外資K物語 第8話:AsiaPacificリージョンで働き、学び、今も大切にしていること

更新日:



みんな英語非ネイティブ

外資系企業へ転職してから4年目、私はAsiaPacificリージョンの部門へ移動を希望し、それが実現しました。

AsiaPacificリージョンとは?

グローバル企業は、主にGlobal, Regional, Localの3つのレベルで構成されています。

  • Global:文字どおり全世界レベルの大きな方針を打ち出すところで、いわゆる偉い人たちの集まり。
  • Regional:North America, South America, Europe, Middle-East, AsiaPacificなど、これくらいの規模感でのグループ分け。私がいたのはAsiaPacificで、中国、韓国、香港、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリア、日本を担当していました。
  • Local:各国現地で現地特有のもっと細かい業務を担当します。

次の上司はオーストラリア在住のオーストラリア人で、英語ネイティブ。

でもそれは結果論であって、上司はAsiaPacificリージョンにいる人なら誰でもいいわけです。

実際、その前の上司は台湾在住の台湾人で、彼女は英語非ネイティブでした。


この部門のメンバーは中国、韓国、台湾、マレーシア、オーストラリアに散らばっていたので、オーストラリア人以外はみんな英語非ネイティブ。


そのため、みんなけっこう英語ヘタです 笑

でも、誰もそんなこと気にしていません。

英語はただのツール。伝えたいことが伝わればそれでいい。

うまく伝わらなかったら、言い直したり、確認し合えばいい。

細かい発音とか文法ミスとか、気にして縮こまるなんて、百害あって一利なし。


英語を話す相手は、ほとんどが英語非ネイティブ。


以前の私は、英語を話す相手としてネイティブを想定していたし、英語はネイティブに習うもの、英語はネイティブのように発音するもの、と思っていましたが、

それは、現実の世界からすれば、ピントが大きくずれていたのです。

英語ネイティブは少数派

まだネイティブの英語で消耗してるの?
まだネイティブの英語で消耗してるの?【ネイティブ信仰を止めるべき5つの理由】

ネイティブ信仰はもう止めよう。 ネイティブ信仰 英語はネイティブの英語が絶対的に正しい。 文法も発音も、ネイティブと少しでも違ったらアウト。 ネイティブじゃない自分の英語に自信が持てない。 この記事で ...

続きを見る

この記事で書いたように、世界の英語話者数は下記のとおりです。

世界の英語話者は17.5億人 (Harvard Business Review (2012))

英語ネイティブは3.9億人 (The Statistics Portal (2018))

世界人口は76億人 (worldmeters (2018))

つまり

英語話者の8割は非ネイティブ (1 - 3.9/17.5 = 0.78)

英語ネイティブは全人口の5% (3.9/76 = 0.05)

世界の95%は非ネイティブ


世界の共通語だからこそ、英語ネイティブがマイノリティーなわけです。


したがって、英語を勉強するときは、英語非ネイティブの人にどう伝えるか、という視点を持っておくことが、好むと好まざるとに関わらず、現実的に必要になります。


ネイティブっぽいフレーズや言い回しを、自分が知っていればそれでいい、ネイティブに通じればそれでいい、という姿勢は、相手への配慮に欠けるんです。


そのネイティブ表現、非ネイティブには通じない可能性が高いです。


英語は知識量でのマウント取り合い合戦ではないはずです。

もちろん、発音の良さでのマウントの取り合いでもない。


非ネイティブといかに意思の疎通を取るか?英語を勉強する時/話す時、このことは、現実的課題として意識しておくべきです。


極端な例をあげると、

  • a piece of cake (ケーキの一切れ=朝飯前=簡単)
  • easy (簡単)

この二択において、前者を使う意味って、何かありますか?

自分はネイティブの英語を知っている、それを相手み見せつけたい、という自分本位なエゴではないでしょうか?

仮に、前者の表現が、目の前の非ネイティブ(仮に中国人としましょう)に通じたとして、それはあくまでも結果論。

どちらが通じる可能性が高いかを考えるなら、後者の優位性は揺るがないでしょう。

グローバル企業の非ネイティブ混成チームでは、このような考え方=相手への配慮が重要になってきます。

AsiaPacificリージョンで学んだこと

知らないことには終わりがない。じゃあ、どうすればいいのか?

