英語の勉強におすすめの教材:厳選12の本・動画・アプリ【難易度・効果付】

更新日:

英語の勉強におすすめの教材:厳選12の本・動画YouTube・アプリ【難易度・効果付】.jpg

突然ですが、まずはこちらのツイートをご覧ください。

この記事は、このツイートの続編です。

普通の日本人である私が、どのようにして、ハーバード大学の哲学の講義を、9割聞き取れるようになったのか?

その過程を振り返り、私がやって本当に効果があったもの、心からおすすめできるものに厳選して、教材を紹介します。

この記事を読んでわかること

  • 普通の日本人が、ハーバード大学の哲学の講義が9割聞き取れるまでにやったこと。
  • 英語の勉強におすすめ!厳選12の本・動画/YouTube・アプリ。
  • それぞれの難易度、おすすめポイントなど。

この記事を書いている私は、今年で外資系歴9年目になり、日々グローバル企業で、世界中のネイティブ、非ネイティブと英語で仕事をしています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。

英語について、少しくらい語っても、許してもらえる経験値はあるのかなと思っています。

英語の勉強におすすめ!厳選12の教材

英語の勉強におすすめの本(6つ)

難易度:基礎・初級〜中級 | 効果:文法力⤴︎

ハートで感じる英文法 + 会話編

“ここがおすすめ”

  • 今まで苦手だった文法が得意分野に変わる。
  • 必要十分な情報がコンパクトにまとまっていて、読むのが楽。
  • 今後、文法では二度と困らなくなる(私の場合、外資系に転職して9年目まで一度も困ってません)。

『ハートで感じる英文法』と『ハートで感じる英文法 会話編』は、私の英語人生を変えた2冊です。

ハーバード大学の哲学の講義が、9割聞き取れるようになった。その道を振り返ると、この2冊が原点でした。

なぜなら、文法を理解していなければ、英会話など他の分野を勉強しても、効率よく成長できないからです。


例えば、各分野の能力が、文法との掛け算だとしましょう。

悪い例だと、下記のとおり、合計20点。

  • 文法 1点 x スピーキング 5点 = 5点
  • 文法 1点 x リスニング 5点 = 5点
  • 文法 1点 x ライティング 5点 = 5点
  • 文法 1点 x リーディング 5点 = 5点

良い例だと、下記のとおり、合計100点。

  • 文法 5点 x スピーキング 5点 = 25点
  • 文法 5点 x リスニング 5点 = 25点
  • 文法 5点 x ライティング 5点 = 25点
  • 文法 5点 x リーディング 5点 = 25点

文法を理解すれば、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング、全ての勉強効率、成長効率が上がります。


なお、おすすめポイントの繰り返しになりますが、この2冊で必要な情報は十分にカバーできています。

世の中には、他にも文法教材がありますが、この2冊より情報量の多い文法教材は、私に言わせると、過剰学習です

文法はこの2冊で十分。

世界100都市を旅し、外資系で9年目になる私が、自身の経験から断言します。

文法はこれで終わりにして、早く次に行きましょう。

1冊数時間で読めるので、休日なら1日で2冊読めます。

この1日で、未来が変わります。

アマゾンのレビュー評価も良いので、他の方のコメントも参考にしてみてください。

▼詳細記事はこちら

難易度:基礎・初級〜中級 | 効果:語彙力・スピーキング力・リスニング力⤴︎

英単語・英熟語ダイアローグBasic1200 + 1800

“ここがおすすめ”

  • 1話が見開き1〜2ページで、短く続けやすい。文脈の中だから、単語が覚えやすい。
  • 日常生活から社会問題まで、幅広い語彙力(+知識)が身につく。
  • 外資系グローバル企業転職後、語彙で一度も困らなくなった。

『英単語・英熟語ダイアローグBasic1200』と『同1800』の2冊は、文法に続く、私の原点です。

ハーバード大学の哲学の講義が理解できるまでの道は、その9割が『ハートで感じる英文法』2冊+この『英単語・英熟語ダイアローグ』2冊の、合計4冊、と言っても、過言ではありません。

