私の転職体験談:派遣社員から外資系マネージャーへキャリアアップ【英語力を活かした転職】

更新日:

私の転職体験談:派遣社員から外資系マネージャーへキャリアアップ【英語力を活かした転職】

年齢・性別 40代、女性
転職理由 離婚をきっかけにポジションアップを狙うことに…。
利用した転職サイト・エージェント リクルート・エージェント、ジャスネットキャリア、キャリアスカウトジャパン
転職前 転職後
業界 物流 サプライチェーンサービス
職種 経理 経理
従業員規模 250名 300名
年収 450万円 600万円
年齢 35 43

私の略歴:ワーキングマザーとして一念発起。憧れの外資系企業へのチャレンジ!

中学2年生の春休み、当時英会話スクールに通っていた大学生の従妹がたまたま家に遊びに来た際に、私の英語の教科書を音読してくれた事がありました。

彼女のネイティブスピーカーさながらの発音の綺麗さに衝撃を受けた私は、早速親に頼み込んで英会話スクールへ通わせてもらうことになります。

英会話スクールで徹底的に叩き込まれたメソッドは、英文をネイティブスピーカーと同じスピードで声に出して読む事でした。これはシャドーイングといって、ネイティブスピーカーの会話文のCDを流しながら、1文が終わるのを待たずに、聞いたフレーズをすぐに追いかけて声に出す練習方法です。私はこれを徹底的にやりました。

それからは英会話スクールの週2回のレッスンに2年半通い、高校2年生の夏にアメリカの現地高校へ1年間の留学をしました。

留学先で経験したミュージカル制作をきっかけに、帰国後は舞台制作や音楽に興味を持ち、20代の私はとにかくやりたい事重視。

お金にならない音楽制作の仕事に携わり、その頃知り合った自由業の彼と結婚し、飲食店でのアルバイトの掛け持ちなどもしながら、夫と共に夢追い生活を送っていました。

そんな中、妊娠が判り、飲食店でのアルバイトも断念。夫はお金とは縁遠い夢追い人。どんどん目減りしていく貯金通帳とにらめっこしながら、精神的に追い詰められていく日々を過ごします。

子供が生まれて、3ヶ月が経った頃、いよいよ貯金も底を尽き、気づけば自分も30代に突入。

地に足が着いた生活をしなければという思いに駆られ、ハローワークへ飛び込み、地元の日系メーカーの営業事務員として契約社員の仕事になんとかこぎつけました。

そこの会社には、外資系企業から中途採用で入社してくる方が何名かいて、その方達のちょっと垢ぬけた感じの風貌や仕事ぶりを見て、漠然と「外資系」企業に憧れを持つようになりました。

そんな矢先、会社の人事マネージャーから、

「本来人事部の人間がこんな事を言うのはタブーかも知れないけど、あなたはこんな会社でくすぶっていないで、英語力を活かして外資系企業に行ってみたらどう?ちょうど今私の知り合いが外資系企業の経理業務の派遣社員を探していて…。」

経理の仕事を本格的にするのも、外資系企業も初めてでしたが、派遣社員という雇用形態もハードルが低くて良かったのか、トントン拍子で憧れていた外資系企業でのお仕事がスタート。

英語力をきっかけに、私のキャリアが良い方向に動き始めました。

転職理由:離婚をきっかけにポジションアップを狙うことに…。

入社当初は、オフィスのデスクのスペースが広々としていることや、海外チームとの英語でのオンライン会議などが新鮮でワクワクする日々でした。

そして、一生懸命仕事をしている内にあっという間に3年間が過ぎ、正社員登用をして頂ける事になります。

その後は、子供を両親に見てもらえる環境にあったこともあり、また、正社員になれたことが嬉しくて、海外出張もこなしながら仕事に没頭する日々。

気づけば7年の月日が経っていました。そして、そんな頃に夫と離婚することになります。自分のこれからの人生、仕事について真剣に考える日々が始まりました。

自分の年齢も40歳を超えている。正社員になれた事が嬉しかった日々も、年月が経つと、ずっと同じイチ担当者のままである自分はこのままで良いのだろか、というモヤモヤ感も出てきます。

ポジションアップとか年収を上げていくとか、そんな新たな目標が頭にチラチラと浮かぶようになりました。

自分が現状置かれている立場は、一般経理職社員。私の上にはマネージャー職の方々が…。少人数のチームで、自分がこの場所でマネージャーに昇進できる可能性は限りなく低く感じました。

ならば、今の会社を飛び出して転職するしかない、と心に決めました。

転職中:転職エージェントが年収交渉をしてくれて、希望額をゲット!