これは、私がAsiaPacificリージョンで学んだことで、人生の指針として、今も大切にしていることです。

以下に、2つの例で紹介したいと思います。

冷蔵庫にあるもので、どう料理するか

私たち非ネイティブにとって、知らない英単語/フレーズには終わりがありません。

日本語でもそうなのですから、英語ならなおさらです。

また、自分の英語力も、相手(非ネイティブ)の英語力も、すぐには上がりません。


このような状況で、現実的な課題となるのは、「今の英語力で、その場にどう対応するか」です。

具体的には、自分も相手も理解できる、中学生レベルの英単語と文法で、自分の言いたいことを、わかりやすく、相手に伝えること。

一言でいうなら「対応力」。

本当に重要なのはこれなんです。


知らない単語/フレーズ、ネイティブの言い回しを、1つ1つ覚えていくことが悪だとは言いません。

でも、その道を進む前に、

  1. その道には終わりがないこと
  2. せっかく覚えても/使っても、世界の英語話者の80%を占める英語非ネイティブに通じる保証はどこにもないこと

この2点は、一度立ち止まって考えてみる必要があります。

「知らないからできない」だと何もできない

AsiaPacificリージョンで中国、韓国、香港、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリアを担当していると、日本だけでなく、各国の規制要件に対する理解が必要になります。

※私は製薬業界で医薬品の開発に携わっています。

しかし、各国の規制要件は常に少しずつ変化しますので、1人の人間が全てをタイムリーに理解し続けるのは不可能です。

私の上司ですら理解していませんし、理解しようともしていませんでした。

そこは、労力を注ぐべきところではないんです。


では、何が大切なのか?


原則にもとづき、自分の頭で、論理的に考えること。

知らないことは自分で調べたり、知っている人に聞くこと。


私がAsiaPacificリージョンで学んだのは、知識ではなく、知らないこととの向き合い方でした。


知識というのは、基本的に、問いと答えが1対1で対応しているので、1つ覚えても1つのことにしか使えず、応用が効きません。

それに、知らないことには終わりがないので、知識が増えれば増えるほど、次に得る知識はよりマイナーなものとなり、費用対効果が釣り合わなくなっていきます。

そこはGoogle先生に任せておけばいい。


一方、知らないこととの向き合い方には応用が効きますから、原則さえ覚えてしまえば、費用対効果は抜群です。

「知らないからできない」だと、そこで話が終わっちゃう。

そういうメンタルの人は、AsiaPacificリージョンには要らないのです。

現実に合わせた勉強が大切

誤解のないように書いておきますが、知らない単語/フレーズ/ネイティブの言い回しを覚えることは、悪いことではありません。

もちろん、知らないよりは、知っていた方がいい。

ただ、その道には終わりがないし、費用対効果も低い、ということは頭のどこかに意識しておくべきだ、というわけです。

  • 世界の英語話者は80%が非ネイティブ
  • 全人口の95%が非ネイティブ

この2つの数字を無視したまま、知らない単語/フレーズ/ネイティブの言い回しを追求していくと、おかしなことになってしまいます。

例えば、「The deck is still stacked against them.」という表現。

(deckはトランプのカードの1セット、stackはインチキをする、という意味。私は知りませんでした。)

果たしてこの表現、世界の英語非ネイティブ(英語話者の80%かつ全人口の95%)に、どれだけ通じるでしょうか?

私だったら、次のように言います。

They (female applicants) were unfairly rejected in the entrance exam, and instead, male applicants whose score were lower than that of them were unfairly selected as successful applicants.

(女性の応募者は入試において不公平に落とされ、その代わり、彼女たちよりスコアの低い男性の応募者が不公平に合格者として選ばれた。)

  • 「The deck is still stacked against them.」のようなネイティブ表現を1つ1つ覚えていく (非ネイティブに通じるかどうかは配慮せず、自分が知っている言葉を自分本位に使っていくことを想定)
  • 手持ちの語彙を組み合わせ、言いたいことを自分の言葉で表現する (非ネイティブにも通じるように、シンプルな言葉を選ぶことを常に意識する)

何かの縁で当ブログに来ていただいた読者の方は、後者であってほしいと思います。

(TrinityNYCさんはニューヨーク在住なので、使う相手としてアメリカ人のネイティブを想定しているのだと思います。TrinityNYCさんを批判しているわけではありません。)

本記事は以上です。続きはこちらです。

外資K物語 第9話:【台湾で育児体験】在宅勤務じゃないと育児は無理だと一瞬でわかった。

在宅勤務じゃないと育児は無理だと一瞬でわかった 「在宅勤務じゃないと育児は無理。一瞬でわかった。」 これは私が台湾で2週間、育児体験をした時、心からそう思った感想です。 今日は5pmに子供のお迎えがあ ...