とにかく、この4冊を真剣にやったことで、私の英語力、ひいては、人生が、本当に変わりました。

↑本田圭佑さんのシャドーイング

具体的には、『英単語・英熟語ダイアローグ』を、とにかくシャドーイングすることをおすすめします。

シャドーイングとは、英語音声を聴きながら、影のように少し遅れて、真似しながら、音読する勉強方法です。

これにより、英語独特のリズムとアクセントが身につき、自然にリスニング力とスピーキング力が上がって行きます。

(↑の本田さんは、音声だけでやっていますが、最初はテキストを見ながらやることをおすすめします。)

私の場合、『英単語・英熟語ダイアローグBasic1200』と『英単語・英熟語ダイアローグ1800』を、約1年かけて、最低でも50回ずつシャドーイングしました。

この1年で、本当に人生が変わりましたし、この1年が英語の成長の9割だったと思います。

英語は独学でも全然いける。

まず『ハートで感じる英文法』で文法をしっかりやって、その後『英単語・英熟語ダイアローグ』でひたすらシャドーイング。

ハーバード大学の哲学の講義を聞き取れるまでの道のりは、ここまでで9割です。

『英単語・英熟語ダイアローグ』は、アマゾンのレビュー評価も良いので、他の方のコメントも参考にしてみてください。

▼詳細記事はこちら

(ここまでの9割は、私の経験上、量が必要=ある程度がむしゃらにやるフェーズの話でした。)

(一方、残りの1割は、質を意識していくフェーズとなります。)

(ここからは、その1割の、質の話です。)

難易度:基礎・初級 | 効果:発音力・リスニング力⤴︎

英語耳 発音ができるとリスニングができる

“ここがおすすめ”

  • 発音の全体像が理解できる。
  • 発音を理解することで、リスニングの精度も一挙両得に上がる。
  • 知っている単語のはずなのに聞き取れない、ということがなくなる。

発音とリスニングは、密接に関連しています。

なぜなら、発音できる=発音を理解している=聞き取れる、という等式が成立するためです。

逆に言うと、発音できない=発音を理解していない=聞き取れない、という等式も成り立ちます。


「知っている単語のはずなのに、聞き取れなかった」という現象は、(単語のスペルと意味は知ってるけれど、)発音をちゃんと理解していないから起こってしまうんです。

『英語耳 発音ができるとリスニングができる』で発音を補強すれば、そういう現象がなくなります。

シャドーイングだけでは拾いきれない、もっと細かな、精度の高いリスニングができるようになるんです。


有名どころだと、She と See の違いがあります。

過去の私はどちらも「シー」としか認識してませんでしたが、『英語耳 発音ができるとリスニングができる』のおかげで、はっきり違いがわかるようになりました。

遊びで海外のYouTubeを見てて、この違いが何気なく聞き取れた時は、自分の成長がうれしくて、ついついニヤッとしてしまうほどです。

『英語耳 発音ができるとリスニングができる』は、アマゾンのレビュー評価も良いので、他の方のコメントも参考にしてみてください。

▼詳細記事はこちら

難易度:中級 | 効果:語彙力・リスニング力・スピーキング力⤴︎

CNN English Express

“ここがおすすめ”

  • 著名人のインタビュー音源(台本なしの汚い英語=現実世界でよく聞く英語)を聞ける。多様な発音への対応力がつく。
  • 考えながら話している人の英語から、英文構築のヒントが得られる=ネイティブの感覚が盗める。
  • リスニングとスピーキング両方のコツがわかる。

