転職エージェント比較・組み合わせ:リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ

転職エージェント比較・組み合わせ:リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ

れおん
この記事は、下記転職体験談を寄稿してくださったMさんが、実際に利用した転職エージェント3社【リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ】のメリット、デメリット等をまとめてくださいました。Mさん、ありがとうございます!
私の転職体験談:若い時間を無駄にした後悔から転職を決断(日系→外資系)
私の転職体験談:若い時間を無駄にした後悔から転職を決断【日系→外資系】

年齢・性別 30代、女性 転職理由 若い時間を無駄にした後悔から転職を決断 利用した転職サイト・エージェント リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ 転職前 転職後 業界 金融 コ ...

続きを見る

私は昨年転職をしました。

転職活動をした約2か月の間、リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズの3社を転職エージェントとして利用したわけですが、

それぞれ持っている案件や担当者とのコミュニケーションの仕方などに違いがあり、自分にとって合うと感じるところ、合わないと感じるところがありました。

ここから先は、上記3社がそれぞれどのようなエージェントで、どんな人に向いているのかまとめました。

これから転職活動をする方はぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を読んでわかること

  • リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズのメリット、デメリット等の特徴
  • 3社はどんな人におすすめか
  • 複数社利用するメリットと、おすすめ2社の組み合わせ

▶︎リクルートエージェントの無料登録はこちら

▶︎dodaの無料登録はこちら

▶︎ロバート・ウォルターズの無料登録はこちら

転職エージェント各社の求人案件の特徴

求人案件の特徴

  • リクルート・エージェント:求人数が多い。大手の求人も持っている。
  • doda:求人数が多い。求人案件はリクルートエージェントとほぼ同じ。
  • ロバート・ウォルターズ:外資系の求人数は圧倒的。

リクルート・エージェント、doda:大手エージェントならではの豊富な求人数。

リクルート・エージェント、dodaともに大手の求人をたくさん紹介してもらいました。

名の知れた企業の求人案件はほとんど網羅されているのではないでしょうか。

また、大手でなくとも優良企業の案件も多く紹介していただけました。

ロバート・ウォルターズ:外資系の求人数は圧倒的。

一方、ロバート・ウォルターズは外資系案件に特化したエージェントです。

外資系への転職を考えられている方は、絶対に登録すべきでしょう。

上記2社が持っていない外資系の案件を多く紹介してもらいました。

ネットで調べても出てこない案件もあったので、表向き開示されていない求人案件も持っていると思われます。

求人案件は英語で連絡が来ますが、担当者は日本語も話せるバイリンガルなので、細かなニュアンスが伝えられない時は日本語を使っても大丈夫です。

ただし、英語が全く読めない・話せない方の場合、その先に期待できるものもないので、時間の無駄になってしまいます。

初めから登録しない方がいいでしょう。

転職エージェント各社のメリット

メリット

  • リクルート・エージェント:大手の求人数が多い。
  • doda:担当者とLINEで気軽に連絡が取れる。
  • ロバート・ウォルターズ:外資系の求人数が多い。

リクルート・エージェントのメリット:大手の求人数が多い。

リクルート・エージェントはとにかく持っている案件の数が多いです。

初回の面談時に頂く求人票も、適時メールで送られてくる求人票もかなりの量。すべてに目を通すのが大変なくらいでした。

担当者からの情報だけでなく、専用のアプリで自分で求人を探すこともでき便利でした。

dodaのメリット:担当者とLINEで気軽に連絡が取れる。

dodaは担当者とのコンタクトにLINEが利用できることに、とても助けられました!

