オンライン英会話:Camblyキャンブリー体験談【+講師・料金・おすすめの人】

オンライン英会話:Camblyキャンブリー体験談【講師・料金・おすすめの人】

Sushi K
この記事は、Camblyキャンブリーを検討している方に向けたものです。

私は2022年1月から、オンライン英会話のCamblyキャンブリーを始めました。

その理由は、仕事柄、英語で会議を主催する機会があり、もう少しスマートに、かつ自信を持って英語での会議を運営したいと思ったためです。

実は、この英語系ブログを運営するにあたり、オンライン英会話は10社以上、片っ端から無料体験しているのですが、

実際に自分のために有料レッスンを始めたのは、このCamblyキャンブリーが初めてになります。

この記事では、私がCamblyキャンブリーを選んだ理由や、実際にレッスンを受け、継続している中で感じた体験談を紹介して行きます。

オンライン英会話を、その中でもCamblyキャンブリーを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

外資系歴10年以上になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICは915(2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、私と同じ普通の日本人のために、英語と転職をテーマにブログを書いています。(詳細プロフィールはこちら▶︎)。

失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC
失敗しない英語学習法:基礎・独学・オンライン英会話・コーチング・アプリ x TOEIC

英語学習には、何年もの地道な努力が必要で、近道などない。 これは半分正しくて、半分間違っている、というのが私の考えです。 確かに英語学習には何年もの地道な努力が必要ですが、近道はあります。 今までに何 ...

続きを見る





Camblyキャンブリーとは?

オンライン英会話のCamblyキャンブリーとは?

Camblyキャンブリーと他社の違い

主な違い3点

  1. 英語ネイティブ講師しかいない
  2. 復習用にレッスンが自動で録画される
  3. 予約なしでレッスンが受けれる

英語ネイティブ講師しかいない

Camblyキャンブリーの講師は全員が英語ネイティブです。

具体的には、アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、スコットランド、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなど、世界各国から多様な講師が揃っています。

多様な英語に触れられることはリスニング力の向上に役立ちますし、その国ならではの事情を英会話の中で知れることはシンプルに楽しいです。

講師の中にはTESOLなどの英語教師の資格を持っている人も多く、講師の質も信頼できます。

復習用にレッスンが自動で録画される

Camblyキャンブリーのレッスンは、自動で録音され、自分専用のページで何度でもレッスンを復習することができます。

正直に言うと、他のオンライン英会話であっても、自分で勝手にPCやスマホの画面を録画することはできますが、講師の同意なしに勝手に録画するのは、マナーとしてよくないですよね。

自分がそれをやられたら嫌ですし、毎回講師の同意を得るのも面倒です。

しかし、Camblyキャンブリーではスクールの方針として録画機能があるので、これらを心配する必要がありません。

予約なしでレッスンが受けれる

Camblyキャンブリーは予約なしで、本当にワンクリックで、いつでも世界中のネイティブ講師とレッスンができます。

正確に言うと、ネイティブキャンプにも予約なし制度はありますが、予約不要のオンライン英会話スクールの方が希少なため、Camblyキャンブリーの特徴としてあげても良いのかなと思います。

もちろん、お気に入りの講師がいる場合は、レッスンの予約をすることもできます。

▶︎Camblyキャンブリーの公式サイト・無料体験はこちら

Camblyキャンブリーのコース(カリキュラム)

オンライン英会話のCamblyキャンブリーのコース(カリキュラム)

主なコース(大分類)

  1. 基礎英会話
  2. ビジネス英会話
  3. 自己表現
  4. 試験対策

基礎英会話

  • トピック:基礎会話、意見交換、現代生活、旅行など
  • レッスン数:70以上
  • 対象:主に初心者(一部、中級者および上級者用あり)

ビジネス英会話

  • トピック:仕事とキャリア、プレゼンテーション、面接、スタートアップ、アカデミア、パブリックスピーチなど
  • レッスン数:60以上
  • 対象:主に中級者、上級者(一部、初心者用あり)