「知っている単語のはずなのに、聞き取れなかった」という現象には、もう1つ原因があります。

それは、相手の発音にクセがある場合です。

日本語でも同じですが、人それぞれ、声質、話し方、発音にクセがあって、全員がアナウンサーみたいに発声できるわけではないですよね。

英語も全く同じで、CNNやBBCのアナウンサーの英語は、綺麗すぎるという意味で、かなり特殊。そういう英語ばかり聞いていても、現実の世界では通用しません。

なので、私たちは、普通の人の、多様な発音に慣れていく必要があるわけです。そのリスニング素材として最適なのが、著名人のインタビュー音源です。


ところで、インタビュー音源は、スピーキングにも効果があるためおすすめです。

なぜなら、考えながら話してる人の、間の取り方、英文の切れ目、そこに英文構築のヒントがあるからです(ネイティブの感覚が盗めます)。

言うまでもなく、文法を理解していることが前提となります。

文法をわかっていれば、なぜそこで間を取るのかが手に取るようにわかり、次にどんな言葉、文型が続くのかも予想できるようになる。

ひいては自分が英語を話すとき、どんな語順で何を話せばいいのかが、自然に浮かんでくるようになる。

こういった理由で、文法はめちゃくちゃ大事です。

YouTubeという選択肢もあり

インタビュー音源は、YouTubeで「人名 interview」で検索すれば無料で聞くことができます。

ただし、CNN English Expressのような、和訳や語彙のサポートはありませんので、中級者、上級者向けではありますが。

ご自身のニーズに応じ、CNN English ExpressまたはYouTubeを使い分けてみてください。

▼詳細記事はこちら

英語の勉強におすすめの動画/YouTube(4つ)

難易度:中級~上級 | 効果:リスニング力・スピーキング力・発音力⤴︎

TED Talks 1000本ノック


“ここがおすすめ”

  • 世界一流のスピーカーのプレゼンで、楽しみながら英語学習ができる。
  • 非ネイティブスピーカーもいるため、多様な英語の発音に慣れることができる。
  • TED Talksを1000本以上見たら、グローバル企業の電話会議で困らなくなった。

TED Talksも動画での英語学習の定番中の定番です。

YouTubeにもたくさんのTED Talksがありますが、字幕の充実度の観点から、↑に貼ったようなTED Talks公式サイトの方がおすすめです。


私は、自分のリスニング力を、もうワンランク上げるため、TED Talks 1000本ノックというものをやりました。

中級者〜上級者向けではありますが、TED Talksを1000本見たら、必ずリスニング力が上がります。

実際、私は、グローバル企業の電話会議でリスニングに苦労していた問題を、TED Talks 1000本ノックをやることで克服することができました。


TED Talksを1000本も見るのは大変そうと思うかもしれませんが、私としては、何かをがんばったという感覚はありません。

TED Talksの内容がおもしろくて、気づいたら、英語のためというより、好きだから見る、楽しいから見る、見たいから見る、っていうポジティブスパイラルにハマっていたんです。

TED Talks 1000本ノックをやっていなかったら、ハーバード大学の哲学の講義は、聞き取れなかったと思います。

それくらい、TED Talks 1000本ノックには効果があると、自信を持っておすすめします。


ただし、繰り返しになりますが、中級者〜上級者向けである点はご承知おきください。

本記事で言うと、最初に紹介した下記6つの教材を理解していることが前提となります。

  • ハートで感じる英文法
  • ハートで感じる英文法 会話編
  • 英単語・英熟語ダイアローグBasic1200
  • 英単語・英熟語ダイアローグ1800
  • 英語耳 発音ができるとリスニングができる
  • CNN English Express

TED Talks 1000本ノックは、階段の最後の一段。

TED Talks 1000本ノックの先に、ハーバード大学の哲学の講義が聞き取れる世界が待っています。

なお、参考までに、TED Talksを1000本以上見た私が、10本に厳選したおすすめのスピーチ/プレゼンを、以下の記事にまとめています。

TEDを1000本以上見た私がおすすめ:隠れた名プレゼン10選【日本語・英語字幕あり】
TEDを1000本以上見た私のおすすめ▶︎隠れた名プレゼン10選【日本語・英語字幕あり】

この記事を書いている私は、TEDが好きで、今までに1000本以上のTED Talksを見てきました。 100本なら、がんばれば見れるかもしれませんが、1000本は、好きじゃないと見れないですよね。 英 ...

