私の転職体験談:パワハラからの自律神経失調症【キャリアダウンと引き換えに得たもの】

私の転職体験談:パワハラからの自律神経失調症【キャリアダウンと引き換えに得たもの】

年齢・性別 30代、女性
転職理由 パワハラからの自律神経失調症
利用した転職サイト・エージェント スタッフサービス
転職前 転職後
業界 総合商社 専門商社
職種 営業事務 貿易事務
従業員規模 100名 派遣
年収 非公開 非公開
年齢 30 31

私の略歴:年収アップを見込んで外資系へキャリアアップ転職を成功させた

私は大学卒業後、リーマンショック時の就職難を乗り切り、旅行業界へ就職を決めました。好きな旅行の仕事ではありましたが、立場は契約社員。賃金が少なく、平日しか休めない環境、更に激務ということもあり、貿易業界に転職しました。

最初は契約社員からスタートした私ですが、その後、給料アップを目的に正社員で貿易業界を渡り歩いていました。少しずつ年収は上がったものの満足せず、給与アップを期待して更に転職を重ねます。

学生時代は語学に力を入れていたこともあって、私の正社員としてのキャリアアップの最終地点は、外資系総合商社。採用試験の段階から、もしかしたらこれまで以上に語学を使えるチャンスがあるかもしれない!と淡い期待を寄せていました。

結果、無事に採用をゲット、給与も大幅に上がり、同年代でもかなり貰えるということもあってか、転職大成功!ここで最後までがんばってみようという意気込みに溢れていました。

しかし、そんな私にその後、とんでもない自体が降り注ぐなんて、この時は全く持って想像をしていませんでした。

転職理由:パワハラからの自律神経失調症

正社員で、年収も上がり、外資系に転職することが出来た私。

周りの先輩・上司も丁寧に仕事を教えてくださったり、最終面談をしてくださった部長も頻繁に面談を行ってくださったりと、傍から見れば働く環境としては最良と言える感じでした。

当初採用予定であった業務内容とは、実は異なっていたとはいえ、その条件も飲みつつ晴れてキャリアアップ大成功!と思っていました。

しかし、事態は一変。

ある日、やむなく残業をしていた私に対して、直属の女性リーダーと先輩に、飲みに行こうと声をかけられました。

そこで私のプライベートでの話、いわゆる恋バナを振られ、私もうかつに自分のプライベートを話してしまったのがいけなかったのか、その後の会社での生活が大きく変わってしまいました。