自己表現

  • トピック:テクノロジー、環境問題、心と体の健康、映画やテレビ、子育て、オリンピックなど
  • レッスン数:50以上
  • 対象:主に中級者、上級者(一部、初心者用あり)

試験対策

  • トピック:IELTSとTOEFL
  • レッスン数:40以上
  • 対象:初心者、中級者、上級者の全レベル

▶︎カリキュラムの具体的な内容はCamblyキャンブリーの公式サイトで確認できます

Camblyキャンブリーの料金

オンライン英会話のCamblyキャンブリーの料金

料金の変動要因

  • 1日あたり:15分、30分、60分
  • 1週あたり:1日、3日、5日、7日
  • 学習期間:1ヶ月、3ヶ月(15%割引)、12ヶ月(35%割引)

Camblyキャンブリーの料金は上記のパラメーターで変動します。

最短の1日15分、週1日、1ヶ月だと、約3,000円/月

最長の1日60分、週7日、12ヶ月だと、約37,000円/月

料金レンジはかなり幅広いので、あなたのニーズや生活スタイルに合うものを、柔軟に選ぶことができます。

比較として、オンライン英会話国内大手、DMM英会話のネイティブプランは、1日50分、毎日(週7日)で、約31,000円/月。

1分あたりに換算すると、下記のとおり、ほぼ同額です。

  • Camblyキャンブリー:37,000円 / 30日 / 60分 = 20.6円/分
  • DMM英会話:31,000円 / 30日 / 50分 = 20.7円/分

ちなみに、DMM英会話の非ネイティブプランは、1日50分、毎日(週7日)で、約11,000円/月。1分あたりに換算すると、7.3円/分なので、ネイティブ講師の約1/3です。

私は1日30分、週1日、12ヶ月(約3,500円/月)を選びました。その理由は後述します。

※上記金額は2022年3月時点のものです。正直、両スクールの最新の料金を、常に追い続け、この記事にタイムリーに反映することはできないので、参考程度の目安としてご利用いただけますと幸いです。

▶︎具体的な料金は公式サイトでご確認ください

Camblyキャンブリーを選んだ理由

3つの理由

  1. 多様なネイティブ講師
  2. レッスンの録画機能
  3. 少し高めの料金設定

多様なネイティブ講師

オンライン英会話のCamblyキャンブリーを選んだ理由:多様なネイティブ講師

私は英語ネイティブの話す英語を聞き取るのが苦手です。

特に、仕事で海外と会議をするとき、英語ネイティブ一般人(BBCやCNNのようなアナウンサーではないという意味で)の話す英語が、聞き取れないことがよくあります。

正確に言うと、BBCやCNNのアナウンサーのような標準的な英語は結構聞き取れます。TOEICのリスニングは460/495点あり、趣味の読書(洋書)ではAudible中心で読むより聴くことをメインにしています。

なので、標準的な英語はけっこう聞き取れるのですが、一般人が話すリアルな英語は、国ごと、地方ごとに多様ですし、アナウンサーのように綺麗(標準的という意味)でもないので、聞き取れない。

(日本語にも北は北海道から南は沖縄まで、多様な日本語がありますし、私たち一般人の発音はテレビのアナウンサーのように綺麗ではないのと似ていると思います)

一言で「英語」や「ネイティブ」と言い単純化できない、多様で雑多な英語を聞き取れるようになること。

ここを改善するためには、アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、スコットランド、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなど、世界各国の多様な講師が在籍しているCamblyキャンブリーが合っていると、私は考えました。

非ネイティブ講師だから悪いというわけではない
オンライン英会話スクールと言えば、フィリピン人講師を代表とする非ネイティブ講師が多い印象がありますよね。

非ネイティブ講師は比較的料金も安いですし、外国語として英語を習得した経験から、私たちの悩みや壁の突破方法を知っているなど、メリットもあります。

教え方の上手い非ネイティブ講師もたくさんいるので、一概に、ネイティブだから良い、非ネイティブだから悪い、というわけではありません。

全員に共通する唯一の正解はなく、人それぞれ、自分のニーズに合ったスクールを選べば良いのだと思います。

▶︎Camblyキャンブリーの詳細・公式サイト・無料体験はこちら

レッスンの録画機能

オンライン英会話のCamblyキャンブリーを選んだ理由:レッスンの録画機能

あなたは自分の声が、英語が、他人にどう聞こえているか知っていますか?

