MandatoryとOptionalの使い方・意味・違い・例文【セットで覚えると便利】

更新日:

MandatoryとOptionalの使い方・意味・違い・例文【セットで覚えると便利】

Rook
MandatoryとOptionalって何?なぜ2つセットで覚える必要があるの?

この記事を読んでわかること

  • MandatoryとOptionalの使い方を理解するメリット
  • MandatoryとOptionalの使い方・意味・違い・例文

この記事を書いた人

今年で外資系歴9年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。独学でここまできた経験を、日本人英語学習者のために共有しています(詳細プロフィールはこちら▶︎)。

LOBi 400X400

MandatoryとOptionalの使い方を理解するメリット

  • ビジネス英語で頻出の「Mandatory=必須の」と「Optional=任意の」をセットで覚えられる。
  • その仕事をやるのは、誰が必須で、誰が任意でいいのか、役割分担を明確化できる。

MandatoryとOptionalの使い方

MandatoryとOptionalの意味・違い

  • Mandatoryの意味:必須の、義務的な、強制の
  • Optionalの意味:任意の(やってもやらなくてもどちらでもいい)
  • 違い:対義語の関係

MandatoryとOptionalは対義語なので、2つセットで覚えると効率が良いです。

両単語とも、ビジネス英語でも頻出なので、仕事で英語を使いたい人、使う必要がある人は、必ず覚えるべき英単語。

何万とある英単語の中で、覚える価値のある、必ず役に立つ、英単語です。

具体的には、例えばAと言う業務は、Xさんにとっては必須だけど、Yさんにとっては任意でいい、という時に、MandatoryとOptionalを使うことで、チーム内の役割分担を明確にすることができます。

Mandatoryとその類義語:Compulsory, Obligatory
  • Mandatory:必須の、義務的な、強制の(3語の中で最強の強制力をもつ。Mustのように、法律的、契約的な意味での必須)
  • Compulsory:必須の、義務的な、強制の(義務教育=compulsory education)
  • Obligatory:必須の、義務的な、強制の(3語の中でもっとも道徳的ニュアンスが強い)

Mandatoryの類義語に、CompulsoryとObligatory2つがありますが、あなたにとって必要がなければ、今はスルーで問題ありません。

なぜなら、私の外資系9年の経験で、この3つの違いで悩む場面は一度もなく、99.9%はMandatoryが使われているからです。

この3語は、どれも「必須の、義務的な、強制の」という意味なんだな、程度の理解で、問題ありません。

今後、あなたの人生のどこかで、この3語で悩む場面が出てきたら、その時に勉強してください。

いつあるかわからない未来のために、この3語の違いを覚えるのは、効率が悪いです。

そこに時間を使うより、MandatoryとOptionalを確実に覚え、使いこなすことに注力する方が、時間と労力のコスパが良いです。

メモ1

Obligatoryは、フランス語のノブレス・オブリージュと語源的に関係があります。

ノブレス・オブリージュとは、「高貴さは(義務を)強制する」という意味で、社会的地位のある者は社会の規範となるべく振る舞う義務がある、というもの。これを知っていると、上記3語の中で、Obligatoryがもっとも道徳的ニュアンスが強いことが覚えやすいと思います。

メモ2

I’m happy to oblige. (喜んでやります)も、頭の片隅に入れておくと、良いかもしれません。

これは、日常に、ちょいちょい出てきます。

以下の英文は、動画の01:09:00〜の部分です。

When Bill and I first met each other and worked in the early days, generally, we were both the youngest guys in the room, right individually or together, I'm about 6 months older than he is, but roughly the same age. And now, when we're working at our respective companies, I know about you but I'm the oldest guy in the room most of the time, and that's why I love being here, (司会の男性:happy to oblige).

ビルと私が初めて出会い、働いていた初期の頃、概して、私たち二人は部屋の中で最も若かったです。一人でも、二人でも、私は6ヶ月ほどビルより先に生まれましたが、2人はだいたい同じ年齢です。そして今、私たちがそれぞれの会社で働いている時、私はほとんどの場合、部屋の中で最も年をとっています。だから私はここにいるのが気持ちいいんですけどね(補足:司会の方が年上で、自分が最年長じゃないから、という意味)(司会の男性:よろこんでその役を引き受けますよ)。

Optionalとその類義語:Voluntary
  • Optional:任意の
  • Voluntary:任意の、自発的な

Optionalの類義語にVoluntaryがあります。

せっかくなので、Optionalと一緒に、Voluntaryも覚えてしまうと、効率が良くておすすめです。

VoluntaryはOptionalより自主性が強いニュアンスで、それはボランティアという言葉からも簡単に想像できます。

ただし、ビジネスの現場では、ほとんどがMandatoryとOptionalのセットが使われますので、その意味では、覚える優先度は下げて大丈夫です。

MandatoryとOptionalの例文

“例文”

  • 英文:Those in “To” are invited as Mandatory Attendees, whereas those in “Cc” as Optional Attendees.
  • 和訳:Toの方は必須出席者として、Ccの方は任意出席者として招待しています。

チームメンバーに会議の案内を送る時は、上記のようにすることで、誰の出席が必須なのか、任意なのかを明確にすることができます。

逆に、自分に謎の会議案内がきた時は、

  • Is my attendance really mandatory? (私の出席は本当に必須ですか?)
  • May I understand that my attendance is optional?(私の出席は任意と理解してよいですか?)