私は早速転職エージェントへ登録し、担当者との面談、履歴書・職務経歴書・英文レジュメの作成、(英語も含む)面接対策をしました。

英語力については、8年程前にTOEICを受験し、800点台のスコアを取得した以降、特別な資格の勉強はしてきませんでしたが、業務上、英文メールのやり取りをしたり、Skype会議などはありましたので、なんとか実務レベルの英語力はキープできていたと思います。

ただ、英文レジュメや英語面接は初めてだったので、転職エージェントという専門家のアドバイスをいただけたことはとても助かりました。(実際にエージェントとしては利用しませんでしたが、ロバート・ウォルターズ公式サイトの「面接対策」の記事は非常に役立ち参考にしていました)

応募した会社との面接が決まれば、上司に嘘をついて休暇の申請をして面接。現職の仕事をこなしながらでは結構なエネルギーが必要でしたが、転職してステップアップした自分の姿をイメージしながら、チャンスを自分で掴みに行くんだ!という気持ちで挑みました。

面接では、海外本社から上層部の方が来日して面接を行うケースや、Skypeでの英語面接などもありました。

英語面接で意識したのは、レスポンスを素早く、沈黙を作らないように、とにかく発信する姿勢です。

各社共通して聞かれた質問として「なぜあなたは経理職を選んだのか」とか「ミスをしてしまった時に、あなたはどのように対処し何に気を付けますか」というもの。

自分の体験談を交えながら話をすると会話もスムーズにできました。

参考までに、今回の転職時に依頼したエージェントは「リクルート・エージェント」「キャリアスカウトジャパン」「ジャスネットキャリア」の3社です。

各エージェントの特徴や良かった点、今一つ足りないなと思った点と合わせ、以下にまとめました。

利用した転職エージェント

リクルート・エージェント

リクルート・エージェントの良かった点は、やはり紹介案件数の多さです。さすが大手、という感じがしました。

専用アプリのマイページで各応募企業の進捗状況が管理出来るのも便利でした。

ただその一方で、データベースにやや偏り過ぎているというか、システマチックな感じがして、もう少しコンサルタントに親身に相談出来る態勢が欲しかったです。

キャリアスカウトジャパン

キャリアスカウトジャパンは、小規模で運営しているエージェントで、代表の方もコンサルタントの殆どのメンバーも外国籍の方でした。

その為、エージェントへの登録の際の電話面談も、コンサルタントとの仕事紹介等のやり取りもすべて英語でした。

今回の転職では、結果的にこのエージェントが紹介してくれた会社へ行くことに決めたのですが、良かった点は、親身になってこちらの状況や希望をヒアリングして頂けた事や、採用企業側との年収交渉をきちんとやってくれた事です。

面接時に企業側から年収500万円を最初に提示されたのですが、私の希望額の600万円への交渉・成立をして頂きました。外国籍のコンサルタントはこういう交渉が上手だなと思います。

コンサルタントとのやり取りは英語になるので、こちらのニュアンスを伝えるのに神経を使うことはありましたが、でも、英語を活かして、外国籍のコンサルタントからの紹介を受けられたことは、幅広い求人案件に巡り合えたという点でも良かったと思います。

一方で、担当者とのコミュニケーションは全て英語なので、英語力に自信のない方にとっては使いにくいエージェントかもしれません。

そのような方には、ロバート・ウォルターズ(公式サイト)の方が合っていると思います。なぜならロバート・ウォルターズの担当者は、全員が外国人でありながら日本語も話せるバイリンガルエージェントだからです。

