外資系企業への転職をおすすめする7つの理由【外資系で本当に良かった】

投稿日:

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由【外資系で本当に良かった(デメリットは無し)】


外資系企業への転職を考えている方へ。

外資系に転職する前は、自分の英語力で通用するのか、簡単にクビにならないか、色々と不安なことがあると思います。

9年前の私もそうだったのですが、今思うとこれらはただの杞憂でした。

今は外資系に転職して本当によかったと思っています。

そこでこの記事では、外資系転職の何がそんなに良いのか、

私が外資系転職をおすすめする7つの理由を紹介して行きます。

この記事を書いた人

今年で外資系歴9年目、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICスコア915(2019年)。独学でここまできた経験を、日本人英語学習者のために共有しています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。


外資系転職をおすすめする7つの理由

お金をもらいながら英語が上達する。

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由_お金をもらいながら英語が上達する。


外資系企業に転職すると、仕事が英語環境になりますから、給料をもらいながら自然に英語が上達していきます。

英会話スクールの月謝を払ったり、参考書を買ったり、普通、英語はお金を払って勉強するものですが、

外資系に転職した後は、仕事中にお金をもらいながら、勝手に英語力が上がっていきます。

これは価値観の大転換だと思います。

仕事が終わって、疲れてるなか、自分のプライベートの時間を削って英語を勉強する必要はありません。

仕事をしてるだけで、勝手に英語力が上がっていくのですから、こんなに美味しいことはないと思います。

高収入が得られる可能性が高い。

まず収入の話をすると、外資系企業は日系企業よりも給料が高いです。

私が外資系に転職した時は、転職しただけで年収が100万円あがりましたし、

その後、外資系企業の中で昇進していくにつれ、ピーク時は日系時代の2倍まで年収が増えました。

ワークライフバランスが充実する。

外資系企業は個人を守る、大切にする文化が根付いているので、ワークライフバランスが壊れるほど仕事をする必要はありません。

この業務量は一人では抱えきれない!と思ったら、上司に相談すれば、適切な業務量へと調整してもらえます。

そうしなければ上司のパワハラ、管理不足の問題になりますし、もし上司が助けてくれなかったら人事部に通報すれば一発で解決です。

パワハラやセクハラもなく、平等な環境で働ける。

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由_パワハラやセクハラもなく、平等な環境で働ける。


ワークライフバランスと同じく、外資系企業はパワハラやセクハラの問題や、ジェンダーの平等に厳しいです。

そのため、上司だからといって横柄に振る舞っていると、社内の人望を失って行きますし、そのうち誰かが人事部に通報すれば一発アウトです。

また「上司と部下は役割の違いであり上下関係ではない」のが外資系企業の文化なので、職位に関係なく個人を尊重してもらえ、気持ちよく仕事ができます。

年齢も、ジェンダーも、国籍も、出身も、すべて関係なく、人間はみな平等。

外資系企業ではこれが常識です。

論理的思考力が身につく。

外資系企業では、論理的思考力が身につきます。

その理由は下記の2点です。

  1. 論理的思考力のある人が多いので、彼らを見本にして自分もそうなっていく。
  2. 英語が不自由なので、論理をしっかりしないと相手に伝わらない。

1つ目はそのままの意味です。

2つ目もそのままですが、これを言っている人は少ないと思うので、少し補足します。

私たち日本語ネイティブ=英語日ネイティブは、どんなに英語を勉強しても、多かれ少なかれ、英語に不自由がありますよね。

限られた英語力で、外国人と仕事をするには、論理的説得力をしっかり構築した上でのコミュニケーションが必要になってきます。

必要、というか、それをしないとやっていけないわけです(私程度の英語力では)。

英語が完璧じゃないからこそ、日頃から、会話もメールも、論理的思考を意識する癖がつきます。

海外の優秀な人から学び、成長できる。

外資系企業で出世し、上司になるような人は、やはり、とても優秀な人が多いです。

育ってきた文化・常識・言語が違う部下を海外に持ちながら、電話とメールだけのリモートでマネージし、結果を出していくわけですから、それは簡単なことではありません。

彼らには、仕事の能力はもちろん、人間的な魅力や人望もあります。

(日系企業にも優秀な上司、良い上司はいるのでしょうけれど、世界レベルで結果を出す人は能力的にも人間的にもさらに上を言っていると思います)