仕事をしながらの転職活動となると、面接日時の決定や面接結果の連絡など就業時間の間にも担当者と連絡を取らなければならない場面が多くあります。

そんなとき、LINEであればトイレに立った際などにさっと内容の確認・返信ができとてもありがたかったです。

電話となると同僚や上司に聞かれるかもしれない社内や会社の近くではできませんし、メールはLINEに比べ返信するまでに時間がかかってしまいます。

その点、LINEの活用は手軽で良かったです。

ロバート・ウォルターズのメリット:外資系の求人数が多い。

ロバート・ウォルターズは外資系の求人を他の2社とは比べ物にならないほど多く紹介していただけました。

大手から、初めて名前を聞くような会社まで幅広く取り扱いをされています。

東京・大阪に営業所や支店のある会社を中心に紹介してもらえます。

転職エージェント各社のデメリットとその対策

デメリット

  • リクルート・エージェント:担当者によって得意な職種が違う。
  • doda:(私の場合)内定後、担当者がその上司に変わって少し戸惑った。
  • ロバート・ウォルターズ:電話が頻繁に掛かってくる。

対策

  • リクルート・エージェント:自分の職種が得意な担当者に変わってもらう。
  • doda:特になし(具体的被害も特になし) 。
  • ロバート・ウォルターズ:電話は不要なのでメールのみ頂けるよう依頼する。

リクルート・エージェントのデメリット:担当者によって得意な職種が違う

対策

自分の職種が得意な担当者に変わってもらう。

リクルート・エージェントは、担当者によって得意とする職種が違うそうです。

私の担当者となってくれた方は、私の転職希望の職種にはあまり詳しくないとご自分でおっしゃっていました。

そのため、私の希望する職種の担当者に話を聞いて勉強しながら対応してくれたようでした。

私は最後までその担当者にお願いしましたが、もし担当者が合わないと思ったら変えることも可能ですので、数回コンタクトを取ってみて見極められることをおすすめします。

dodaのデメリット:(私の場合)内定後、担当者がその上司に変わって少し戸惑った。

対策

特になし(具体的被害も特になし)。

dodaで私を担当してくれた方が若かった(おそらく新卒~3年目辺り)というのもあるのかもしれませんが、内定の際その場で承諾をせず考える時間をもらってからはコンタクトを取る相手が担当者からその上司へ変わりました。

いつ連絡しても本人不在と言われ、ずっと上司の方が対応してくださりました。

(最初は少し戸惑ったのでデメリットとして挙げましたが、今思うと具体的な被害は特になく、上司の方はしっかり対応してくださいました)

やはり意思決定の後押しにはそれなりの経験が必要となってくるのでしょうね。ここでOKを出すかNGを出すかで売上がかなり変わってきますから。

ロバート・ウォルターズのデメリット:電話が頻繁に掛かってくる。

対策

電話は不要なのでメールのみ頂けるよう依頼する。

ロバートウォルターズは他の2社とは違い、個人に担当者がついて案件を紹介してくれるのではなく、それぞれ担当となる会社を持っておりそれに合致すると思われる個人に案件を紹介してくれるエージェントです。

そのため、複数の人から頻繁に電話が掛かってきて案件を紹介されます。

正直対応するのが面倒で途中から無視していたのですが、今思うと「電話は不要なのでメールのみでお願いします。」とか「そういう求人は希望と違うので、こういう求人に絞って紹介してください。」と言っておくだけでよかったなと思います。

当時はdodaの求人に気持ちが行っていたので、ロバート・ウォルターズとのコミュニケーションは自然になくなっていきましたが、ロバート・ウォルターズには今でもたまに求人を紹介いただいています。

一時的に無視しても関係はそこまで悪化しないので、気軽に付き合えば大丈夫です。

ロバート・ウォルターズの利用経験者として、ブログ管理人からのメッセージ。

れおん
ロバート・ウォルターズの担当者はバイリンガルなので日本語も通じますが、私はあえて英語でコミュニケーションをとっていました。その理由は、下記の2点です。

①外資系転職エージェントとの電話は無料の英会話レッスン(英語面接対策)

私は初めての外資系転職でロバート・ウォルターズを利用しました。その時も確かに電話はかかってきて、最初は戸惑ったのですが、ある時から「あ、これは無料の英会話レッスンだな。英語面接の対策にも使えるぞ」と思うようになりました。

担当者と「英語で」求人のことを話していると、時には志望理由、転職理由、自分の強みや弱みなどに話が及ぶことがありました。

その中で、英語でとっさにうまく言えなかったところがあれば、あとで言い方を調べたり、ロバート・ウォルターズの担当者が使う英語を聞いて、「なるほど、こういう時はこう言うのか。」と学んだり。