ロバート・ウォルターズは、外国人エージェントの強みと日本語の安心感の両方があるので、日本人にも使いやすい外資系転職エージェントです。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアの良かった点は、経理財務、管理部門に特化したエージェントなので、スキルアップの為の情報や、教育プログラムが充実している事でした。

ただ、紹介頂く案件が、日系企業も多く、私の方向性との少しギャップがありました。

転職による人生の変化:転職は一大プロジェクト!ステップアップすれば見える景色も変わる。

4ヶ月間の転職活動を経て、書類選考は10社程、面接は3社受けた中で、最終的には年収が現職より150万円アップ、役職は担当スタッフからアシスタントマネージャーへのポジションアップという形で転職を決めることができました。

まだ乳児だった子供を抱えながらハローワークに飛び込んで、近ければどこでもいいくらいの気持ちで始めた契約社員の仕事から、外資系のマネージャー職へのキャリアアップができたのは、自分なりに英語のブラッシュアップを心掛けて、英語を使う環境になるべく身を置くようにしてきたからではないかと感じています。

TOEICの試験を受けてスコアアップをがんばる事や、海外チームとの会議や海外からの来客があった時に、勇気を出して発言をしていく事、時間が掛かると皆が敬遠するような業務フローを英語で作成する作業なども引き受けてみる事で、転職の際にも、自信を持って英語を使った実務をこなしてきたとアピールができ、次のチャンスを掴めたと思います。

英語を活かしながら自分で次のステップアップの道を選び、チャンスを掴んでポジションと年収を上げられたことは大きな自信に繋がりました。

この転職を通じて、1つの大きなプロジェクトを成し遂げたような達成感を味わう事ができたと感じています。

転職後も、英語力を認めてくれた上司が海外本社へのレポート作成を私に任せてくれたり、システム移管プロジェクトの際に、海外チームへの説明などをする役割を任せてもらえたり、やりがいを感じることができています。

英語が全てではありませんが、英語力のおかげでチャンスが掴めたり、仕事の幅が広がったのは間違いありません。

新しい環境で一つ一つミッションをクリアしてやり遂げることが出来ると、それが小さな成功体験の積み重ねとなり、そしてまたその体験が大きな自信へと繋がり、今まで自分が見ていた景色から1段上のステップへ登った場所からの景色が見えるようになったのではないか…そんな気がしています。

私の転職体験談は、次の記事へ続きます。

私の転職体験談:ワーキング・シングルマザーが子供も仕事も両方取った話【外資系→外資系】
私の転職体験談:ワーキング・シングルマザーが子供も仕事も両方取った話【外資系→外資系】

年齢・性別 40代、女性 転職理由 ワーキング・シングルマザーとして、子供と仕事の間で悩む 利用した転職サイト・エージェント JACリクルートメント、エンジャパン、ブランディングアソシエイツ 転職前 ...

続きを見る

関連記事:私の転職体験談+おすすめの転職エージェント

「外資系」転職体験談

私の転職体験談:英語x専門性の2軸を武器に転職【1000人以上採用してきた人事マンの視点】

2019/7/23

私の転職体験談:英語x専門性の2軸を武器に転職【1000人以上採用してきた人事マンの視点】

年齢・性別 40代、男性 転職理由 自社の経営不振 利用した転職サイト・エージェント リクルート・エージェント 転職前 転職後 業界 エンジニアリング 自動車 職種 人事 人事 従業員規模 3000名 日本:350人 世界:20万人以上 年収 非公開 非公開 年齢 22〜40 40〜45 英語を学んだモチベーションは海外への憧れ 私は新卒入社の時こそ一部上場の日系企業C社に就職しましたが、同社に17年間勤務した後にドイツ系自動車メーカーの日本法人V社に転職しました。 その後、外資系企業を中心に8回の転職を ...