外資系企業なら、こういう海外の優秀な人と一緒に仕事ができるので、彼らから学び、成長することができます。

自分の能力や人生は付き合う人に影響を受けますから、成長したい人は積極的に外資系企業への転職を狙っていくべきだと思います。

海外に知人・友人ができる。

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由_海外に知人・友人ができる。


外資系企業では、普通に仕事をしているだけで、海外に知人・友人ができます。

私の場合、外国人上司が出張で日本にきた時、早朝の築地市場に行きたいと言うので、一緒に早起きして行ったり、

私が旅行で台湾に行った時は、台湾オフィスの同僚が小籠包をご馳走してもらったり。

外資系企業に転職したからこそ得ることができた、大切な知人・友人です。


まとめ

外資系転職をおすすめする7つの理由

  • 高収入が得られる可能性が高い。
  • お金をもらいながら英語が上達する。
  • ワークライフバランスが充実する。
  • パワハラやセクハラもなく、平等な環境で働ける。
  • 論理的思考力が身につく。
  • 海外に知人・友人ができる。
  • 海外の優秀な人から学び、成長できる。



最後に、外資系に転職するデメリットは、私が思うにはありません。

よく「外資系はクビになりやすい」みたいなに言われますが、明らかに根拠不十分で、迷信と言っていいレベルの嘘です。

この辺りの話は、以下の記事で説明していますので、外資系転職に不安を感じてる方は、こちらもぜひご覧ください。

外資系転職で狙い目の企業・おすすめしない企業【安定・自由・経験・地位と高給すべて取れ!】
外資系転職で狙い目の企業・おすすめしない企業【安定・自由・経験・地位と高給すべて取れ!】

外資系企業への転職を考えている方へ。 この記事は、外資系の中でも狙い目の企業と、その理由を説明して行きます。 結論から言うと「世界では大企業だけど、日本法人はまだ小さい外資系企業」が狙い目です。 その ...

続きを見る



関連記事

外資系転職ガイド【英文レジュメ・英語面接・TOEIC・狙い目の企業など】

2019/12/1

外資系転職ガイド【英文レジュメ・英語面接・TOEIC・狙い目の企業など】

外資系転職に興味があるけど、いろんな不安で一歩が踏み出せない方へ。 この記事は、外資系転職関連のまとめ記事です。 英文レジュメの書き方、英語面接対策、必要なTOEICスコアの目安から、 狙い目の外資系企業、外資系転職がおすすめな理由、英語より大切なことまで、 私の9年分の外資系経験から、伝えたいポイントをピックアップしました。 細かい話は個別記事でするとして、このまとめ記事では要点だけに絞って説明して行きます。 外資系転職を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。 この記事を書いた人 今年で外資系歴9年 ...

ReadMore

外資系企業は英語力より論理的思考力!向いてる人・評価される人・必要な能力【ロジカルシンキング】

2019/11/30

外資系企業は英語力より論理的思考力!向いてる人・評価される人・必要な能力【ロジカルシンキング】

外資系転職を考えている方へ。 外資系企業に転職する前は、自分の英語力で通用するか、不安に感じていると思います。 私も、初めて外資系に転職する前は、とても不安でした。 しかし、外資系を9年経験して思うのは、 英語力より論理的思考力(ロジカルシンキング)が重要 だということです。 英語なんて、多少不自由でも構わないですし、外資系企業では英語の上手い下手なんて、誰も気にしていません。 この記事では、外資系企業では、なぜ英語力より論理的思考力(ロジカルシンキング)が重要なのか、 その理由を2つに絞って説明して行き ...