続きを見る

▼ハーバード大学の哲学の講義が9割聞き取れるようになるまでの道のり

このテーマに関していうと、ここまでが私の答えです。

軽くおさらいすると、基礎が下記の2つ。

  • 『ハートで感じる英文法』で文法という基礎を固める。
  • 『英単語・英熟語ダイアローグ』をシャドーイングして、英語のリズムとアクセントを覚える。

応用が下記の2つ。

  • 『英語耳 発音ができるとリスニングができる』で発音を理解し、リスニング力を補強する。
  • 『CNN English Express』やYouTubeのインタビュー音源で、多様な英語を聞き、リスニング力を補強する。

最後の仕上げが下記の1つ。

  • 『TED Talks』1000本ノックで、ネイティブ、非ネイティブ混在の、世界トップのプレゼンを聞きまくる。

あくまで私の場合は、という条件付きではありますが、

これらをやったことで、日本で生まれ、日本で育ち、帰国子女でも留学経験者でもない、私のような普通の日本人でも、ハーバード大学の哲学の講義が9割聞き取れるようになりました。

少しでも参考になれば幸いです。


さて、本記事はおすすめの教材「12選」のはずでしたが、まだ、7つしか紹介していませんでした。

ここから先は、残りの5つ。

YouTubeもスマホアプリも、私が真剣に英語を勉強していた2000年代前半にはありませんでした。

あの時、これがあったら、これもやりたかった、という視点で選んだ、最新のおすすめ5教材です。

難易度:基礎・初級 | 効果:発音力・リスニング力⤴︎

YouTubeの『あいうえおフォニックス』


“ここがおすすめ”

  • アリーとフィジーのかわいいアニメで、楽しく英語が勉強できる。
  • 口の形や、舌の位置を、アニメで見せてくれるのがわかりやすい。
  • 発音の仕組みが理解できる=リスニングの精度も同時に上がる。

YouTubeの『あいうえおフォニックス』公式チャンネルは、一見子供向けに見えますが、大人が見ても勉強になります。

むしろ、発音は難しいって思い込んでいる大人にとっては、子供向けにわかりやすく説明してくれるところが、とてもわかりやすいです。

先に紹介した英語耳と合わせると、相乗効果があります。

同じ発音のことであっても、違う素材の、違う説明を聞くことで、複数の視点が得られ、理解が深まるためです。

難易度:中級 | 効果:発音力・スピーキング力・リスニング力⤴︎

YouTubeの『English with Lucy』


“ここがおすすめ”

  • イギリスの英語ネイティブ講師から、無料で英語を学べる。
  • 発音がとても綺麗。本場イギリスの発音に馴染める。
  • 英語学習者が間違いやすいポイントを、サクサク理解できる。

English with Lucyは、英語の本場イギリスのプロの英語講師、ルーシーさんのYouTubeチャンネルです。

2019年5月時点で、チャンネル登録は約200万人。コメント欄を見ると、世界中の英語学習者が見ている超人気動画であることがわかります。

例えば、この動画は、英語ネイティブかつプロの英語講師だからこその視点で、英語学習者が発音を間違えがちな単語を10個ピックアップ。

正しい発音を、5分未満の動画にまとめてくれています。

同じ5分の勉強でも、English with Lucyは効率良すぎ。

ルーシーさんの動画は私もお気に入りで、暇なときにちょくちょく見ています。

難易度:中級~上級 | 効果:発音力・スピーキング力・リスニング力⤴︎

YouTubeで「人名 + Interview」検索


“ここがおすすめ”

  • YouTubeなら無料で英語の勉強ができる。
  • 「人名 + Interview」で検索すれば、自分の好きな人の英語で、楽しく勉強できる。
  • 英語を楽しむ習慣が身につき、結果的に英語力がアップする。

繰り返しになりますが、YouTubeでは、「人名 + Interview」で検索すると、著名人の英語インタビュー音源を無料で聞くことができます。

↑に貼った動画は、「paul maccartney interview」で検索しました。

これの良いところは、自分の好きな人=興味のある人の英語を聞けること。

英語を楽しむ→英語に触れる時間が増える→英語力もその分アップする、と言うロジックが成り立つため、英語を楽しむ方法を自分なりに作っていくことはとても重要です。

その一つに、YouTubeでの「人名 + Interview」検索はおすすめです。

あなたの好きな人の英語で、英語を楽しんでください。

▼詳細記事はこちら

英語の勉強におすすめのアプリ(2つ)

