Bizmates(ビズメイツ)が初心者にもおすすめな5つの理由 【オンライン英会話】

Bizmates(ビズメイツ)が初心者にもおすすめな5つの理由_eyecatch

とんかつ
オンライン英会話のBizmates(ビズメイツ)は、初心者でもついていける?
最速でキャリアアップ、爆速で英語力アップしたい。Bizmates(ビズメイツ)を選んで大丈夫?
やきとり



この記事を書いた人

今年で外資系歴10年目、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICは対策なしで915(2019年)。独学でここまできた経験を、日本人英語学習者のために共有しています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。

失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC
失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC

英語学習には、何年もの地道な努力が必要で、近道などない。 これは半分正しくて、半分間違っている、というのが私の考えです。 確かに英語学習には何年もの地道な努力が必要ですが、近道はあります。 今までに何 ...

続きを見る





Bizmates(ビズメイツ)が初心者にもおすすめな5つの理由

Bizmates(ビズメイツ)が初心者にもおすすめな5つの理由

理由1:ビジネス英語は日常会話より簡単

  • ビジネスに必要な語彙とトピックは有限
  • 日常会話に必要な語彙とトピックは無限

これが「ビジネス英語が日常会話より簡単」な理由です。

一般的に難しいと思われているビジネス英語こそ、実は一番簡単な英会話。

私の周りの英語ができる人は全員、この考えに同意してくれます。

正直、会議でもメールでも、ビジネス英語の定型表現を使いまわしてるだけですし、

トピックにもパターンがあるので、今何を話してるか、次にどんな話になるのかも、簡単に予想できる。

むしろ「フリートーク(日常会話)が一番難しい。。。」

私、友人、同僚の全員、この意見で一致しています。

▼英会話は日常会話が一番難しい

日常会話には、英語力の他に、人間力(一般常識、異文化への理解、各トピックへの知識)も必要です。

政治、経済、国際情勢、宗教、科学とかも日常会話ですし、レストランでスタッフさんがしてくれる料理の話(食材の名前、調味料、調理方法)とかも日常会話に含まれます。

どう考えても、日常会話の方が、難しいと思いませんか?

なぜなら、知らない単語がバンバン出てくるし、仮に英語として理解できても、その話題の知識がなければ会話を弾ませられないからです。

一方、ビジネス英語なら、語彙も話題も有限ですし、自分の仕事のことは自分が一番理解しています。

少なくとも、英語以外の要素に足を引っ張られることなく、英語そのものに集中できるんです、ビジネス英語なら。

初心者の最大の敵は、英語が難しくて、メンタルがやられて、続けられなくなってしまうこと。

難しい日常会話から始めると、自信を失い、挫折するリスクが高くなってしまいます。

一方、初心者の最大の味方は、小さなことでもいいから「できた!」という自信

簡単なビジネス英語から始めることで、英語力と自信の両方を、一石二鳥で獲得できます。

理由2:Bizmates(ビズメイツ)はビジネス特化型オンライン英会話No.1

Bizmates(ビズメイツ)は、ビジネス英語を学ぶ際、まず最初に検討する価値のあるスクールです。

その理由は、Bizmates(ビズメイツ)はビジネス特化型オンライン英会話No.1だから。

実際、私自身で無料体験レッスンを受けたところ、講師および教材の質は満足できるものでした。

ネット上の口コミ等を調べても、好意的なコメントが圧倒的に多かったです。

私の主観評価、社会の客観評価ともに、Bizmates(ビズメイツ)さんはおすすめできる英会話スクールです。

詳しくは、こちらの記事にまとめています。

Bizmates(ビズメイツ)の公式サイト・無料体験はこちら▶︎

理由3:Bizmates(ビズメイツ)なら英語とマナーが同時に学べる

「英語に敬語はない」は正しくない。

よく「英語に敬語はない」という誤解がありますが、事実は違います。

それを「敬語」と呼ぶかどうかはさておき、「丁寧な英語」というものは確実に存在します。

具体的な例として、カフェやレストランでのスタッフさんとの会話や、旅行先のホテルでの会話を考えてみましょう。

これは、いわゆる、日常英会話の部類に含まれます。

仮に、あなたがカフェ、レストラン、ホテルのスタッフさん側の人間だったとして、お客さんが、タメ口で話してきたら、どう感じますか?

慣れない英語を話しているのだから、ある程度仕方ない部分はあるにせよ、公共の場では、丁寧な言葉づかいができるのに、こしたことはないですよね。

ビジネス英語なら、その「丁寧な英語」を学ぶことができるので、世界中どこで誰と話しても、恥ずかしくないマナーを身につけることができます。

仮に、日本語を勉強した外国人の方が、(悪気の有無はさておき)タメ口でくるのと、敬語でくるので、あなたの印象はどう変わるでしょうか?

