick (kík), get (gét), sing (síŋ), bird (bə́ːrd), air (έər), car (kɑ́ər), for (fɔ́ər) でも使ってきた

舌の奥を盛り上げる形 = 舌の奥の側面を上の奥歯に当てる形 です。

この形を覚えると、r 以外にもたくさんの単語に応用が聞くので、発音力が一気にアップ。

ぜひ優先順位を高めに設定して練習してみてください。

“母音でスルーしていい音たち”
▼/íː/, /í/, /é/ 例 seat (síːt) sit (sít) set (sét)

íː, í, é は日本人の感覚のままで問題ないのでスルーでOKです。

seat (síːt), sit (sít), set (sét) で意識すべきは、むしろ s の音。

まだ理解が曖昧な方は、子音の注意ポイントでとりあげた s を復習してみてください。

▼/úː/, /ú/ 例 fool (fúːl) full (fúl)

úː, ú も日本語ネイティブの感覚で問題なし。

フールかフルか、伸ばすか伸ばさないかの違いだけ。

これもスルーでOKです。

▼/ái/, /éi/, /ɔ́i/ 例 buy (bái) bay (béi) boy (bɔ́i)

ái, éi, ɔ́i も気にしなくて大丈夫。

buy (bái), bay (béi), boy (bɔ́i) は バイ、ベイ、ボーイ。

▼/ə/ 例 and (ənd)

ə は発音するかしないか、微妙な小声にとどめるのがポイント。

「アンド」じゃなくて「エンド」

ago (əgóu) は 「アゴウ」じゃなくて「エゴウ」、

about (əbáut) は 「アバウト」じゃなくて「エバウト」のイメージ。

厳密に言うと、日本語ネイティブの感覚では「アンド」「アバウト」になってしまうので、注意が必要ですが、重箱の隅というか、細かすぎる気がするので、本記事では一旦スルーとします。

私たちは、もっと重要な他の発音に注力しましょう。

まとめ

まとめ

  • 発音の全体像を把握するには『英語耳 発音ができるとリスニングができる』が効率的。
  • 日本語ネイティブは、24の子音のうち7つ、19の母音のうち4つのポイントだけ気をつければいい。
  • r は巻き舌で発音せず、舌の奥の側面を上の奥歯に当てる形で発音すると楽。

楽に、安く、確実に:英会話のLOBi(ロビィ)

楽に、安く、確実に、英語を話せるようになりたい方には、英会話のLOBiがおすすめです。

LOBiなら必ず英語が話せるようになると断言します。

その理由はその他の記事でご覧になってみてください。

英語を話せる人と話せない人の違い【スピーキングのコツ】

2019/12/8

究極的にはこの1つ!英語を話せる人と話せない人の違い【スピーキングのコツ】

Rook英語を話せる人と話せない人の究極的な違いって何?結局は、勉強量=語彙力=知識量の勝負なの?HorseDragon少ない労力で、効率的にスピーキング力を上達させることはできないの? 結論から言うと 英語を話せる人と話せない人の究極的な違いは「言い換え力」です。 それは勉強量=語彙力=知識量とは関係ありません。 少ない労力で、効率的にスピーキング力を上達させることは可能です。 英語に伸び悩んでいる方、向いてないかもと自信をなくしてる方、勉強法に自信が持てない方、 この記事で、私に5分ください。 同じ日 ...

ReadMore

満足度98%越え!挫折しない英会話のLOBiは毎日12分から【がんばらない勇気】

2019/12/8

満足度98%越え!挫折しない英会話のLOBiは毎日12分から【がんばらない勇気】

三日坊主の素に聞いてみた。 君はどんな人が好き? 「最初だけがんばって、すぐ燃え尽きる人だね。」 なんで? 「僕の仕事が成功して、とてもうれしいんだ。」 じゃあ逆に、マイペースな人はどう思う? 「嫌いだね。毎日コツコツやられると困るんだ。」 どうして? 「僕の仕事がなくなってしまうから。」 毎日12分からできる英会話スクール、LOBiって知ってる? 「知ってるよ。僕が一番嫌いな英会話スクールだ。」 この記事はこんな方におすすめ 楽に・安く・確実に、英会話を習得したい方。 英語を活かし、より良い仕事・収入を ...

ReadMore

【英語が話せるようになる】LOBiエデュケーションの無料体験レッスンで確信(オンラインxリアル英会話)

2019/12/8

LOBi英会話の無料レッスン体験談【英語が話せるようになると確信】

RookLOBi英会話の「毎日12分で英語が話せるようになる」って本当?LOBi英会話の「日本人に合った英会話習得法」って何?BishopDragonその秘密は「置き換えメソッド」と言って、英語が話せる人はみんな、無意識でやっていることだよ。 最初、1日12分と聞いたときは、「そんなバカな、ありえない」と思いました。 でも、「日本人に合った英会話学習法」というのが引っかかり、LOBi英会話の公式サイトを見てみると、意外にも、書いてあることはまともなことばかり。 と言うか、LOBi英会話の「置き換え」という ...

ReadMore

2019/12/8

LOBi(ロビ)オンライン英会話の特徴・評判・料金・無料体験談【外資系9年目がレビュー】

RookLOBi(ロビ)オンライン英会話ってどんなスクール? 初心者でも安心して始められる? 他の英会話スクールで挫折した人でも続けられる? 評判は良い?悪い? 料金は高い?安い? BishopDragon結論、LOBi(ロビ)オンライン英会話でやれば、英語を話せるようになる? LOBi(ロビ)オンライン英会話について、こんな疑問を持っているあなたへ。 結論から言うと、LOBi(ロビ)オンライン英会話なら、 初心者でも安心して始められますし、 他の英会話スクールで挫折した人でも続けられますし、 評判も良い ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

K

日系企業を3年未満で退職し、外資系9年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-発音, 英語, 英語勉強法

Copyright© 外資系9年目、英語とか転職とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.