直属の女性リーダーが、私に対し人前で、高圧的な態度を取るようになったのです。

後ほど他の社員の人から聞いた話だと、「あからさまにキツク当たっていたよ」と言われていたくらいの物だったようです。

当時の私は、自分が仕事をうまくできないことが、彼女を怒らせる原因だと思っていましたが、今思えば完全なパワハラです。

大勢の前で罵倒、本人にわかるように「もうやめたら?」という暴言を連発し、私や入社2年目の社員がフレックスや休暇を取ろうとすると嫌味を連発。

しかし、彼女は他の営業の男性陣や、部長の前では、これらのことを一切行わないのです。

最終的には、「私は用事あるから帰るけど、この仕事全部片づけてから帰ってね」という残業の強要も。

フレックスも年休も、彼女の顔色をうかがわないと使えない。でも、他の人は自由に使えている。

家から勤務先まで約1時間。当時の私は、本気で仕事のために引っ越しまで考える始末で、今振り返ると、パワハラ当事者のご機嫌をどう取るか、そればかり。

私は、自分が原因だと思い、深く落ち込みました。そして、過去に法務をやっていた友人へ相談すると、

「それってパワハラだよ!早く逃げないと、本当に精神やられるよ」

そう、私はいつの間にか精神面でパワハラを受けていたのでした。

そして、今までお世話になったことのない、精神科へ生まれて初めてかかりました。

結果はやはり、自律神経失調症。

このまま仕事を続けていると、本当に危険な状態まで至っていました。

こういうことって、自分の中では気付かないものなのですね。

先生に全てを話した私は、いつの間にか子供の様に泣きじゃくっていました。

身体は健康なのに、精神が限界と知った私は、不本意ながらも退職をすることを決めました。

パワハラ当事者にバレることなく、診断書を握りしめ、人事部に駆け込みました。

人事の人に話している間もずっと泣くしかできませんでしたが、幸いにして人事の人はとても優しく、黙って話を聞いてくださいました。

病欠の推奨もしてくれましたが、このまま退職の意志が強いことを話し、後日、人事部から直属の部長へ話をしていただき、部長ともお話をしました。

部長は本当に優しい方で、「気が付かなくて申し訳なかった」とおっしゃっていたのを覚えています。

最終的に、診断書による出勤停止、そのまま退職という形で、会社を去ることになりました。

今振り返って思うこと

パワハラをしていた女性上司は、会社に長く勤めているキャリアウーマンで、パワハラの事実を知らない人たちからしたら、仕事も出来る、信頼のおける人物でした。

その為、当時の私には「誰かに通報する」ということが怖くてできませんでした。

しかし、今振り返って思うことは、パワハラを受けていると精神的にも知らないうちに追い詰められ、第三者に相談しないと、正常な判断が全く効かなくなるということです。

もっと早く、会社のホットラインを利用してみてもよかったなと思います。

一方で、しかし、確かにそれは正論ではあるのですが、社内のホットラインに通報するという行為には、それなりに勇気も必要で、心理的な抵抗も正直感じてしまうのが実情です。社内での通報がやりにくい時はまず、完全外部の無料相談や、精神科の先生に勇気を出して話すことを推奨します。

穏便に退職をする場合にも、まずは怖いけど精神科で診断書を貰い、そのうえで人事部に相談をしてみましょう。

もし、状況が変わり、納得いくようであれば配置換えをしてもらい、勤務を続けても良いと思いますが、それでも難しい場合は転職をすべきです。

転職中のこと:自分が本当に欲しいものに素直になる

私はよく、「自分の生活における3つの豊かさ」が何かを知っています。

これまでの私は、「お金」が最優先でした。

しかし、今回のことで身に染みたのが、お金を貰えば貰うほど、自分の「時間」が減ってしまうということ。

そして、自分のやりたくない仕事、嫌な人と我慢して仕事をすることの不幸について、身をもって体感しました。

また、自分の本当に欲しい人生を見直したとき、「自分の好きなことを仕事にして」、「海外で暮らすこと」だということに改めて気づかされました。

であるならば、勉強などのための自分の自由時間が持ちやすく、比較的自由に退職できる派遣社員もありなのかもしれない。

私は、派遣会社に登録をはじめ、自分の譲れないポイントをピックアップしながら、新たな仕事を探し始めました。

派遣会社では、私のこれまでの貿易事務でのキャリアと、私が譲らないポイントを中心に、たくさんの案件をご紹介いただきました。

転職後のこと:仕事はいくらでもあった

たくさんの案件から、退職から3週間ほどで、新しい仕事先(現在)を見つけることが出来ました。

現在は貿易事務として、海外の代理店や派遣先工場と出荷の予定をすり合わせたり、商品の問い合わせの対応を行っています。

実は英語レベルがTOEIC500点そこそこで、そこまで英語ができると言う訳ではありませんが、海外の代理店とは英語でやり取りを行っています。

これでも貿易事務として、差し支えなく仕事をさせていただいています。

派遣のメリットは、自分の条件と派遣先の条件がマッチし、派遣先さえOKがもらえれば、すぐにでも仕事を開始できるというところです。

また、期間も3か月ごとに更新という仕組みになっているので、とても有難いです。

現在の派遣先の仕事場では、誰かを罵倒するような人はおらず、派遣・正社員関係なく、助け合いながら業務をこなしています。

自分が持っている貿易事務の知識も捨てることなく、活かすことが出来ています。

また、残業を強要されることもないので、安心して働けています。

派遣社員ということもあって、担当の方が定期的に面談を行ってくれるので、とても助かっています。

転職による人生の変化:それなりに生きていけるし、今のほうがとても楽しい!