自分への聞こえ方と、他人への聞こえ方は、けっこう違うので、私は初めて自分の声を録音で聞いたときは驚きましたし、それは英語の発音も同じでした。

英語の発音を改善したいと思っている人は多いと思いますが、その第一歩は、自分の英語が他人にどう聞こえているかを知ることではないでしょうか?

なぜなら、それを知ったうえで初めて「次はこうしてみよう」といった試行錯誤や改善ができるからです。

また、英語を話しているときは、英語に気を取られているので、自分の表情が相手にどう見えているかまでは、意識が向かないものです。

自分で思っていた以上に、パニクって見えたり、手が動いていたり、髪をいじっていたり、落ち着きのない印象を与えてしまっているものです(これは録音だけでは気づくことができません)。

Camblyキャンブリーの自動録画機能は、レッスンの復習はもちろん、自分の発音や見え方を客観視し、改善することにとても役立ちます。

他のオンライン英会話スクールにはないこの点は、私がCamblyキャンブリーを始めた理由の1つです。

▶︎Camblyキャンブリーの詳細・公式サイト・無料体験はこちら

少し高めの料金設定

オンライン英会話の魅力の1つに、料金が安いことがあると思いますが、私はこの点はメリットであると同時にデメリットでもあると考えています。

なぜなら、1レッスン(25分)100円以下、200円以下など、極端に安い場合、1回くらいサボってもいいかとか、自分に甘えが生じ、レッスンのサボり癖がついてしまうリスクがあるためです。

ある程度「高い」と思う料金を支払うことで、「元をとりたい」「無駄にしたくない」という気持ちが生まれ、それが日々がんばれる原動力になります。

ところで、少し話はそれますが、私は1日30分、週1日という、無理のないペースを選びました(約3,500円/月、1レッスンあたり875円)。

英語学習は長期戦ですから、短期で燃え尽きてしまっては元も子もないですし、

レッスンのない6日間にレッスンの録画で復習したり、海外ドラマを見たり、洋書をAudibleで聞いたり、

自分なりに無理なく、楽しみながら英語に触れ続けられる環境にしたつもりです。

非ネイティブ講師のスクールより料金は高いけど、約3,500円/月であれば、まあ許容範囲内、と考えました。

多様なネイティブ講師が揃っていて、レッスンの自動録画機能もあり、自分に適度なプレッシャーもかかる。

この3点を理由に、私は他社より高めの料金を受け入れました。

▶︎Camblyキャンブリーの詳細・公式サイト・無料体験はこちら

Camblyキャンブリーを始めてみた体験談

オンライン英会話のCamblyキャンブリー体験談

Sushi K
Camblyキャンブリーを始めて3ヶ月時点の感想になります。今後もレッスンを重ねて気づいたことがあれば、随時アップデートしていきます!

Camblyキャンブリーの良かった点

良かった点

  1. 予約なしでレッスンが受けれる
  2. レッスンの自動録画が復習と客観視に役立つ
  3. 多様なネイティブ講師陣でリスニングを強化
  4. 自分の英語に自信が持てた
  5. その他、講師からのアドバイス

予約なしでレッスンが受けれる

予約なしでレッスンが受けれるのは本当に快適で気に入っています。

未来の日付でレッスンを予約すると、「そのときには他にやりたいことあったりして、レッスンが怠い」とかありがちだと思うのですが、

Camblyキャンブリーのように、やる気あるときにすぐレッスンを受けれるのはとても良いです。

レッスンの自動録画が復習と客観視に役立つ

私は1日30分、週1日でレッスンを受けているので、レッスンのない6日間に、ちょこちょことレッスン録画を見ています。

よほどの天才でない限り、一度レッスンを受けただけでは学習内容は定着しないので、復習にとても便利です。

また、自分の発音や表情を確認できることは、自分を客観視すること、発音や相手への見え方を改善することに役立っています。

正直、最初はこれが自分の発音?本当にこんな表情してた?と疑いたくなるひどい録画で、人には見せたくない代物なのですが、現実を受け入れ、改善しようと試みています。

多様なネイティブ講師陣でリスニングを強化

今までに、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、アイルランド出身講師のレッスンを受けました。