続きを見る

外資K物語 第12話:他人の人生を生きていた。私と同じ失敗をしないでほしい。

2019/12/1

外資K物語 第12話:他人の人生を生きていた。私と同じ失敗をしないでほしい。

ある意味では、夢を叶えたのかもしれない AsiaPacificリージョンでシニアへと昇進した私のキャリアは順調でした。 学生時代に想像していたできる自分像、 「外資系企業で、英語を使って、世界中の人と、ダイナミックに仕事をしている。」 「オフィスはキレイで、オシャレで、たまに海外出張なんかもあったりする。」 みたいなものは、全て実現。 さらに、シニアになった私は、AsiaPacificリージョンの仕事だけでなく、グローバルレベルの仕事も任せてもらえるようになりました。 エグゼクティブとか上には上があるけれ ...

ReadMore

外資K物語 第11話:外資系企業は男女平等?男性の育休取得を法律で強制すべきだ

2019/12/1

外資K物語 第11話:外資系企業は男女平等?男性の育休取得は法律で強制すべきだ

男性の昇進と女性の産休 外資系企業は男女平等? この問いに対する私の回答はyesです。 少なくとも私の経験からはyes。 外資系企業には必ずequal opportunity policyという男女平等をうたったポリシーがあって、女性の管理職も多い。 実際、私の直近の上司3人は女性です。 さて、今回は、「男性の昇進と女性の産休」について、書きたいことがあって、今キーボードを叩いています。 きっかけは「東京医大の女子受験生一律減点」でした。 (当時から少し時間が経ってしまいましたが) この2つは、厳密には違 ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第10話:台湾で働いて、海外で働くという幻想から目が覚めた

隣の芝は青く見える、海外へのあこがれ 海外で働くって、カッコよさそうで、あこがれますよね。 海外在住者のSNS投稿はキラキラして見えるし。 それに対して日本は、謎のおっさん支配、満員の通勤電車、長時間労働。。。 じゃあ、海外に出れば、自分らしく生きられる? 私の答えは「必ずしもそうとは限らない」です。 問題の本質は場所じゃない、という考え方です。 なぜそう思うのか、私の経験を以下に書いていきます。 台湾オフィスで働いてわかったこと 前回記事に書いたとおり、私は台湾で2週間、台湾オフィスに勤務していました。 ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第9話:【台湾で育児体験】在宅勤務じゃないと育児は無理だと一瞬でわかった。

在宅勤務じゃないと育児は無理だと一瞬でわかった 「在宅勤務じゃないと育児は無理。一瞬でわかった。」 これは私が台湾で2週間、育児体験をした時、心からそう思った感想です。 今日は5pmに子供のお迎えがあるから4:30pmには会社を出ないと。 そういう時に限って、4pm頃に至急の仕事が来たり。 なぜ今それが来るのか?どんなタイミングだよ。。。 R君、遅くなってごめんね。 やっと仕事が終わっても、どんなに疲れていても、親の仕事は終わらない。 家に帰ったらすぐ家事育児。 食事や洗濯はもちろん、一緒に絵本を読んだり ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第8話:AsiaPacificリージョンで働き、学び、今も大切にしていること

みんな英語非ネイティブ 外資系企業へ転職してから4年目、私はAsiaPacificリージョンの部門へ移動を希望し、それが実現しました。 AsiaPacificリージョンとは? グローバル企業は、主にGlobal, Regional, Localの3つのレベルで構成されています。 Global:文字どおり全世界レベルの大きな方針を打ち出すところで、いわゆる偉い人たちの集まり。 Regional:North America, South America, Europe, Middle-East, AsiaPa ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第7話:外資系グローバル企業に転職して良かったことと、今も残る罪悪感

外資系グローバル企業に転職して良かったこと 東日本大震災後の海外エグゼクティブからのメッセージに感動した 東日本大震災は2011年3月11日金曜日のことでした。 翌営業日は2011年3月14日月曜日。 まだ地震後の混乱も残り、交通機関も正常に機能していません。 にもかかわらず、多くの日本人が出社。 その映像や画像を見て違和感を覚えた人も多かったと思います。 当時私が勤めていた外資系グローバル企業(世界50カ国にオフィスあり)では、会社からすぐ「翌1週間は自宅待機」の指令が出て、業務は完全にオフとなりました ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第6話:外国人と恋愛したら、英語力が上がった

初めての外国人彼女 外国人との恋愛も、外資系企業に転職してから経験したことの一つでした。 なので "I love you."という言葉を、人生で何回か言ったことがあります。 初めての外国人彼女は韓国人で、私たちは(前々回記事の)シンガポール研修で出会い、付き合うことになりました。 彼女と私は、研修中から、なんとなく、お互いに意識しあっていたと思います。 落ちたらクビという試験に備え、夜のスタバ(Raffles City店)で試験勉強をしていた時も、心のどこかでは密かに、Eに会えないかな、と期待していました ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第5話:ネガティブ思考に墜ちていた頃 - テレカン(電話会議)でのトラウマ、削除した録音