派遣社員へのキャリアダウン、正直どうなるかなと思っていました。

しかし、こうして生きていますし、今のほうが自分の時間も持てるので、ストレスが少なく、むしろ穏やかに楽しく過ごしています。

もちろん、派遣社員であることのデメリットもあります。

派遣社員だと、日本では社会保障が限られてしまいます。特に、住民税や交通費は、負担がない派遣会社が殆ど。ここをどう補填していくかが今の課題でもあります。

とはいえ、前職で嫌な思いをしながら社会保障にしがみつくのは絶対に嫌です。

現在は派遣社員として過ごしていますが、近い将来、海外で活躍するための第一段階として、退職しづらい正社員ではなく、派遣社員を選択したことに間違いはなかったと思っています。

今までよりも増えた自由時間を友好的に使って、英語の勉強など、将来へ向けた準備を着々と進めています。

この記事は以上です。

転職関連記事

転職まとめ記事

転職ガイド - 基礎編

頼りになる転職エージェントを転職歴8回の人事マンが解説(評価No.1はJACリクルートメント)

2020/8/9

頼りになる転職エージェントを転職歴8回の人事マンが解説【評価No.1はJACリクルートメント】

れおんこの記事は採用1000人以上、転職歴8回の人事マンさんが書いてくださいました。ありがとうございます! 私はこれまで約30年間にわたり日系および外資系企業で人事業務全般に携わってきました。 採用した方は1,000人を超え、職務経歴書を拝見した方あるいは面接した方は延べ10,000人を超えます。 一方、今月定年退職を迎える私自身は8回の転職歴があります。 この記事では、私の全人事および転職経験にもとづき、 頼りになる転職エージェントの見分け方と活用方法 私の評価No.1転職エージェント=JACリクルート ...

ReadMore

ブラック企業から転職する為に知っておくべき心理学:認知的不協和の実験【フェスティンガー】

2020/8/9

ブラック企業から転職する為に知っておくべき心理学【認知的不協和の実験(フェスティンガー )】

とんかつ少ない月給、長時間労働だけど、やりがいと自己成長は感じられる。 今の仕事は悪くない。むしろ楽しい。やきとり れおんえ?ちょっと待って、それ、本当? 自分に嘘をついてない?うなぎ ブラック企業にいる人ほど、自分に嘘をつき、現状維持の罠にはまってしまいます。 そう言い切れる根拠として、この現象は「認知的不協和」と呼ばれ、フェスティンガーとカールスミスの実験(1959年、スタンフォード大学)で、科学的に証明されていることがあります。 この記事では、この有名かつ古典的な実験を紹介し、やりがい搾取の罠をあば ...

ReadMore

転職の心理学:現状維持バイアスの外し方・克服する3つの方法(目先の楽に逃げると後でもっと後悔する)

2020/8/9

転職の心理学:現状維持バイアスの外し方・克服する3つの方法【目先の楽に逃げると後でもっと後悔する】

現状維持バイアスとは、変化をためらい現状を維持しようとする、心理作用のことです。 これは人間なら誰もが持っているものですが、だからと言って放置していいものではありません。 なぜなら、現状維持バイアスは個人の主観でしかなく、事実や客観性を欠いているからです。 例えば、転職を考えているけど、何ヶ月、何年と、ズルズルと決断を先延ばしにしている。 この判断は、客観的に見て、本当に正しいのでしょうか? 自ら変化するにはエネルギーが要りますから、現状を維持したくなる気持ちはわかります。 しかし、目先の楽に逃げていると ...