アメリカ/イギリス出身ネイティブ講師と言っても、CNN/BBCのアナウンサーのような発音ではなく、一般人としてのリアルな英語を聞き取るのは簡単なことではありません。

また、私が特に苦手としているイギリスマンチェスター出身講師のマンチェスター訛りは強烈で、こちらの自信がなくなるほど聞き取れませんでした(マンチェスター出身の伝説のバンド、オアシスの大ファンなので、マンチェスター訛りは聞き取れるようになりたい!)。

まだまだリスニング改善の道のりは長そうですが、Camblyキャンブリーをコツコツ続けることで、少しずつ改善していきたいと思います。

自分の英語/発音に自信が持てた

多様なネイティブ講師陣の副産物として、自分の英語/発音に自信を持つことができました。

Camblyキャンブリー講師陣の多国籍かつ多様な英語を聴いてると、一言でネイティブと言っても、本当に多様なアクセントがあることがわかります。

その結果、ネイティブ講師もアクセントにクセあるんだから、自分のもいいかって気にならなくなりました。

実は、ネイティブも非ネイティブも全員独特のアクセントがあるから、堂々と話せばいいってのは知っていたのですが、お金払ってレッスン受けてるからには、ネイティブの標準発音に近づけたいと思い、発音の質問をしました。

そのとき、講師に言われたことで、目が覚めた思いでした。

「ネイティブも国や地方ごとに多様なアクセントがある。日本の中でも多様な日本語があるのと同じ。その全員が日本語ネイティブ。アクセントは個性かつアイデンティティー。ボクの英語は比較的標準的でアクセントがないから、アクセントがある人がうらやましい。アクセントにはかわいらしさもあるし。」

「君は自分のアクセントに誇りを持つべき。君の英語は普通に理解できる。なのに何を気にしてるの?一単語レベルで発音を気にしてると、全体までおかしくなっちゃうよ。発音なんか気にしないで、ありのままの自分で話した方がいい。」

その他、講師からのアドバイス

海外ドラマのこと

なんと、英語ネイティブ講師でも、自分とは違うアクセントの国のドラマは、何を言ってるかわからないらしいです。

一言で英語と言ってもそれくらいの多様性があるんですね。

英語ネイティブでも一発で聞き取れないんだから、非ネイティブの私が聞き取れなくても仕方ない。

Camblyキャンブリー講師のおかげで、不必要に自分を責めたり、自信を失くすことがなくなりました。

ネイティブはイディオムなんか使わない

Camblyキャンブリーのレッスンスライドには、毎回必ず、イディオムのページがあるのですが、複数のネイティブ講師によると、日常生活でそんなイディオムは使わないそうです。

例えば「」や「」など。

英語は世界の共通語ですから、グローバルな場に行けば行くほど、私たちと同じ英語非ネイティブがいる確率が高まります。

その英語非ネイティブは、そんな難しいイディオムのこと、知らない可能性が高い。

だからこそ、難しいイディオムを使うのではなく、シンプルな単語で言い換えることが大切だし、その方が相手にも正確に伝わりやすいというわけです。

これは私自身の経験(世界35カ国以上を旅し、外資系企業に10年以上いる経験)とも一致したので、とても共感できました。

日本の英語業界ではよく、「ネイティブに通じる/通じない」「ネイティブはこう言う」みたいなことを言い、ネイティブ独特の表現を知っている人が英語できる人、それを覚えることが英語を話すために必要なこと、という雰囲気があるように思えてならないのですが、

