チームの業績アップ!外国人部下のマネジメントはコミュニケーションが鍵【グローバル人材向けオンライン講座】

チームの業績アップ!外国人部下のマネジメントはコミュニケーションが鍵【グローバル人材向けオンライン講座】

れおん
(はじめに)この記事は案件です。

グローバルマネージャーなら誰もが悩んだことのある外国人部下のマネジメント。

よくある悩み

  • 英語でのマネジメントが大変。
  • 日本の常識が通用せず、カルチャーショックに戸惑う。
  • 外国人部下に指示したことが、そのとおりに実行されない。
  • メンバーが勝手に動くので、ワンチームとして機能していない。
  • 現地社員の士気が低く、どうすればやる気になってもらえるかわからない。

これらすべてを改革し、チームのパフォーマンスを向上させたい。

でも、どこをどう改善すればよいのかがわからない。


各人各様、様々な原因があるのでしょうけれど、コミュニケーションが鍵になることは疑いようがありません。

なぜなら、グローバル多国籍チームのメンバーには、日本の常識や日本人同士の空気読みが期待できないですし、結局は人間と人間、すべての土台となるコミュニケーションを見直さない限り、その先の改善も見込めないためです。

具体的に、チームのコミュニケーションを改善するためには、何が必要でしょうか?

グローバルマネージャーのためのオンライン講座「Managing Global Teams in English」リード文

Aun Communicationの「グローバルマネージャーのためのオンライン講座 Managing Global Teams in English」には、下記のすべてが揃っています。

  • 基本的な考え方(グローバルマインド)
  • 改善プロセスの全体像(マクロ視点)
  • チェックすべき具体的ポイント(ミクロ視点)
  • あなたの状況を落とし込めるワークシート、テンプレート(パーソナライズ)

外国人部下のマネジメントに悩んでいるグローバルマネージャーにとって、本講座はとても有益なものとなっていますので、本記事で紹介したいと思います。

れおん
本記事の最後には、当サイト専用のディスカウントクーポンもあります!

この記事の対象読者

  • 新たに海外赴任するマネージャー
  • 海外で転職/就職するマネージャー
  • メンバー構成に変化がある(増員/減員/入替)グローバルマネージャー
  • 変革を起こそうとしているグローバルマネージャー
  • グローバルマネージャーを志すビジネスパーソン

この記事を書いた人

日本生まれ日本育ちの日本人。英語力をきっかけに外資系に転職し今年で外資系10年目、4社目。英語や転職をテーマにブログを書いています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。

【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法【リスク回避】
【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法

5回転職してわかった10のこと 人生は転職で本当に変わる。 転職先は意外な程たくさんある。 ホワイト企業は普通に存在する。 ダメな会社は優秀な人から辞めて行く。 転職に罪悪感は不要。社員に辞められる会 ...

続きを見る





グローバルマネージャーのためのオンライン講座「Managing Global Teams in English」とは?

概要:外国人部下のマネジメントに悩む人のためのオンライン講座

グローバルマネージャーのためのオンライン講座「Managing Global Teams in English」概要

グローバルマネージャーのためのオンライン講座「Managing Global Teams in English」とは?

講座の概要

海外ビジネスの大きな課題である「コミュニケーション」の改善を通して、グローバルチームのパフォーマンスを高めることを目的とした実践的なオンライン講座。

主な対象者

新任の海外赴任者や、リモートで複数カ国をマネジメントしているグローバルマネージャー。

言語

英語(ごく一部に日本語もあり)
れおん
英語について、本講座を体験してみたところ、特別に難しい表現は使っておらず、英語でチームをマネジメントするにあたり、常識的なレベルでした。英語に不安のある人にとっては、ビジネス英語に慣れ親しむ良い素材にもなっています。

どんな人が作った講座?:異文化コミュニケーション経験豊富なグローバル人材

グローバルマネージャーのためのオンライン講座「Managing Global Teams in English」エミリーさん、八木さん

この講座はエミリーさんと八木さんのお二人によって開発されました。

以下は公式サイトからの引用です。

エミリーさん

イギリスとタイのハーフ。異文化環境で生まれ育ち、ロンドン、ケニア、バンコクでの勤務経験後、シンガポールに移住。シンガポールではDellにて、コミュニケーション円滑化のためのトレーニングを企画・開発・実施。アジアのマネジメント層に欧米人とのコミュニケーションの取り方のポイントをコーチング。ロンドンに戻りAun Communicationを創業。