ReadMore

初めての転職:進め方ガイド(やり方がわからない初心者のためのロードマップ

2020/8/9

初めての転職:進め方ガイド【やり方がわからない初心者のためのロードマップ】

とんかつ初めての転職で、何から始めればいいか、やり方が全くわからない方へ。この記事は、転職活動のはじめの一歩から、円満退職まで、全体の流れがわかるようにまとめました。やきとりれおん転職は誰でもやっていることですので、あなたにも必ずできます。細かい話は別記事でするとして、この記事は要点だけに絞って説明して行きます。うなぎ この記事を書いた人 今年で外資系歴10年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICスコア915@2019年。独学でここまできた経験を、日本人英語学習者のために共有しています(詳細 ...

ReadMore

初めての転職:職務経歴書と履歴書の書き方(通過率アップのコツ・無料テンプレートあり)

2020/8/9

初めての転職:職務経歴書と履歴書の書き方【通過率アップのコツ・無料テンプレートあり】

職務経歴書と履歴書の書き方でお悩みの方へ。 職務経歴書も履歴書も、書き方にはコツがあって、一度慣れてしまえば難しいことではありません。 しかし、以前の私がそうだったように、転職経験のないor少ない方は、難しく考えてしまいがちだと思います。 そこでこの記事では、私の経験や転職エージェントからのアドバイスをもとに、書類審査を通過するためのコツをまとめてみました。 これから職務経歴書と履歴書を作成する方は、ぜひ参考にしてみてください。 この記事を書いた人 今年で外資系歴10年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人 ...

ReadMore

初めての転職ガイド:おすすめの転職時期は何月?目標の4ヶ月前には動き出そう

2020/8/9

初めての転職:おすすめの転職時期は何月?【目標の4ヶ月前には動き出そう】

中途採用は1年中行われているため、どの時期に応募しても転職成功率に差はないように見えるかもしれません。 しかし、1年の全体を見ると、求人とライバルの数は常に変化しており、それぞれの多い月、少ない月があります。 そこでこの記事では、転職市場の通年の動きを確認しながら、おすすめの転職時期を考えて行きます。 また、そこから逆算して、何ヶ月前から転職活動をスタートすべきなのかもご提案します。 この記事を読んでわかること。 日系・外資系転職におすすめなタイミングと、その理由。 その他のおすすめ転職時期(ボーナスをも ...

ReadMore

初めての転職(転職エージェントとは?メリット・デメリット・おすすめ

2020/8/15

初めての転職:転職エージェントとは?【メリット・デメリット・おすすめ紹介】

初めての転職では、絶対に転職エージェントを利用すべきです。 その理由は主に下記の3点です。 転職エージェントの利用は、転職の基本中の基本だから。 転職エージェントなしでの転職活動には、様々な不便があるから。 長い人生かつ令和の大転職時代は複数回転職することになるからこそ、早めに転職エージェントを経験しておいた方がいいから。 そこでこの記事では、 転職エージェントなしだと、何がそんなに大変なのか? 転職エージェントありだと、どんなメリットがあるのか? 転職エージェントの利用で、気をつけるべきデメリットとは何 ...

ReadMore

初めての転職:よくある失敗3例と事前防止策:ここは絶対に注意したい

2020/8/9

初めての転職:よくある失敗3例と事前防止策【ここは絶対に注意したい】

とんかつ初めての転職で色々と不安。失敗したくないな。めっちゃわかる。ありがちな失敗例と、その対策があれば、事前に知りたいよね。やきとりれおんそれなら、ここだけは絶対に注意したい!っていう、超重要なポイントに絞って、説明するね。初心者の人に、細かいアドバイスをするのは後でいいよね。まずは、基本中の基本からお願いします。うなぎ この記事を読んでわかること。 初めての転職でよくある3つの失敗例と事前防止策 この記事を書いた人 今年で外資系歴10年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICスコア915@ ...