本当に英語を話せるようになりたい人がやるべきことは、シンプルな単語を組み合わせ、あらゆることを表現する練習なんじゃないかと思います。

日常会話の80%は中学英語で通じるという説もありますし、英語を話せる人ほどシンプルで簡単な言葉を組み合わせていることが多いです。

Camblyキャンブリーの悪かった点

悪かった点

  • 料金が他社(非ネイティブ講師)より高い
  • レッスンスライドの中に難しいイディオムがある
料金が他社(非ネイティブ講師)より高い

Camblyキャンブリーの講師は全員ネイティブなので、他社(非ネイティブ講師)よりも料金が高いです。

これは当たり前と言えばそのとおりなので、悪かった点とするのは違うかもしれませんが、念の為のリマインドとして挙げさせていただきました。

既出ですが、Camblyキャンブリーの最長プラン1日60分、週7日、12ヶ月を例にとると、月額は約37,000円です。

これをDMM英会話の非ネイティブプラン、ネイティブプランと比較すると

  • Camblyキャンブリー:37,000円 / 30日 / 60分 = 20.6円/分
  • DMM英会話(ネイティブプラン):31,000円 / 30日 / 50分 = 20.7円/分
  • DMM英会話(非ネイティブプラン):11,000円 / 30日 / 50分 = 7.3円/分

つまり、Camblyキャンブリーの料金は、

  • DMM英会話(ネイティブプラン)との比較ではほぼ同額。
  • DMM英会話(非ネイティブプラン)との比較では約3倍。

オンライン英会話最大手のDMM英会話(ネイティブプラン)とほぼ同額なので、Camblyキャンブリーの料金は妥当なレベルと言えますが、

非ネイティブプランとの比較では約3倍高いので、有料レッスンに進む場合は、この点を納得したうえで進んでいただければと思います。

※上記金額は2022年3月時点のものです。正直、両スクールの最新の料金を、常に追い続け、この記事にタイムリーに反映することはできないので、参考程度の目安としてご利用いただけますと幸いです。

レッスンスライドの中に難しいイディオムがある

英語学習といえばそんなものかもしれませんが、Camblyキャンブリーのネイティブ講師複数人も次のように言っています(良かった点の5つ目で既出)

  • こんなイディオム、日常では使わない
  • こんなの覚えなくても、シンプルな単語で言い換えれる
  • 英語は世界の共通語で、非ネイティブ話者もたくさんいる。英語独特のイディオムは非ネイティブに通じない可能性が高い

人それぞれ、どこを目指すかも違うので、イディオムを覚えること/使いこなすことが必要な人もいるとは思いますが、

私の個人的な意見としては、「イディオムを使いこなせること≠英語がしゃべれること」と考えているため、悪かった点の2つ目に挙げさせていただきました。

とは言え、教材内にイディオムがあるのは、他社オンライン英会話スクールも同じだと思うので、これをCamblyキャンブリーだけの悪い点とするのはフェアではありません。この点は誤解のないように受け取ってもらえるとありがたいです。

Camblyキャンブリーにはとても満足しているので、正直、悪かった点の1つ目も2つ目も、数合わせで無理矢理ひねり出した感が否めませんが、

Camblyキャンブリーの無料体験後、有料レッスンに進む方に、できるだけ誤解なく、納得したうえで進んでいただきたいという想いから、この2点を悪かった点として紹介させていただきました。

▶︎Camblyキャンブリーの詳細・公式サイト・無料体験はこちら

Camblyキャンブリーがおすすめの人

オンライン英会話のCamblyキャンブリーがおすすめの人

こんな人におすすめ

  1. ネイティブ講師のレッスンを受けたい人(質の高い多国籍講師陣)
  2. 忙しい人(予約なしでレッスンを受けれる)
  3. レッスンの復習と自分の客観視をしたい人(レッスンの自動録画システム)
  4. 自分にプレッシャーをかけたい人(元を取りたいという気持ち)

ネイティブ講師のレッスンを受けたい人(質の高い多国籍講師陣)

Camblyキャンブリーの講師陣は全員が英語ネイティブです。ネイティブのレッスンを受けたい人はCamblyキャンブリーがおすすめ。

講師陣の多様性も、アメリカ、カナダ、イギリス、スコットランド、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなど、充実しています。