正直、あまり興味のない求人であっても、あえて質問して、話を引き伸ばし、英会話の練習をしていました(笑)

お願いすれば英語面接の練習相手にもなってくれますし、求人への興味がなかったとしても、ロバート・ウォルターズなどの外資系転職エージェントと付き合っておくことにはメリットがあります。

②外資系転職エージェントとのメールで、ビジネス英語メールの基礎を学んだ。

これも①と似ていますが、私は外資系転職エージェントとのメールで、初めてビジネス英語メールを経験しました。

担当者からのメールを読みながら、「なるほど、こういう時はこう言うのか。」と学んだり、とっさに出てこなかった英語のフレーズを調べたり、自分が書いた英語メールでちゃんと伝わってたなとか、あの書き方だとちゃんと伝わらないのかとか。

外資系への転職が初めての方は、入社前にたくさん外資系転職エージェントとコミュニケーションを取っておくと、入社後の英語環境に馴染みやすくなると思います。

①も②も全て無料でできます!

転職エージェント各社を利用した感想

各社の感想

  • リクルート・エージェント:求人数の多さからとりあえず登録しておくべき。
  • doda:コンタクトの手軽さが魅力的。LINEを活用している若い世代には特におすすめ。
  • ロバート・ウォルターズ:外資系に転職したい方は必ず登録するべき。そうでない方には不要。

リクルート・エージェント、doda:どちらか一方は必ず登録しておくべき。

リクルート・エージェント、dodaの2社は、どちらか一方は必ず登録すべきだと思いました。

なぜなら、手広くいろいろな会社の案件の紹介を受けることができるからです。

また、転職活動についてのアドバイスやアフターフォローもしてもらえますので、「転職活動が初めてでよくわからない」という方は情報源としてもキープしておくべきでしょう。

LINEをよく使う人なら、dodaは特に使いやすいと思います。

ロバート・ウォルターズ:外資系に転職したい方は必ず登録するべき。そうでない方には不要。

ロバート・ウォルターズは外資系に転職したい方は絶対に登録をするべきです。

(但し、東京・大阪勤務希望者のみ)

外資系求人数が他の2社とは比べ物にならないくらい多いです。

逆に言うと、外資系に興味のない方には登録は不要です。

転職エージェント各社はこんな人におすすめ!

こんな人におすすめ!

  • リクルート・エージェント:転職活動が初めての方、大手案件も紹介して欲しい方。
  • doda:転職活動が初めての方、担当者とLINEで手軽に連絡を取りたい方。
  • ロバート・ウォルターズ:英語力を生かしたい方、外資系で働きたい方。

リクルート・エージェント、doda:転職活動が初めての方。

リクルートエージェント、dodaはどちらも案件がかなり多いです。必ずどちらか一方には登録するようにしましょう。

また、どちらも転職活動そのものに対する支援が手厚いです。

履歴書・職務経歴書のチェックもしてもらえますし、面接対策も行ってもらえます。

転職活動が初めての方は、転職活動の進め方を学ぶ意味でも利用して損はありません。

担当者とLINEで手軽に連絡を取りたい方は、dodaがおすすめです。

ロバート・ウォルターズ:英語力を生かしたい方、外資系で働きたい方。

絶対に外資に転職したい!」と思っている方には、圧倒的な外資系求人数の多さからロバートウォルターズが一押しです。

言い換えるなら、外資系を考えていない方には、利用するメリットはほとんどありません。

転職エージェントのおすすめの組み合わせはこれだ!