八木さん

新卒以来12年間サントリーで勤務、国際結婚を機にシンガポールに移住。シンガポールでは出光にてローカルスタッフのマネジメントを経験。その後、ロンドンに移住。ロンドンで米系大手保険グループで勤務後、Aun Communication を創業。

八木さんからは以下のメッセージもいただいています。

「私自身、30歳過ぎまで公私ともに英語をつかう機会はなく(学校以外)、32歳から英語でビジネスをするようになりました。悪戦苦闘を重ねながらも何とか、シンガポールで転職→ロンドンで米国企業へ転職→海外起業と、グローバルパーソンとしての道のりを歩んでおります。同じようにグローバルで勝負するビジネスパーソンをサポートしたいという想いから、本オンライン講座の開発に至りました。」

八木さんはこちらのウェビナーにも登壇している方です(が、↓のサムネのリーゼントの人ではなく、短髪の人の方ですw)。

講座の内容:コミュニケーションを見直すことで、外国人部下のマネジメントを改善する

グローバルマネージャーのためのオンライン講座「Managing Global Teams in English」講座の内容

本講座はオンラインで学習するスタイルで、6つのモジュールで構成されています。

各モジュールは、1週間ごとにアップされるため、1モジュールをしっかり消化しつつ、継続的かつ段階的に学習できる仕組みになっています。

1. Preparation:Global Management Mindset

グローバルチームのメンバーは、育ってきた文化や環境が違うため、日本の常識は通用しません。

まずは、グローバルマネージャーに必要なグローバルマインドセットを身につけます。

2. Reflection:Your Leadership Story

「目的のあいまいな作戦は必ず失敗する。」

これは日本軍の失敗を分析した名著『失敗の本質』の教訓です。

日本軍と同じ失敗を繰り返さないために、自分自身を知り、目指すリーダーシップ像を明確にします。

3. Observation:Mapping The Team

「敵を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず(孫子の兵法)」

チームメンバーやステークホルダーは敵ではありませんが、相手(や自分)を知るという意味では、リーダーシップ論は孫子の兵法にも通じることがあります。

関係者の特徴をミクロ、マクロ両方の視点で把握し、問題点を明らかにします。

4. Planning:Communication Action Plan

準備の最終段階ではコミュニケーションプランを作成します。

プランを作成することで、行き当たりばったりを防ぐとともに、実行後の評価が可能になります。

評価できるということは、改善できることを意味します。

5. Implementation:Engagement Pyramid

プランを作ったら、次は実行です。

3つのツールを用いて、進捗管理と軌道修正をサポートします。

6. Evaluation:Team Journey Health Check

最後は実行した結果を評価します。

ツールを用いたシステマチックなレビューで、永続的にコミュニケーションを改善する仕組みを作ります。

その他:購入者限定のオンラインコミュニティー

上記コンテンツの他に、グローバルマネージャー同士で切磋琢磨できる、オンラインコミュニティにも参加できます。

評判・口コミ:グローバル人材に好評

私の体験談

率直な感想としては「講座全体が体系化されていて、汎用性と再現性が高い講座」だと感じました。

理由は、下記の3点です。

  1. 各モジュールの構成に一貫性がある(ケーススタディー→レクチャー→エクササイズ)
  2. エクササイズで自分ごとに置き換えれる
  3. ワークシート、テンプレート等のツールがついている

特に良いと思ったのは「3」のツールですね。

これらのツールに自分の状況を当てはめて行けば、自然に問題点と改善点がわかるようになっているので、

成果を出したいグローバルマネージャーにとっては、汎用性と再現性がともに高い講座だと感じました。

補足:私自身の外資系体験と重なったこと
もう1つ、モジュール2の「Reflection:Your Leadership Story(自分を知る)」は、私自身の外資系経験からも非常に共感できるものでした。

それは、性格の大人しい、内向的な、オーストラリア人のグローバルマネージャーと出会ったときのことです。

当時の私は、リーダーというものは明るく元気で、外向的な人がやるもの、という固定観念にとらわれていたのですが、

彼のプロジェクトはとてもよくオーガナイズされていて、進捗も順調でした。

私自身は内向的なタイプなので、彼と自分が重なるところが多々あり、

あれ?リーダーって自分にもできるかも?