TESOLなどの英語教師資格を持っている講師も多数在籍しているので、講師の質も担保されています。

忙しい人(予約なしでレッスンを受けれる)

Camblyキャンブリーは予約なしでレッスンが受けれるので、仕事などで忙しい人も安心です。

ちょっとした空き時間や、気が向いたとき、急にやる気になったときにサクッとできるので、この柔軟性は本当におすすめです。

もちろん、お気に入りの講師が見つかれば、レッスンを予約することもできます。

レッスンの復習と自分の客観視をしたい人(レッスンの自動録画システム)

レッスンをスクールや講師の許可なく録画するのはマナー違反ですが、Camblyキャンブリーではその心配がありません。

あなたが何もしなくても、普通にレッスンを受けるだけで、勝手に録画され、マイページに保存されます。

レッスンの復習はもちろん、自分の発音や表情を客観視し、改善するためのツールとしてとてもおすすめです。

自分にプレッシャーをかけたい人(元を取りたいという気持ち)

Camblyキャンブリーはネイティブ講師専門のオンライン英会話スクールのため、非ネイティブ講師のスクールよりは、料金が高いです。

(DMM英会話の非ネイティブプランとの比較では約3倍でした ※ネイティブプランとはほぼ同額)

料金は安い方が良いと思われがちですが、料金があまりにも安すぎると、ちょっとくらいサボってもいいか、という甘えが生じてしまう罠にハマりがちなところは注意が必要です。

料金が高いからこそ、「元を取りたい」、「お金を無駄にしたくない」、「英語上達してしっかり回収したい」という気持ちが生まれ、がんばれる原動力になります。

Camblyキャンブリーの無料体験レッスンと不定期キャンペーン

Camblyキャンブリーの無料体験はこちら

Camblyキャンブリーの無料体験レッスンと不定期キャンペーン

Camblyキャンブリーは有料プランを開始する前に、無料体験レッスンを受けることができます。

解約もいつでもできるのでご安心ください(逆に、すぐ解約できないスクールがあったら、やばいですよね・・・)

私自身、オンライン英会話は10社以上を無料体験し、そのうえでCamblyキャンブリーを選びました。

実際に自分のお金を払ってレッスンを受け、内容にも満足し、自分のブログでも紹介したいと思えるスクールだったので、この記事を書くに至りました。

無料体験の手続きは簡単なので、少しでも興味があれば、ぜひ体験してみてください。

そしてもし気に入った場合は、私と同じくCamblyキャンブリーで、英語学習を楽しみましょう!

▶︎Camblyキャンブリーの公式サイト・無料体験はこちら

Camblyキャンブリーは不定期にお得なキャンペーンあり

Camblyキャンブリーは不定期にお得なキャンペーンあり

この画像を一例として、Camblyキャンブリーは不定期にお得なキャンペーンを実施しています。

正直、キャンペーンの時期や割引額はわからないので、今がキャンペーン実施中かは、公式サイトをご確認ください。

▶︎Camblyキャンブリーの公式サイト・無料体験はこちら





この記事は以上です。最後までお読みくださりありがとうございました。

■英語TOPページ

失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC
失敗しない英語学習法:基礎・独学・オンライン英会話・コーチング・アプリ x TOEIC

英語学習には、何年もの地道な努力が必要で、近道などない。 これは半分正しくて、半分間違っている、というのが私の考えです。 確かに英語学習には何年もの地道な努力が必要ですが、近道はあります。 今までに何 ...

続きを見る

■転職TOPページ

【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法【リスク回避】
【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法

5回転職してわかった10のこと 人生は転職で本当に変わる。 転職先は意外な程たくさんある。 ホワイト企業は普通に存在する。 ダメな会社は優秀な人から辞めて行く。 転職に罪悪感は不要。社員に辞められる会 ...

続きを見る




価格満足度No1
  • この記事を書いた人

Sushi K

日系企業を3年未満で退職し、外資系10年以上(4社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEICは対策なしのぶっつけで915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-Cambly(キャンブリー), オンライン英会話, 英語, 英語スクール

© 2022 外資系歴10年以上、英語とか転職とか Powered by AFFINGER5