おすすめの組み合わせ

  • 外資系に転職したい方:ロバート・ウォルターズ + リクルート・エージェントまたはdodaの1社
  • 幅広くアプローチしたい方:リクルート・エージェント + doda

私は転職エージェントは複数社利用すべきだと思います。

なぜなら、紹介される案件に幅が出ることと、情報の取得漏れを防止できるからです。

それぞれのエージェントからみた個人に合う・合わないと思われる企業には若干違いがあるため、多くの企業を見てみたい方には特に複数登録することをおすすめします。

外資系に転職したい方はロバート・ウォルターズをメインにして、上記2社のうちからどちらか1つ。

日系企業、または外資に限らず幅広く見てみたい方には、リクルート・エージェントとdodaの2社に登録することをおすすめします。

もし私がもう1度転職するとすれば、コンタクトの手軽さからdoda、そして外資系の案件の多さからロバート・ウォルターズの2社に依頼します。

まとめ

仕事をしながら転職活動をされる方には、転職エージェントの利用を強くおすすめします。

複数の会社との面接日時の調整や面接対策、会社情報のリサーチなど一人ですべてやるには社会人には時間が足りなさすぎます。

しかし、転職は今後の人生を大きく左右する決断。手を抜くわけにはいきません。そこを助けてくれるのが転職エージェントなのです。


転職活動は孤独なもの。

転職活動のあれこれを助けてくれ、相談もできるエージェントの存在はとてもありがたいものです。

自分にあったエージェントを見つけて、二人三脚で後悔のない転職活動にしましょう!

転職エージェント3社のまとめ比較表

メリット デメリット デメリットの対策 おすすめする人
リクルート・エージェント
▶︎無料登録はこちら
大手の求人数が多い 担当者によって得意な職種が違う 自分の職種が得意な担当者に変わってもらう 転職活動が初めての方
大手案件を紹介して欲しい方
doda
▶︎無料登録はこちら
担当者とLINEで気軽に連絡が取れる 内定後、担当者がその上司に変わった(私の場合) なし(具体的被害もなし) 転職活動が初めての方
LINEで手軽に連絡を取りたい方
ロバート・ウォルターズ
▶︎無料登録はこちら
外資系の求人数が多い 電話が頻繁に掛かってくる 電話は不要なのでメールのみ頂けるよう依頼する 英語力を生かしたい方
外資系で働きたい方

転職まとめ記事

転職ガイド - 基礎編

頼りになる転職エージェントを転職歴8回の人事マンが解説(評価No.1はJACリクルートメント)

2020/8/9

頼りになる転職エージェントを転職歴8回の人事マンが解説【評価No.1はJACリクルートメント】

れおんこの記事は採用1000人以上、転職歴8回の人事マンさんが書いてくださいました。ありがとうございます! 私はこれまで約30年間にわたり日系および外資系企業で人事業務全般に携わってきました。 採用した方は1,000人を超え、職務経歴書を拝見した方あるいは面接した方は延べ10,000人を超えます。 一方、今月定年退職を迎える私自身は8回の転職歴があります。 この記事では、私の全人事および転職経験にもとづき、 頼りになる転職エージェントの見分け方と活用方法 私の評価No.1転職エージェント=JACリクルート ...

ReadMore

ブラック企業から転職する為に知っておくべき心理学:認知的不協和の実験【フェスティンガー】

2020/8/9

ブラック企業から転職する為に知っておくべき心理学【認知的不協和の実験(フェスティンガー )】

とんかつ少ない月給、長時間労働だけど、やりがいと自己成長は感じられる。 今の仕事は悪くない。むしろ楽しい。やきとり れおんえ?ちょっと待って、それ、本当? 自分に嘘をついてない?うなぎ ブラック企業にいる人ほど、自分に嘘をつき、現状維持の罠にはまってしまいます。 そう言い切れる根拠として、この現象は「認知的不協和」と呼ばれ、フェスティンガーとカールスミスの実験(1959年、スタンフォード大学)で、科学的に証明されていることがあります。 この記事では、この有名かつ古典的な実験を紹介し、やりがい搾取の罠をあば ...

ReadMore

転職の心理学:現状維持バイアスの外し方・克服する3つの方法(目先の楽に逃げると後でもっと後悔する)

2020/8/9

転職の心理学:現状維持バイアスの外し方・克服する3つの方法【目先の楽に逃げると後でもっと後悔する】

現状維持バイアスとは、変化をためらい現状を維持しようとする、心理作用のことです。 これは人間なら誰もが持っているものですが、だからと言って放置していいものではありません。 なぜなら、現状維持バイアスは個人の主観でしかなく、事実や客観性を欠いているからです。 例えば、転職を考えているけど、何ヶ月、何年と、ズルズルと決断を先延ばしにしている。 この判断は、客観的に見て、本当に正しいのでしょうか? 自ら変化するにはエネルギーが要りますから、現状を維持したくなる気持ちはわかります。 しかし、目先の楽に逃げていると ...