難易度:基礎・初級〜中級 | 効果:語彙力・スピーキング力・リスニング力⤴︎

スタディサプリ日常英会話コース

通常

(先にデメリットをお伝えしておくと、このアプリは有料アプリです。)

“ここがおすすめ”

  • 外資系9年目の私が「やばい、追い抜かれる」と危機感を感じた。
  • スピーキング、リスニング、発音矯正など、英会話上達に必要なトレーニングがスマホ一台でできる。
  • 単語クイズ、内容理解クイズなど、ゲーム感覚で楽しく英語が学べる。

スタディサプリ日常英会話コースは、私がこれから英語を勉強するとしたら、絶対に使いたいアプリです。

細かな機能は公式サイトにゆずるとして、ここでは私の体験談を簡潔に。

大人気なく、ちょっとムキになってやってしまいました。

これは結構すごいことで、英語学習の一番のハードルは続けることだと思うんですけど、このアプリはその壁を自然に超えられるような設計になっているんです。

正直、私は、ちょっと使ってみるか、という軽い気持ちで、無料体験しただけで、あまり何時間もやるつもりはなかったのですが、

ちょっとやってみたら、おもしろくて、

また、自分が設定した目標学習時間をクリアしたくて、

つい、ムキになってやっていた。

やられたというか、はめられたというか、よくできたアプリだなと思いました。

やる気がなかったのに、ついやってしまったのだから、やる気がある人だったら、もっとやれると思います。

英語=勉強 → 英語=ゲーム

このアプリなら英語をゲーム化し、楽しみながら英語学習ができます。

詳しくは、公式サイトまたは詳細記事をご覧ください。

スタディサプリENGLISH日常英会話コースの公式サイト(無料体験)はこちら▶︎

満足度86%!継続率91%!日常英会話アプリならスタディサプリENGLISH
満足度86%!継続率91%!日常英会話アプリならスタディサプリENGLISH

スマホアプリで英語を独学したい方には、スタディサプリENGLISHがおすすめです。 1回3分~なので忙しいビジネスマンやママでも隙間時間にできますし、 発音チェック機能を含むコンテンツは、質・量ともに ...

続きを見る

難易度:基礎・初級~中級 | 効果:TOEICスコア・語彙力・文法力⤴︎

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース

スタディサプリ ENGLISH

(先にデメリットをお伝えしておくと、このアプリは有料アプリです。)

“ここがおすすめ”

  • TOEICのスコアアップに必要な勉強が、スマホでできる。
  • TOEIC 990満点講師の神講義動画がわかりやすい。語彙や文法のコンテンツも充実。
  • TOEICスコア●00点アップの報告が続出。

『スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース』は、TOEICスコアアップを狙う人にとっては神アプリです。

7日間の無料体験をしてみて、私が840点(2007年)を取るまでにやってきた勉強が、そのまま、いや、それ以上の充実度で、スマホ1台に詰まっていることがわかったからです。

TOEICを受けたことがある方ならご存知だと思いますが、TOEICって、問題が全て聞き取れなくても、読めなくても、正解することはできますよね。

つまり、TOEICの問題には解き方のコツがあるわけです。

このアプリは、語彙や文法のコンテンツで英語力の底上げをしつつ、問題の解き方のコツがわかるように設計されているので、TOEICスコアを短期間でアップさせたい方は、絶対に使った方が良いです。

7日間の無料体験からできますので、実際に体験してみてください。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの無料体験はこちら▶︎

TOEIC対策なら絶対にスタディサプリENGLISH!【●ヵ月で●00点アップは可能】
TOEIC対策なら絶対にスタディサプリENGLISH!【●ヵ月で●00点アップは可能】

TOEICスコアを短期間でアップさせたい方へ。 1ヵ月で250点アップとかできたらいいですよね。 スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースは、それを可能にする神アプリです。 この記事では、私 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

K

日系企業を3年未満で退職し、外資系9年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-最初に読んでほしい10記事, 英語勉強法

Copyright© 外資系9年目、英語とか転職とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.