ReadMore

私の転職体験談:ワーキング・シングルマザーが子供も仕事も両方取った話【外資系→外資系】

2019/7/23

私の転職体験談:ワーキング・シングルマザーが子供も仕事も両方取った話【外資系→外資系】

年齢・性別 40代、女性 転職理由 ワーキング・シングルマザーとして、子供と仕事の間で悩む 利用した転職サイト・エージェント JACリクルートメント、エンジャパン、ブランディングアソシエイツ 転職前 転職後 業界 サプライチェーンサービス 金属部品メーカー 職種 経理 管理部門全般 従業員規模 250名 20名 年収 600万円 600万円 年齢 42 44 私の略歴:40代ワーキング・シングルマザーの転職活動 まだ生後3ヶ月半だった子供を保育園に預けて、生活費を稼ぐ為に、地元のメーカーの事務の仕事を契約 ...

ReadMore

私の転職体験談:派遣社員から外資系マネージャーへキャリアアップ【英語力を活かした転職】

2019/7/23

私の転職体験談:派遣社員から外資系マネージャーへキャリアアップ【英語力を活かした転職】

年齢・性別 40代、女性 転職理由 離婚をきっかけにポジションアップを狙うことに…。 利用した転職サイト・エージェント リクルート・エージェント、ジャスネットキャリア、キャリアスカウトジャパン 転職前 転職後 業界 物流 サプライチェーンサービス 職種 経理 経理 従業員規模 250名 300名 年収 450万円 600万円 年齢 35 43 私の略歴:ワーキングマザーとして一念発起。憧れの外資系企業へのチャレンジ! 中学2年生の春休み、当時英会話スクールに通っていた大学生の従妹がたまたま家に遊びに来た際 ...

ReadMore

私の転職体験談:外資系金融機関に転職したわかったこと【就職と転職は全くの別物】

2019/7/23

私の転職体験談:外資系金融機関に転職したわかったこと【就職と転職は全くの別物】

年齢・性別 30代、男性 転職理由 お役所的な日系金融機関への違和感 利用した転職サイト・エージェント 日経キャリアネット、ビズリーチ 転職前 転職後 業界 日系金融機関 外資系金融機関 職種 財務 投信企画・投信計理 従業員規模 5000名 100名 年収 1000万円 1400万円 年齢 30代半ば 30代後半 私の略歴:「海外」を目指して仕事と勉強の両立 私は大学を卒業後、「資金面での社会貢献」と「海外」というキーワードをもとに、日系某大手銀行に就職しました。 その後は、2年弱の国内営業店勤務を経て ...

ReadMore

私の転職体験談:若い時間を無駄にした後悔から転職を決断【日系→外資系】

2019/7/23

私の転職体験談:若い時間を無駄にした後悔から転職を決断【日系→外資系】

年齢・性別 30代、女性 転職理由 若い時間を無駄にした後悔から転職を決断 利用した転職サイト・エージェント リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ 転職前 転職後 業界 金融 コンサルティング 職種 経理 経理 従業員規模 ~500名 ~1,000名 年収 非公開 非公開 年齢 新卒入社 30代 私の略歴:旧体制の超ホワイト企業でゆるゆるした日々を送っていた過去 私の前職はいわゆる「ホワイト企業」。その中でも超をつけていいんじゃないかと思うくらい、休みや労働時間といった環境には恵まれ ...

ReadMore

「ハラスメント系」転職体験談

私の転職体験談:アルコールハラスメントからの転職失敗【今ならわかる再発防止策】

2019/7/23

私の転職体験談:アルコールハラスメントからの転職失敗【今ならわかる再発防止策】

年齢・性別 20代、女性 転職理由 アルコールハラスメントの強要。 利用した転職サイト・エージェント パソナキャリア、typeエージェント、エンエージェント 転職前 転職後 業界 総合商社 専門商社 職種 営業事務 営業事務 従業員規模 100名 2000名 年収 300万円 300万円 年齢 24 26 私の略歴:「やることないからそこに居て」 私は大学卒業後、冠婚葬祭業界に営業職として新卒枠入社をしました。 営業職として頑張ろうという決意を裏切られるかのように新人研修では放置され、「やることないからそ ...