ReadMore

初めての転職:進め方ガイド(やり方がわからない初心者のためのロードマップ

2020/8/9

初めての転職:進め方ガイド【やり方がわからない初心者のためのロードマップ】

とんかつ初めての転職で、何から始めればいいか、やり方が全くわからない方へ。この記事は、転職活動のはじめの一歩から、円満退職まで、全体の流れがわかるようにまとめました。やきとりれおん転職は誰でもやっていることですので、あなたにも必ずできます。細かい話は別記事でするとして、この記事は要点だけに絞って説明して行きます。うなぎ この記事を書いた人 今年で外資系歴10年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICスコア915@2019年。独学でここまできた経験を、日本人英語学習者のために共有しています(詳細 ...

ReadMore

初めての転職:職務経歴書と履歴書の書き方(通過率アップのコツ・無料テンプレートあり)

2020/8/9

初めての転職:職務経歴書と履歴書の書き方【通過率アップのコツ・無料テンプレートあり】

職務経歴書と履歴書の書き方でお悩みの方へ。 職務経歴書も履歴書も、書き方にはコツがあって、一度慣れてしまえば難しいことではありません。 しかし、以前の私がそうだったように、転職経験のないor少ない方は、難しく考えてしまいがちだと思います。 そこでこの記事では、私の経験や転職エージェントからのアドバイスをもとに、書類審査を通過するためのコツをまとめてみました。 これから職務経歴書と履歴書を作成する方は、ぜひ参考にしてみてください。 この記事を書いた人 今年で外資系歴10年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人 ...

ReadMore

初めての転職ガイド:おすすめの転職時期は何月?目標の4ヶ月前には動き出そう

2020/8/9

初めての転職:おすすめの転職時期は何月?【目標の4ヶ月前には動き出そう】

中途採用は1年中行われているため、どの時期に応募しても転職成功率に差はないように見えるかもしれません。 しかし、1年の全体を見ると、求人とライバルの数は常に変化しており、それぞれの多い月、少ない月があります。 そこでこの記事では、転職市場の通年の動きを確認しながら、おすすめの転職時期を考えて行きます。 また、そこから逆算して、何ヶ月前から転職活動をスタートすべきなのかもご提案します。 この記事を読んでわかること。 日系・外資系転職におすすめなタイミングと、その理由。 その他のおすすめ転職時期(ボーナスをも ...

ReadMore

初めての転職(転職エージェントとは?メリット・デメリット・おすすめ

2020/8/15

初めての転職:転職エージェントとは?【メリット・デメリット・おすすめ紹介】

初めての転職では、絶対に転職エージェントを利用すべきです。 その理由は主に下記の3点です。 転職エージェントの利用は、転職の基本中の基本だから。 転職エージェントなしでの転職活動には、様々な不便があるから。 長い人生かつ令和の大転職時代は複数回転職することになるからこそ、早めに転職エージェントを経験しておいた方がいいから。 そこでこの記事では、 転職エージェントなしだと、何がそんなに大変なのか? 転職エージェントありだと、どんなメリットがあるのか? 転職エージェントの利用で、気をつけるべきデメリットとは何 ...

ReadMore

初めての転職:よくある失敗3例と事前防止策:ここは絶対に注意したい

2020/8/9

初めての転職:よくある失敗3例と事前防止策【ここは絶対に注意したい】

とんかつ初めての転職で色々と不安。失敗したくないな。めっちゃわかる。ありがちな失敗例と、その対策があれば、事前に知りたいよね。やきとりれおんそれなら、ここだけは絶対に注意したい!っていう、超重要なポイントに絞って、説明するね。初心者の人に、細かいアドバイスをするのは後でいいよね。まずは、基本中の基本からお願いします。うなぎ この記事を読んでわかること。 初めての転職でよくある3つの失敗例と事前防止策 この記事を書いた人 今年で外資系歴10年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICスコア915@ ...

