Bizmates(ビズメイツ)のレベルチェックを現役外資系社員が受けてみた【オンライン英会話】

Bizmates(ビズメイツ)のレベルを現役外資系社員がチェック

とんかつ
Bizmates(ビズメイツ)のレベルは、初心者でもついていける?上級者でも退屈しない?
レベルチェックテストは厳しく判定されるって本当?
やきとり

この記事を読んでわかること

  • レベルチェックテストを現役外資系社員が受けてみた結果
  • Bizmates(ビズメイツ)が初心者にも上級者にもおすすめできる理由

この記事を書いた人

今年で外資系歴10年目、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICは対策なしで915(2019年)。独学でここまできた経験を、日本人英語学習者のために共有しています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。

失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC
失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ x TOEIC

英語学習には、何年もの地道な努力が必要で、近道などない。 これは半分正しくて、半分間違っている、というのが私の考えです。 確かに英語学習には何年もの地道な努力が必要ですが、近道はあります。 今までに何 ...

続きを見る





Bizmates(ビズメイツ)のレベルチェック

現役外資系社員がレベルチェックを受けてみた

Bizmates(ビズメイツ)のレベルを知るために、無料体験レッスンを受けてきました。

無料体験レッスンは、1回、25分で、その内容は、下記の3部構成でした。

  1. レベルチェック
  2. フィードバック
  3. レッスン体験

参考までに私の英語力と、Bizmatesのレベル設定を、以下に折りたたみました。これくらいの英語力の人が、これくらいの判定になった、という一つの参考基準になれば幸いです。

参考:私の英語力
  • レベル:中級(自己評価)
  • 経験:外資系10年以上で世界中のネイティブ、非ネイティブと英語で仕事ができる。ネイティブ、帰国子女、留学経験者のレベルには達していない。
  • 得意:文法と語彙力には自信あり(ビジネス経験と洋書多読経験から)。発音や文法が多少間違っていても相手に通じればいい、という図太さもある。
  • 苦手:発音。発音が間違っていても(リズム、アクセント、文法が合っていれば)けっこう相手に通じる、という経験に甘え、自分の発音がよくないのを知っていながら放置してきた。
  • TOEIC:915点(2019年)
  • 最近:メディカルライターとして、直接英語で文書を作成。英→日、日→英の翻訳も業務範囲に含む。
参考:Bizmatesのレベルは5段階設定
Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトによると、レッスンのレベルは以下の5段階に分かれています。

レベル レッスン内容
レベル1 中学英語で学んだ文法を復習しつつ、ビジネス英会話で必要となるベース知識を身につけます。何回も繰り返して言うことで、自然に話せるようにレッスンを行います。
レベル2 ビジネスの同僚、顧客、上司、部下等との間でよくあるビジネス・シーンを想定し、トレーナーとのロールプレイを通じて英語でのコミュニケーションスキルを高めます。
レベル3 「問題解決」、「意思決定」、「数字説明」等のテーマにおいて、実践力を高めるためのロールプレイや、簡単なディスカッションを通じて、ビジネスで必要なコミュニケーションスキルを高めます
レベル4 日本人と外国人との間における文化や価値観の違いから生まれる身近な問題について取り上げたケーススタディを用いて、ディスカッションを中心にレッスンを行います。
レベル5 自分に関連のあるテーマ、ビジネス論文を用いてディスカッションを行い、ビジネスに対する考え方、知識、人間性を高めることにフォーカスします。

ぱっと見の印象として、

  • レベル1に「中学英語で学んだ文法を復習しつつ」とあるので、初心者でも始めやすそう。
  • レベル3の「コミュニケーションスキルを高めます」は、すでに英語はクリアした前提なのでしょうか。
  • レベル5の「人間性を高める」は、完全に英語はクリアした前提ですかね。かなりレベル高そう。

レベルチェックの結果とフィードバック

私のレベルチェックの結果は、レベル3でした。

これは正直ショック。。。

レベルチェックテストは、言葉に詰まることもなかったし、文法もミスらなかっったし、講師もすごくほめてくれたし、最低でもレベル4くらいは行くと思っていたのですが。。。