ReadMore

私の転職体験談:心身が壊れるその前に【違和感を圧し殺さないで】

2019/7/23

私の転職体験談:心身が壊れるその前に【違和感を圧し殺さないで】

年齢・性別 20代、女性 転職理由 会社への違和感が消えなかった。 利用した転職サイト・エージェント エン転職 転職前 転職後 業界 冠婚葬祭 総合商社 職種 営業 営業事務 従業員規模 700名 100名 年収 300万円 300万円 年齢 23 24 私の略歴:留学経験を活かした就職活動 大学生の頃、私は国際系学部に在籍していました。 主な専攻は中国語で、大学4年生の年に1年休学して台湾に留学。帰国後は留学経験を活かして中国語を使える職業に就こうと就職活動に励みました。 しかし周りの友人が内定を獲得し ...

ReadMore

私の転職体験談:産休・育休で居場所消失【ワーキングマザーに優しい職場を求めて】

2019/7/23

私の転職体験談:産休・育休で居場所消失【ワーキングマザーに優しい職場を求めて】

年齢・性別 30代、女性 転職理由 産休・育休を取ったら自分の居場所がなくなった 利用した転職サイト・エージェント リクルート・エージェント、マイナビ転職、エン転職、リクルート・スタッフィング、パソナ 転職前 転職後 業界 自動車関係の専門商社 大手総合商社 職種 貿易事務 貿易事務 従業員規模 10名以下 5000名 年収 180万円 240万円 年齢 24〜34 35〜 私の略歴:平凡ながら幸せな日々 私は長野県で生まれ育ちました。高校受験で県内一の高校を目指すも失敗し、滑り止めとして受験をしていた私 ...

ReadMore

私の転職体験談:ワンマン社長からはすぐ逃げて【どこに行っても辛いなんて嘘】

2019/7/23

私の転職体験談:ワンマン社長からはすぐ逃げて【どこに行っても辛いなんて嘘】

年齢・性別 30代、女性 転職理由 ワンマン社長の横暴ぶりに耐えられない 利用した転職サイト・エージェント リクナビNEXT、Wantedly 転職前 転職後 業界 ソフトウェア・通信 人材サービス 職種 事務・採用 採用 従業員規模 100名 300名 年収 220万円 300万円 年齢 28 30 私の略歴:職を転々として自由に生きた20代 私は国立大理系学部に入学したものの、中途退学してしまい、そこから職を転々としながらフリーターとして生活していました。 そして28歳になった頃、当時同棲していた男性 ...

ReadMore

私の転職体験談:絶対に譲れない条件は妥協しないで【ワークライフバランス・給与・人間関係】

2019/7/23

私の転職体験談:絶対に譲れない条件は妥協しないで【ワークライフバランス・給与・人間関係】

年齢・性別 20代、女性 転職理由 過労で自律神経失調症。楽しいだけでは仕事は続けられない。 利用した転職サイト・エージェント マイナビ転職、リクナビNEXT 転職前 転職後 業界 出版・広告 出版・広告 職種 編集 編集 従業員規模 20名 30名(勤務支社には5名在籍) 年収 220万円 300万円 年齢 20代後半 30代前半 私の略歴:理系学部に進むも、幼い頃から憧れていた出版業界へ 私が学生の頃は、新卒の就職難が問題視されている時期でした。 「自分は将来、就職に困りたくない」という思いもあり、大 ...

ReadMore

私の転職体験談:アカデミアか民間か?英語ができるポスドクの決断

2019/7/23

私の転職体験談:アカデミアか民間か?英語ができるポスドクの決断

年齢・性別 30代、男性 転職理由 雇入側の理解不足+都合良く使役されているだけだと気づいた 利用した転職サイト・エージェント doda 転職前 転職後 業界 大学研究員 メーカー(化学) 職種 研究職 研究職 従業員規模 20名 500名 年収 250万円 500万円 年齢 20代後半 30代前半 私の略歴:オンリーワンの研究を目指して。 私は、大学研究機関(アカデミア)で活動する研究者になるために、大学院を修了してすぐに、他大学の研究室に所属を決め、博士研究員として勤めていました。 職場の環境は、雇い ...