ReadMore

初めての転職:よくある22の不安を全て解決:大転職時代へ思考をアップデート

2020/8/9

初めての転職:よくある22の不安を全て解決【大転職時代へ思考をアップデート】

初めての転職で不安を抱えている方へ。 転職活動は、いろいろと不安に感じることもあると思います。 特に、初めての時はなおさらですよね。 しかし、その不安はどれも、考え方1つで克服することができますし、 みんなそんな感じでやってるんだ、と知るだけでも解決することができます。 それに今は令和の大転職時代です。 昭和の終身雇用モデルは完全に崩壊していますよね。 1つの会社に一生勤め続けるなんて考え方が古いですし、外の世界を知らないのは社会人としてむしろヤバいです。 転職の1回や2回なんて普通ですし、もっとしてる人 ...

ReadMore

転職エージェント比較・組み合わせ:リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ

2020/8/15

転職エージェント比較・組み合わせ:リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ

れおんこの記事は、下記転職体験談を寄稿してくださったMさんが、実際に利用した転職エージェント3社【リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズ】のメリット、デメリット等をまとめてくださいました。Mさん、ありがとうございます! 私は昨年転職をしました。 転職活動をした約2か月の間、リクルート・エージェント、doda、ロバート・ウォルターズの3社を転職エージェントとして利用したわけですが、 それぞれ持っている案件や担当者とのコミュニケーションの仕方などに違いがあり、自分にとって合うと感じるところ ...

ReadMore

転職ガイド - 外資系編

外資系転職の手順を解説【英語力・TOEIC・英文レジュメ・英語面接・狙い目の企業など】

2020/8/9

外資系転職の手順を解説【英語力・TOEIC・英文レジュメ・英語面接・狙い目の企業など】

外資系転職に興味があるけど、いろんな不安で一歩が踏み出せない方へ。 この記事は、外資系転職の手順を解説したまとめ記事です。 英語力やTOEICスコアはどれくらい必要? 英文レジュメの書き方は?英語面接はどう対策するの? 狙い目の外資系企業、英語より大切なこと、外資系転職がおすすめな理由は? 私の10年分の外資系経験から、伝えたいポイントをピックアップしました。 細かい話は個別記事でするとして、このまとめ記事では要点だけに絞って説明して行きます。 外資系転職を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。 この ...

ReadMore

外資系企業は英語力より論理的思考力!向いてる人・評価される人・必要な能力(ロジカルシンキング)

2020/8/9

外資系企業は英語力より論理的思考力!向いてる人・評価される人・必要な能力【ロジカルシンキング】

外資系転職を考えている方へ。 外資系企業に転職する前は、自分の英語力で通用するか、不安に感じていると思います。 私も、初めて外資系に転職する前は、とても不安でした。 しかし、外資系を9年経験して思うのは、 英語力より論理的思考力(ロジカルシンキング)が重要 だということです。 英語なんて、多少不自由でも構わないですし、外資系企業では英語の上手い下手なんて、誰も気にしていません。 この記事では、外資系企業では、なぜ英語力より論理的思考力(ロジカルシンキング)が重要なのか、 その理由を2つに絞って説明して行き ...

ReadMore

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由(外資系で本当に良かった)

2020/8/9

外資系企業への転職をおすすめする7つの理由【外資系で本当に良かった】

外資系企業への転職を考えている方へ。 外資系に転職する前は、自分の英語力で通用するのか、簡単にクビにならないか、色々と不安なことがあると思います。 10年前の私もそうだったのですが、今思うとこれらはただの杞憂でした。 今は外資系に転職して本当によかったと思っています。 そこでこの記事では、外資系転職の何がそんなに良いのか、 外資系転職をおすすめする7つの理由を紹介して行きます。 この記事を書いた人 今年で外資系歴10年目になる、日本生まれ日本育ちの日本人です。TOEICスコア915@2019年。独学でここ ...

ReadMore

外資系転職で狙い目の企業・おすすめしない企業(安定・自由・経験・地位と高給すべて取れ!)