ReadMore

初めての転職:よくある22の不安を全て解決:大転職時代へ思考をアップデート

2020/8/9

初めての転職:よくある22の不安を全て解決【大転職時代へ思考をアップデート】

初めての転職で不安を抱えている方へ。 転職活動は、いろいろと不安に感じることもあると思います。 特に、初めての時はなおさらですよね。 しかし、その不安はどれも、考え方1つで克服することができますし、 みんなそんな感じでやってるんだ、と知るだけでも解決することができます。 それに今は令和の大転職時代です。 昭和の終身雇用モデルは完全に崩壊していますよね。 1つの会社に一生勤め続けるなんて考え方が古いですし、外の世界を知らないのは社会人としてむしろヤバいです。 転職の1回や2回なんて普通ですし、もっとしてる人 ...

ReadMore

転職エージェント比較・組み合わせ:リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ

2020/8/15

転職エージェント比較・組み合わせ:リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ

れおんこの記事は、下記転職体験談を寄稿してくださったMさんが、実際に利用した転職エージェント3社【リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ】のメリット、デメリット等をまとめてくださいました。Mさん、ありがとうございます! 私は昨年転職をしました。 転職活動をした約2か月の間、リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズの3社を転職エージェントとして利用したわけですが、 それぞれ持っている案件や担当者とのコミュニケーションの仕方などに違いがあり、自分にとって合うと感じるところ ...

ReadMore

転職ガイド - 外資系編

外資系転職の手順を解説【英語力・TOEIC・英文レジュメ・英語面接・狙い目の企業など】

2020/8/9

外資系転職の手順を解説【英語力・TOEIC・英文レジュメ・英語面接・狙い目の企業など】

外資系転職に興味があるけど、いろんな不安で一歩が踏み出せない方へ。 この記事は、外資系転職の手順を解説したまとめ記事です。 英語力やTOEICスコアはどれくらい必要? 英文レジュメの書き方は?英語面接はどう対策するの? 狙い目の外資系企業、英語より大切なこと、外資系転職がおすすめな理由は? 私の10年分の外資系経験から、伝えたいポイントをピックアップしました。 細かい話は個別記事でするとして、このまとめ記事では要点だけに絞って説明して行きます。 外資系転職を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。 この ...

ReadMore

外資系企業は英語力より論理的思考力!向いてる人・評価される人・必要な能力(ロジカルシンキング)

2020/8/9

外資系企業は英語力より論理的思考力!向いてる人・評価される人・必要な能力【ロジカルシンキング】

外資系転職を考えている方へ。 外資系企業に転職する前は、自分の英語力で通用するか、不安に感じていると思います。 私も、初めて外資系に転職する前は、とても不安でした。 しかし、外資系を9年経験して思うのは、 英語力より論理的思考力(ロジカルシンキング)が重要 だということです。 英語なんて、多少不自由でも構わないですし、外資系企業では英語の上手い下手なんて、誰も気にしていません。 この記事では、外資系企業では、なぜ英語力より論理的思考力(ロジカルシンキング)が重要なのか、 その理由を2つに絞って説明して行き ...

ReadMore

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由(外資系で本当に良かった)

2020/8/9

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由【外資系で本当に良かった】

外資系企業への転職を考えている方へ。 外資系に転職する前は、自分の英語力で通用するのか、簡単にクビにならないか、色々と不安なことがあると思います。 10年前の私もそうだったのですが、今思うとこれらはただの杞憂でした。 今は外資系に転職して本当によかったと思っています。 そこでこの記事では、外資系転職の何がそんなに良いのか、 外資系転職をおすすめする7つの理由を紹介して行きます。 この記事を書いた人 今年で外資系歴10年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICスコア915@2019年。独学でここ ...

ReadMore

外資系転職で狙い目の企業・おすすめしない企業(安定・自由・経験・地位と高給すべて取れ!)