ネガティブ思考へと堕ちていく 「最初はオレもそうだった。でも、がんばれば必ずできるから。」 「ちなみにオレもKくんと同じ、普通の日本人。」 「Mさん、Nさん、Oさんみたいな帰国子女じゃないし、SさんやIさんみたいな留学経験もない。」 「それでも、努力すれば必ずできるようになるから。」 (ウソだ・・・100歩ゆずってそうだったとしても、それはあなたの地頭がいいからで、自分みたいな普通の人間には無理だ・・・) 英語に自信をなくし、弱気になっていた時、私はつい、日本人のSさんに弱音を吐いてしまいました。 上記は ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第4話:二週間缶詰の海外研修を香港/韓国/インド/フィリピン/シンガポール/オーストラリア人と過ごして学んだこと

シンガポールでの入社研修 with AsiaPacificリージョンの同期 私が転職した外資系企業は、入社直後に海外研修を行うことが恒例となっていました。 AsiaPacificリージョン各国の同期と、一緒に、二週間缶詰。 楽しみな一方で、私はあることを恐れていました。 それは、オファーレターに記載されていた「研修の修了試験に落ちたらクビ。」という合意事項です。 オファーレターとは? 内定通知のようなもの。職位、責務、給与等の諸条件が記載されてる。会社とこちらの双方が署名することでこれらに合意するための文 ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第3話:テレカン(電話会議)の、英語の、人としての基本

入社初日、いきなり海外とのテレカン(電話会議) 「今日8pmからUKとテレカン(電話会議)があるから、minutes(議事録)お願い。」 外資系転職後の出社初日、私はいきなりこう言われました。 UKとテレカンって、いきなり言われても。。。 イギリス英語は苦手なんだけど、大丈夫だろうか。。。 日中ドキドキしながら、入社関連のオリエンテーション、トレーニング(全て英語)をこなした後で、いよいよその時が。 私はリスニングに自信がなかったので、リーダーの許可を得た上で、iPhoneのvoice memoでテレカン ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第2話:外資系企業への転職 with ロバート・ウォルターズ ( Robert Walters )

外資系転職エージェント、ロバート・ウォルターズ(Robert Walters) 私の人生を変えることになるメッセージが、LinkedIn(リンクトイン)に届いた複数のメッセージの中に含まれていました。 それはグローバル転職エージェント、ロバート・ウォルターズのMからのものでした。 ロバート・ウォルターズとは?英語を活かした転職に強い、転職エージェント。本社はイギリスのロンドンで、世界28ヶ国の主要都市にオフィスを構える。日本では英語を活かせる求人だけに特化。ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサー。 &# ...

ReadMore

2019/12/1

外資K物語 第1話:今までに言われて一番悔しかった言葉「あなたは、こんなところにいる人じゃない。」

今までに言われて一番悔しかった言葉 「あなたは、こんなところにいる人じゃない。」 クライアントのお偉いさんが、ウチのリーダーにこう言った。 つまり、リーダーの能力は評価された一方で、ウチの会社と、そこにいる全ての人たちは、侮辱されたわけです。 そのお偉いさんから見たら、ウチの会社はただの下請け企業。 彼はそういう意味で 「こんなところ」と言ったのです。 私がいるのは「こんなところ」なんだ。。。 今までの人生で言われて、一番くやしかった言葉です。 その日は、両社で開始するプロジェクトのキックオフミーティング ...

ReadMore

地上から空を見上げると、高層ビル、水色の空、輝く太陽が見える。

2019/12/1

【外資K物語】第0話:外資系に転職して人生が変わった。全12話のまとめ

外資系企業に転職して私の人生が変わったことは、プロフィール記事でも少し書きました。 しかし、決して全てが順調に行ったわけではなく、その過程で多くの困難を経験したのも事実です。 この記事では、まず、外資系へ転職して良かったこと、大変だったことの両面を紹介し、その後、全12話『外資K物語』の概要をまとめます。 こんな方に読んでほしい 英語や海外に興味のある方 日系企業に不満のある方 外資系企業への転職に興味がある方 外資系へ転職して良かったこと、大変だったこと 良かったこと 年収は最大で400万円アップ(日系 ...

ReadMore

ロバート・ウォルターズ
  • この記事を書いた人

K

日系企業を3年未満で退職し、外資系9年目(3社目)。現職はメディカルライターとして、新薬の開発/承認申請に関する文書を書いています。日本で生まれ、日本で育ち、日本で英語を勉強しました(TOEIC 915@2019年)。帰国子女でも留学経験者でもない、普通の日本人だからこそ伝えられることを、英語、転職を中心に発信していきます。詳細プロフィールはこちら

-外資K物語, 転職

Copyright© 外資系9年目、英語とか転職とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.