2020/8/9

外資系転職で狙い目の企業・おすすめしない企業【安定・自由・経験・地位と高給すべて取れ!】

外資系企業への転職を考えている方へ。 この記事は、外資系の中でも狙い目の企業と、その理由を説明して行きます。 結論から言うと「世界では大企業だけど、日本法人はまだ小さい外資系企業」が狙い目です。 その理由は、安定・自由・経験・地位と高給の全てが手に入るからです。 逆に、「日本法人の規模が大きい外資系企業」は、あまりおすすめしません。 具体的にどういうことか、記事本文で詳しくみて行きましょう。 この記事を読んでわかること 外資系転職で狙い目の企業と、その4つの理由。 外資系転職でおすすめしない企業と、その4 ...

ReadMore

外資系×TOEIC:600→700→800→900を全て経験(転職の目安はどこ?)

2020/8/9

外資系×TOEIC:600→700→800→900を全て経験【転職の目安はどこ?】

とんかつTOEICスコアって、外資系転職の目安はどれくらい?今700台なんだけど、意外と行けたりするのかな?やきとりとんかつやっぱり、転職は800台まで待った方がいい? 先日、12年ぶりにTOEICを受けたら、初めて900の壁を越えることができ、 TOEIC 600台、700台、800台、900台すべての経験がそろいました。 一方、私は外資系10年目で、外国人上司・同僚との仕事経験もたくさんあります。 今の私なら、外資系転職とTOEICの目安について、リアルに答えられるんじゃないかと思い、この記事を書くこ ...

ReadMore

外資系転職>英語面接対策:電話・ビデオ・対面ごと(よくある質問集と回答時間の目安も)

2020/8/9

外資系転職>英語面接対策:電話・ビデオ・対面ごと【よくある質問集と回答時間の目安も】

とんかつ外資系転職で避けられない英語面接。初めてだと不安だよね。やきとりれおん電話・ビデオ・対面に共通または個別の対策とは?よくある質問集と回答時間の目安も把握しておきたいな。うなぎ これから英語面接を受ける方へ。 特に、初めて英語面接を受ける方は、いろいろと不安なことがあると思います。 私も初めて外資系に転職する時は、英語面接の前はとても不安でした。 しかし、今思うと、英語面接といっても、特別に恐れる必要はありません。 ちゃんと対策さえすれば、「英語だから」落ちるということもありません。 そこでこの記事 ...

ReadMore

転職ガイド:英文履歴書・レジュメの書き方(無料テンプレートで楽々作成)

2020/8/9

転職ガイド:英文履歴書・レジュメの書き方【無料テンプレートで楽々作成】

英文履歴書・レジュメの書き方でお悩みの方へ。 初めて書くときは、何をどう書けばいいのか、本当にこれでいいのか、不安になるのは自然なことだと思います。 私も初めての時はいろいろと不安でしたが、実際にやってみたら意外と簡単。 うれしい誤算がありましたので、この記事ではそれを紹介したいと思います。 私が踏んだ3つのステップは下記のとおりです。 ネットで無料テンプレートをダウンロードする。 自分の情報でテンプレートを埋めていく。 転職エージェントに添削してもらう。 れおんこの記事では、この3ステップを詳しく説明し ...

ReadMore






JAC Recruitment
  • この記事を書いた人

れおん

日系企業を3年未満で退職し、外資系10年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

トップページ

失敗しない英語学習法:基礎・オンライン英会話・コーチング・アプリ・TOEIC 1

英語学習には、何年もの地道な努力が必要で、近道などない。 これは半分正しくて、半分間違っている、というのが私の考えです。 確かに英語学習には何年もの地道な努力が必要ですが、近道はあります。 今までに何 ...

【脱・失敗】転職・退職の注意点と解決方法【リスク回避】 2

4回転職してわかったこと 人生は転職で本当に変わる。 転職先は意外な程たくさんある。 ホワイト企業は普通に存在する。 ダメな会社は優秀な人から辞めて行く。 転職に罪悪感は不要。社員に辞められる会社が悪 ...

-転職, 転職エージェント, 転職エージェント比較, 転職スライドショー

© 2020 外資系で10年、英語とか転職とか Powered by AFFINGER5