ReadMore

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由【外資系で本当に良かった(デメリットは無し)】

2019/11/30

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由【外資系で本当に良かった】

外資系企業への転職を考えている方へ。 外資系に転職する前は、自分の英語力で通用するのか、簡単にクビにならないか、色々と不安なことがあると思います。 9年前の私もそうだったのですが、今思うとこれらはただの杞憂でした。 今は外資系に転職して本当によかったと思っています。 そこでこの記事では、外資系転職の何がそんなに良いのか、 私が外資系転職をおすすめする7つの理由を紹介して行きます。 この記事を書いた人 今年で外資系歴9年目、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICスコア915(2019年)。独学でここまで ...

ReadMore

外資系転職で狙い目の企業・おすすめしない企業【安定・自由・経験・地位と高給すべて取れ!】

2019/11/24

外資系転職で狙い目の企業・おすすめしない企業【安定・自由・経験・地位と高給すべて取れ!】

外資系企業への転職を考えている方へ。 この記事は、外資系の中でも狙い目の企業と、その理由を説明して行きます。 結論から言うと「世界では大企業だけど、日本法人はまだ小さい外資系企業」が狙い目です。 その理由は、安定・自由・経験・地位と高給の全てが手に入るからです。 逆に、「日本法人の規模が大きい外資系企業」は、あまりおすすめしません。 具体的にどういうことか、記事本文で詳しくみて行きましょう。 この記事を読んでわかること 外資系転職で狙い目の企業と、その4つの理由。 外資系転職でおすすめしない企業と、その4 ...

ReadMore

外資系×TOEIC体験談:600→700→800→900【転職の目安はどこ?】

2019/11/24

外資系×TOEIC:600→700→800→900を全て経験【転職の目安はどこ?】

DragonTOEICスコアって、外資系転職の目安はどれくらい?今700台なんだけど、意外と行けたりするのかな?HorseDragonやっぱり、転職は800台まで待った方がいい? 先日、12年ぶりにTOEICを受けたら、初めて900の壁を越えることができ、 TOEIC 600台、700台、800台、900台すべての経験がそろいました。 一方、私は外資系9年目で、外国人上司・同僚との仕事経験もたくさんあります。 今の私なら、外資系転職とTOEICの目安について、リアルに答えられるんじゃないかと思い、この記事 ...

ReadMore

外資系転職>英語面接対策:電話・ビデオ・対面ごと【よくある質問集と回答時間の目安も】

2019/11/18

外資系転職>英語面接対策:電話・ビデオ・対面ごと【よくある質問集と回答時間の目安も】

Rook外資系転職で避けられない英語面接。初めてだと不安だよね。BishopDragon電話・ビデオ・対面に共通または個別の対策とは?よくある質問集と回答時間の目安も把握しておきたいな。Horse これから英語面接を受ける方へ。 特に、初めて英語面接を受ける方は、いろいろと不安なことがあると思います。 私も初めて外資系に転職する時は、英語面接の前はとても不安でした。 しかし、今思うと、英語面接といっても、特別に恐れる必要はありませんでした。 ちゃんと対策さえすれば、「英語だから」落ちるということもありませ ...

ReadMore

転職ガイド:英文履歴書・レジュメの書き方【無料テンプレートで楽々作成】

2019/11/24

転職ガイド:英文履歴書・レジュメの書き方【無料テンプレートで楽々作成】

英文履歴書・レジュメの書き方でお悩みの方へ。 初めて書くときは、何をどう書けばいいのか、本当にこれでいいのか、不安になるのは自然なことだと思います。 私も初めての時はいろいろと不安でしたが、実際にやってみたら意外と簡単で、そこはうれしい誤算でした。 私が踏んだ3つのステップは下記のとおりです。 ネットで無料テンプレートをダウンロードする。 自分の情報でテンプレートを埋めていく。 転職エージェントに添削してもらう。 Dragonこの記事では、この3ステップを詳しく説明して行きます。 これから英文履歴書・レジ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

K

日系企業を3年未満で退職し、外資系9年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-外資系編, 転職, 転職ガイド

Copyright© 外資系9年目、英語とか転職とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.