内向的な人間には、その人なりのやり方があるんだ、

無理に外向的に振舞う必要はないし、自分の特徴を活かして、自分なりのリーダー像を作って行けばいいんだ、

と思えるようになったきっかけでした。

自分にできないことを無理にやっても空回りするだけですし、無計画に行き当たりばったりにやるのではなく、エクササイズやツールを通じて、自分専用のリーダーシップ像を作れることは、本講座のとても良いところだと思いました。

■注意点

一方で、あらかじめ、あなたにお伝えしておいた方がいいと思った注意点もあります。

それは、ケーススタディーやエクササイズには、答えが用意されていないということです。

なぜなら、ケーススタディーもエクササイズも、あなた自身で思考を整理・深化していただくためのフレームワークであるとともに、

「セルフ・コーチング」を促し、その力を養うものとして用意されているためです。

少し考えると、それは当然のこととしてご納得いただけると思います。

と言うのも、マネジメントのスタイルは、マネージャー自身やチームの特徴(強みや弱み)によっても変わってきますし、

置かれている状況(抱えている問題点、目指すゴール、ステークホルダーの思惑)によっても変わってくるからです。

したがって、本講座の受講に際しては、万人に共通の答えを期待するのではなく(一般化しようとするのではなく)、

ワークシートやテンプレートにあなた自身のことを落とし込み、自分なりのマネジメントスタイルを確立(パーソナライズ)するつもりで臨んでいただければと思います。

そうすることで、「期待していた講座と違った」という様な、ミスマッチを回避できるためです。

他の方の評判・口コミ

れおん
公式サイトに他の方の感想もあったため、以下に引用します。

■Sさん(メーカー、米国駐在中)

  • 自身のコミュニケーションだけでなく、マネージャーとしてチーム全体のコミュニケーション改善に取り組むことができた。
  • 米国赴任後すぐに受講したが、現地での人間関係構築に大いに役立った。
  • レクチャーで学んだことをエクササイズで自ら置かれた状況に落とし込むプロセスが非常に実践的だった。

■Nさん(商社、中国駐在中)

  • 赴任地でのメンバーをはじめとする利害関係者とのコミュニケーションの改善方法を体系立てて学ぶことができた。
  • 現地法人を経営する身として、リーダーとしての考え方ややるべき事が明確になった。
  • ケーススタディが非常にリアルで自分事化しやすかった。

料金・申込方法・返金対応:ディスカウントクーポンあり

料金

コース 基本パッケージ 基本+グループコーチング
料金 49,800円 149,800円
コンテンツ ●オンライン講座モジュール1〜6
・ 6 × レクチャー動画
・ 6 × ケーススタディ
・ 20 × テンプレート/ワークシート

●オンライン・コミュニティー

●オンライン講座モジュール1〜6
・ 6 × レクチャー動画
・ 6 × ケーススタディ
・ 20 × テンプレート/ワークシート

●オンライン・コミュニティー

●グループコーチング
・ モジュールに沿って計6回
・ 1回のセッションは最大3名

申込方法

れおん
下記リンクから申込みできます。

ディスカウント

上記リンクは、開発者の八木さんのご好意で、当ブログ経由専用のディスカウントリンクになっています。

返金対応

れおん
以下、公式サイトからの引用です。

グローバルマネージャーのためのオンライン講座「Managing Global Teams in English」返金対応

(まとめ)外国人部下のマネジメントはコミュニケーションが鍵

「Managing Global Teams in English」とは?

  • 概要:外国人部下のマネジメントに悩む、グローバルマネージャーのためのオンライン講座
  • 開発者:異文化コミュニケーション経験豊富なグローバル人材
  • 内容:コミュニケーションを見直すことで、外国人部下のマネジメントを改善する
  • 評判・口コミ:多くのグローバル人材から好評
  • 料金:基本パッケージ49,800円、基本+グループコーチング149,800円
  • 申込:当サイト専用のディスカウントクーポンあり
  • 返金:メールにて可能

ディスカウント

上記リンクは、開発者の八木さんのご好意で、当ブログ経由専用のディスカウントリンクになっています。
価格満足度No1
  • この記事を書いた人

れおん

日系企業を3年未満で退職し、外資系10年以上(4社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-グローバルマネージャー, 働き方, 転職

© 2021 外資系歴10年以上、英語とか転職とか Powered by AFFINGER5