ReadMore

私の転職体験談:パワハラからの自律神経失調症【キャリアダウンと引き換えに得たもの】

2019/7/23

私の転職体験談:パワハラからの自律神経失調症【キャリアダウンと引き換えに得たもの】

年齢・性別 30代、女性 転職理由 パワハラからの自律神経失調症 利用した転職サイト・エージェント スタッフサービス 転職前 転職後 業界 総合商社 専門商社 職種 営業事務 貿易事務 従業員規模 100名 派遣 年収 非公開 非公開 年齢 30 31 私の略歴:年収アップを見込んで外資系へキャリアアップ転職を成功させた 私は大学卒業後、リーマンショック時の就職難を乗り切り、旅行業界へ就職を決めました。好きな旅行の仕事ではありましたが、立場は契約社員。賃金が少なく、平日しか休めない環境、更に激務ということ ...

ReadMore

私の転職体験談:突然の怪我で退職に追い込まれてからの復活

2019/7/23

私の転職体験談:突然の怪我で退職に追い込まれてからの復活

年齢・性別 40代、男性 転職理由 もう、これ以上がんばれない 利用した転職サイト・エージェント doda、リクナビNEXT 転職前 転職後 業界 電気会社 電気商社 職種 施工管理 ルート営業 従業員規模 50名 300名 年収 400万円 500万円 年齢 40代 40代 私の略歴:順調だったキャリアが、手首の怪我で急変 私は大学を卒業後、電気工事会社に就職しました。主な仕事は数人でグループを組み、一つの現場に入り電気工事を行うことです。 大学でも電気系を学んでいた私は、仕事ぶりが認められ、数年後には ...

ReadMore

私の転職体験談:若い時間を無駄にした後悔から転職を決断【日系→外資系】

2019/7/23

私の転職体験談:若い時間を無駄にした後悔から転職を決断【日系→外資系】

年齢・性別 30代、女性 転職理由 若い時間を無駄にした後悔から転職を決断 利用した転職サイト・エージェント リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ 転職前 転職後 業界 金融 コンサルティング 職種 経理 経理 従業員規模 ~500名 ~1,000名 年収 非公開 非公開 年齢 新卒入社 30代 私の略歴:旧体制の超ホワイト企業でゆるゆるした日々を送っていた過去 私の前職はいわゆる「ホワイト企業」。その中でも超をつけていいんじゃないかと思うくらい、休みや労働時間といった環境には恵まれ ...

ReadMore

おすすめの転職エージェント

採用1000人以上、転職回数8回の人事マンが思うリクルート・エージェントとJACリクルートメントの本当の強み。

2019/8/25

知人・友人におすすめできる転職エージェント:採用1000人以上、転職回数8回の人事マンが厳選【リクルート・エージェント、JACリクルートメント】

私はこれまで約30年間にわたり日系および外資系企業で人事業務全般に携わってきました。 採用した方は1,000人を超え、職務経歴書を拝見した方あるいは面接した方は延べ10,000人を超えます。 一方、今月定年退職を迎える私自身は8回の転職歴があります。 そこでこの記事では、私の全人事および転職経験の中から厳選した、 おすすめ転職エージェント2社 日系代表:リクルート・エージェント 外資系代表:JACリクルートメント をご紹介します。 また、この記事の最後では、頼りになる転職エージェントの見分け方と活用方法も ...

ReadMore

転職エージェント:おすすめの組み合わせはこれだ!【リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ3社比較】

2019/12/7

転職エージェント:おすすめの組み合わせはこれだ!【リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ3社比較】

Dragonこの記事は、下記転職体験談を寄稿してくださったMさんが、実際に利用した転職エージェント3社【リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ】のメリット、デメリット等をまとめてくださいました。Mさん、ありがとうございます! 私は昨年転職をしました。 転職活動をした約2か月の間、リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズの3社を転職エージェントとして利用したわけですが、 それぞれ持っている案件や担当者とのコミュニケーションの仕方などに違いがあり、自分にとって合うと感じる ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

K

日系企業を3年未満で退職し、外資系9年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-外資系転職, 転職, 転職スライドショー, 転職体験談

Copyright© 外資系9年目、英語とか転職とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.