以下は、講師からのフィードバックです。

Bizmates(ビズメイツ)レベルチェックのフィードバック

フィードバックの弱み「文章自体に抑揚があまりなく、長く話しているとフラットなトーンに聞こえる」は、英語力というか、人間性の問題のような気が 苦笑

確かにこれは当たっていて、日本語を話すときも、私にはこういうところがあると、自分でも感じます。

無理して自分の性格を変えるのもどうかと思いますが、ビジネスの場においては、多少の演技というか、相手に好印象を与えるための努力は、してもいいのかなと思いました。

一方で、アドバイスの「複数の単語のグルーピング」、「センテンスの自然な区切り」っていうのは、できてたと思うので、なぜこのフィードバックがきたのか正直疑問。

■いただいたコメントを受けての追記

※2019年6月:「フィードバックは参考程度」で受け止めるのがいいかなと思います。

※2021年2月:ビズメイツは比較的に良い方ですが、それでもフィリピン人講師の限界があるのは事実。ネイティブ講師のようなフィードバックは期待できません。

レベルチェックはかなり厳しく判定される

そうは言っても、レベル3という結果がショックだったので、「ビズメイツ レベルチェック 結果」で検索してみたところ、だいたい8〜9割の人がレベル1か2と判定されるようでした。

Bizmates(ビズメイツ)のレベルチェックはかなり厳しめに設定されているようなので、仮にレベル1〜2だったとしても、あまり落ち込む必要はなさそうです。

私も、フィードバックは参考にしつつも、レベル3という結果を必要以上に悲観しないようにします。

Bizmates(ビズメイツ)は初心者から上級者まで対応

Bizmates(ビズメイツ)は初心者にも対応

私が無料体験したのはレベル3のレッスンだったので、初心者の方が始めるであろうレベル1のレッスンは経験できませんでした。

しかし、レベル1の内容は、本記事の最初で見たとおり、中学英語から復習する設定になっています。

レベル1の内容

中学英語で学んだ文法を復習しつつ、ビジネス英会話で必要となるベース知識を身につけます。何回も繰り返して言うことで、自然に話せるようにレッスンを行います。

また、Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトで、レベル1の教材を見る限り、初心者の方でも安心して始められる内容になっていました。

教材の実物を見てみたい方は、公式サイトで確認してみてください。

メモ

教材ページを見ると、もちろんビジネス英語が中心なのですが、Small Talksというレッスンジャンルが目につきました。

これはいわゆる日常会話で、Cars, Travel, Music, Dogs, Hobbiesなど全20種類のトピックで構成。

Bizmates(ビズメイツ)はビジネス英語「だけ」をやるスクールだと思っていたので、意外でした。

Bizmates(ビズメイツ)は上級者にも対応

現役外資系社員の私がレベル3で、最高はレベル5なので、Bizmates(ビズメイツ)には上級者の方でも十分に学べる環境が整っています。

私の印象だと、英語の勉強をするのはレベル1と2くらいまでで、

レベル3以降は、基本的な英語はできて当たり前という前提で、英語の効果的な使い方を学んでいくのかなと。

英語はあくまでもツール。

本当に大切なのは、英語を使って何をするか。

そのことに改めて気付かされた、無料体験レッスンでした。

メモ

教材ページを見ると、レベル4〜5にSocial Issuesというレッスンジャンルがありました。

レッスンのテーマは、Greying societies, Wealth & status, Immigration reformなど全20種類。

ハイレベルクラスにおいても、Bizmates(ビズメイツ)はビジネス英語「だけ」をやるスクールではないようです。

Bizmates(ビズメイツ)の公式サイト・無料体験はこちら▶︎

まとめ

まとめ

  • Bizmates(ビズメイツ)のレベルは5段階。
  • レベルチェックはかなり厳しめに判定される(ので必要以上に落ち込まないように!)。
  • Bizmates(ビズメイツ)は初心者から上級者まで対応。



■英語TOPページ

失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC
失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ x TOEIC

英語学習には、何年もの地道な努力が必要で、近道などない。 これは半分正しくて、半分間違っている、というのが私の考えです。 確かに英語学習には何年もの地道な努力が必要ですが、近道はあります。 今までに何 ...

続きを見る

■転職TOPページ

【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法【リスク回避】
【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法

5回転職してわかった10のこと 人生は転職で本当に変わる。 転職先は意外な程たくさんある。 ホワイト企業は普通に存在する。 ダメな会社は優秀な人から辞めて行く。 転職に罪悪感は不要。社員に辞められる会 ...

続きを見る




価格満足度No1
  • この記事を書いた人

れおん

日系企業を3年未満で退職し、外資系10年以上(4社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-オンライン英会話, ビズメイツ(Bizmates), レベルチェック, 英語, 英語スクール

© 2021 外資系歴10年以上、英語とか転職とか Powered by AFFINGER5