などと書くことで、自分の出席要否を確認することができます。

任意でいい会議なんか、参加したくないですもんね。

まとめ

MandatoryとOptionalの使い方を理解するメリット

  • ビジネス英語で頻出の「Mandatory=必須の」と「Optional=任意の」をセットで覚えられる。
  • その仕事をやるのは、誰が必須で、誰が任意でいいのか、役割分担を明確化できる。

MandatoryとOptionalの意味・違い

  • Mandatoryの意味:必須の
  • Optionalの意味:任意の
  • 違い:対義語の関係

楽に、安く、確実に:英会話のLOBi(ロビィ)

楽に、安く、確実に、英語を話せるようになりたい方には、英会話のLOBiがおすすめです。

LOBiなら必ず英語が話せるようになると断言します。

その理由はその他の記事でご覧になってみてください。

英語を話せる人と話せない人の違い【スピーキングのコツ】

2019/12/8

究極的にはこの1つ!英語を話せる人と話せない人の違い【スピーキングのコツ】

Rook英語を話せる人と話せない人の究極的な違いって何?結局は、勉強量=語彙力=知識量の勝負なの?HorseDragon少ない労力で、効率的にスピーキング力を上達させることはできないの? 結論から言うと 英語を話せる人と話せない人の究極的な違いは「言い換え力」です。 それは勉強量=語彙力=知識量とは関係ありません。 少ない労力で、効率的にスピーキング力を上達させることは可能です。 英語に伸び悩んでいる方、向いてないかもと自信をなくしてる方、勉強法に自信が持てない方、 この記事で、私に5分ください。 同じ日 ...

ReadMore

満足度98%越え!挫折しない英会話のLOBiは毎日12分から【がんばらない勇気】

2019/12/1

満足度98%越え!挫折しない英会話のLOBiは毎日12分から【がんばらない勇気】

三日坊主の素に聞いてみた。 君はどんな人が好き? 「最初だけがんばって、すぐ燃え尽きる人だね。」 なんで? 「僕の仕事が成功して、とてもうれしいんだ。」 じゃあ逆に、マイペースな人はどう思う? 「嫌いだね。毎日コツコツやられると困るんだ。」 どうして? 「僕の仕事がなくなってしまうから。」 毎日12分からできる英会話スクール、LOBiって知ってる? 「知ってるよ。僕が一番嫌いな英会話スクールだ。」 この記事はこんな方におすすめ 楽に・安く・確実に、英会話を習得したい方。 英語を活かし、より良い仕事・収入を ...

ReadMore

【英語が話せるようになる】LOBiエデュケーションの無料体験レッスンで確信(オンラインxリアル英会話)

2019/12/1

LOBi英会話の無料レッスン体験談【英語が話せるようになると確信】

RookLOBi英会話の「毎日12分で英語が話せるようになる」って本当?LOBi英会話の「日本人に合った英会話習得法」って何?BishopDragonその秘密は「置き換えメソッド」と言って、英語が話せる人はみんな、無意識でやっていることだよ。 最初、1日12分と聞いたときは、「そんなバカな、ありえない」と思いました。 でも、「日本人に合った英会話学習法」というのが引っかかり、LOBi英会話の公式サイトを見てみると、意外にも、書いてあることはまともなことばかり。 と言うか、LOBi英会話の「置き換え」という ...

ReadMore

2019/12/8

LOBi(ロビ)オンライン英会話の特徴・評判・料金・無料体験談【外資系9年目がレビュー】

RookLOBi(ロビ)オンライン英会話ってどんなスクール? 初心者でも安心して始められる? 他の英会話スクールで挫折した人でも続けられる? 評判は良い?悪い? 料金は高い?安い? BishopDragon結論、LOBi(ロビ)オンライン英会話でやれば、英語を話せるようになる? LOBi(ロビ)オンライン英会話について、こんな疑問を持っているあなたへ。 結論から言うと、LOBi(ロビ)オンライン英会話なら、 初心者でも安心して始められますし、 他の英会話スクールで挫折した人でも続けられますし、 評判も良い ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

K

日系企業を3年未満で退職し、外資系9年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-外資系の現場から, 英語, 英語勉強法

Copyright© 外資系9年目、英語とか転職とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.