どう考えても、最初は敬語から入っておくのが無難だと思います。

友達同士の、くだけた言葉づかいというのは、後から学んでも遅くはありません。

英語初心者の方は、最初だからこそ丁寧な英語を学ぶべきです。

理由4:Bizmates(ビズメイツ)はコスパが良い

Bizmates(ビズメイツ)の料金は、通学型スクールの1/10以下
通学型大手G社 ビズメイツ
1レッスン(40分) 5,000〜7,000円(税込) 1レッスン(25分) 319円〜(税込)
1分あたり 125〜175円(税込) 1分あたり 13円〜(税込)

初心者の方の最初のハードルは、まずは1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と続けること。

万が一、心が折れてしまった場合のことを考えると、Bizmates(ビズメイツ)で、少額から始めておくのが無難かつおすすめです。

また、Bizmates(ビズメイツ)のレッスンは、外資系歴9年目の私にとっても、学ぶことの多い、高品質なものでした(個別記事はこちら)。

通学型の1/10以下の値段で、この高品質は、コスパの観点からおすすめ度が高い。

私は以前通学型スクールに通っていたことがありますが、通学型のスクールに、Bizmates(ビズメイツ)の10倍以上の価値はないと断言します。

理由5:Bizmates(ビズメイツ)なら最速でキャリアアップ&爆速で英語力アップが可能

①最速でキャリアアップ

学んだことが、最速で収入アップに繋がる。

せっかく英語を学んだら、その英語力を活かして、収入も上げられたら良いですよね。

例えば、一年間、日常会話をやるのと、ビジネス英語をやるのとで、学んだことを収入アップに活かせる可能性は、後者の方が高いです。

Bizmates(ビズメイツ)のレッスンには、英語面接対策もありますから、学んだことが、より良い条件の外資系転職、キャリアアップ、収入アップに、最速で繋がるんです。

Bizmates(ビズメイツ)のレッスンで、英語の履歴書を、講師に添削してもらうのも良いと思います。

  • 英語はチャンスをつかむためのチケット。
  • 英語は今の生活をより良いものにするための手段。

という、当ブログが伝えたいメッセージとも、Bizmates(ビズメイツ)やビジネス英語は合致します。

ビジネス英語より難しい日常会話をがんばるのも悪くない。

友達同士のフランクな英語を学ぶのも悪くない。

映画を字幕なしで聞き取るための勉強も悪くない。

でも、これらは全部、後でやっても遅くはないこと。

先にビジネス英語をやって、収入アップ、自由時間アップを実現してから、やっても遅くはないことです。

②爆速で英語力アップ

一日の大部分をしめる仕事の時間が、全て英語環境になれば、お金をもらいながら、爆速で英語力アップが可能になる。

社会人は、1日の大部分の時間を仕事がしめるからこそ、英語の勉強時間を捻出するのは、大変ですよね。

でももし、その仕事時間が全て、英語環境になったら、と想像してみてください。

  • 仕事中に英語が学べる
  • しかも、給料をもらいながら
  • しかも、机上の空論ではなく、実践リアル英会話

最初からわかっていたことではなく、あくまでも結果論ですが、私は幸運にも、この状況になり、爆速で英語力を伸ばすことができました。

それまでは、私も、仕事の前や後に、英語の勉強をしていたので、その大変さは身にしみてわかっているつもりです。

よほど意志の強い人じゃないと、続けられないと思います。

だからこそ、Bizmates(ビズメイツ)で、日常会話より簡単で、仕事に直結するビジネス英語を学び、早めに外資系企業へ転職する、または日本企業でも英語を使う部署やポジションに移動/昇進する。

まず、ここまでがんばる。

ここさえクリアしてしまえば、1日の大部分をしめる仕事時間が、全部英語環境になって、英語力を爆速で伸ばすことが可能になります。

外資系企業への転職は、必ずしも英語ペラペラである必要はありません。

求められる英語力は、業界や職種によって大きく異なります。

もしあなたが「外資系転職は英語ペラペラじゃないと無理」と思い込んでいたとしたら、それは事実ではありませんので、安心してください。

私が初めて外資系に転職した時のことは、こちらの記事に詳しく書いていますので、参考になれば幸いです。

外資K物語 第2話:外資系企業への転職 with ロバート・ウォルターズ ( Robert Walters )
外資K物語 第2話:外資系企業への転職 with ロバート・ウォルターズ ( Robert Walters )

この記事を書いた人 日本生まれ日本育ちの日本人。英語力をきっかけに外資系に転職し今年で外資系10年目、4社目。英語や転職をテーマにブログを書いています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。 ...

続きを見る

Bizmates(ビズメイツ)の公式サイト・無料体験はこちら▶︎

まとめ

まとめ

  • 理由1:ビジネス英語は日常会話より簡単
  • 理由2:Bizmates(ビズメイツ)はビジネス特化型オンライン英会話No.1
  • 理由3:Bizmates(ビズメイツ)なら英語とマナーが同時に学べる
  • 理由4:Bizmates(ビズメイツ)はコスパが良い
  • 理由5:Bizmates(ビズメイツ)なら最速でキャリアアップ&爆速で英語力アップが可能



■英語TOPページ

失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC
失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC

英語学習には、何年もの地道な努力が必要で、近道などない。 これは半分正しくて、半分間違っている、というのが私の考えです。 確かに英語学習には何年もの地道な努力が必要ですが、近道はあります。 今までに何 ...

続きを見る

■転職TOPページ

【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法【リスク回避】
【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法

5回転職してわかったこと 人生は転職で本当に変わる。 転職先は意外な程たくさんある。 ホワイト企業は普通に存在する。 ダメな会社は優秀な人から辞めて行く。 転職に罪悪感は不要。社員に辞められる会社が悪 ...

続きを見る




価格満足度No1
転職サイトはdoda
  • この記事を書いた人

れおん

日系企業を3年未満で退職し、外資系10年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-オンライン英会話, ビズメイツ(Bizmates), 初心者, 英語, 英語スクール

© 2021 外資系で10年、英語とか転職とか Powered by AFFINGER5