2020/8/9

外資系転職で狙い目の企業・おすすめしない企業【安定・自由・経験・地位と高給すべて取れ!】

外資系企業への転職を考えている方へ。 この記事は、外資系の中でも狙い目の企業と、その理由を説明して行きます。 結論から言うと「世界では大企業だけど、日本法人はまだ小さい外資系企業」が狙い目です。 その理由は、安定・自由・経験・地位と高給の全てが手に入るからです。 逆に、「日本法人の規模が大きい外資系企業」は、あまりおすすめしません。 具体的にどういうことか、記事本文で詳しくみて行きましょう。 この記事を読んでわかること 外資系転職で狙い目の企業と、その4つの理由。 外資系転職でおすすめしない企業と、その4 ...

ReadMore

外資系×TOEIC:600→700→800→900を全て経験(転職の目安はどこ?)

2020/8/9

外資系×TOEIC:600→700→800→900を全て経験【転職の目安はどこ?】

とんかつTOEICスコアって、外資系転職の目安はどれくらい?今700台なんだけど、意外と行けたりするのかな?やきとりとんかつやっぱり、転職は800台まで待った方がいい? 先日、12年ぶりにTOEICを受けたら、初めて900の壁を越えることができ、 TOEIC 600台、700台、800台、900台すべての経験がそろいました。 一方、私は外資系10年目で、外国人上司・同僚との仕事経験もたくさんあります。 今の私なら、外資系転職とTOEICの目安について、リアルに答えられるんじゃないかと思い、この記事を書くこ ...

ReadMore

外資系転職>英語面接対策:電話・ビデオ・対面ごと(よくある質問集と回答時間の目安も)

2020/8/9

外資系転職>英語面接対策:電話・ビデオ・対面ごと【よくある質問集と回答時間の目安も】

とんかつ外資系転職で避けられない英語面接。初めてだと不安だよね。やきとりれおん電話・ビデオ・対面に共通または個別の対策とは?よくある質問集と回答時間の目安も把握しておきたいな。うなぎ これから英語面接を受ける方へ。 特に、初めて英語面接を受ける方は、いろいろと不安なことがあると思います。 私も初めて外資系に転職する時は、英語面接の前はとても不安でした。 しかし、今思うと、英語面接といっても、特別に恐れる必要はありません。 ちゃんと対策さえすれば、「英語だから」落ちるということもありません。 そこでこの記事 ...

ReadMore

転職ガイド:英文履歴書・レジュメの書き方(無料テンプレートで楽々作成)

2020/8/9

転職ガイド:英文履歴書・レジュメの書き方【無料テンプレートで楽々作成】

英文履歴書・レジュメの書き方でお悩みの方へ。 初めて書くときは、何をどう書けばいいのか、本当にこれでいいのか、不安になるのは自然なことだと思います。 私も初めての時はいろいろと不安でしたが、実際にやってみたら意外と簡単。 うれしい誤算がありましたので、この記事ではそれを紹介したいと思います。 私が踏んだ3つのステップは下記のとおりです。 ネットで無料テンプレートをダウンロードする。 自分の情報でテンプレートを埋めていく。 転職エージェントに添削してもらう。 れおんこの記事では、この3ステップを詳しく説明し ...

ReadMore






JAC Recruitment
  • この記事を書いた人

れおん

日系企業を3年未満で退職し、外資系10年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

トップページ

失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC 1

英語学習には、何年もの地道な努力が必要で、近道などない。 これは半分正しくて、半分間違っている、というのが私の考えです。 確かに英語学習には何年もの地道な努力が必要ですが、近道はあります。 今までに何 ...

【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法【リスク回避】 2

4回転職してわかったこと 人生は転職で本当に変わる。 転職先は意外な程たくさんある。 ホワイト企業は普通に存在する。 ダメな会社は優秀な人から辞めて行く。 転職に罪悪感は不要。社員に辞められる会社が悪 ...

-ハラスメント系転職, 転職, 転職体験談

© 2020 外資系で10年、英語とか転職とか Powered by AFFINGER5